Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise サーバーはこの日付をもって終了となります: 2024-03-07. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise サーバーにアップグレードしてください。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

Team の作成

独立 Team や入れ子 Team を作成してリポジトリの権限およびグループへのメンションを管理できます。

この機能を使用できるユーザーについて

Organization owners can create teams and can control whether all organization members can also create teams. For more information, see "Organization のチーム作成権限を設定する."

Team をアイデンティティ プロバイダ グループと同期する」を参照してください。

Team の作成

  1. GitHub Enterprise Server の右上隅にあるプロファイル写真を選択し、次に自分の組織をクリックします。

    @octocat のプロファイル写真の下にあるドロップダウン メニューのスクリーンショット。 [Your organizations] (自分の組織) が濃いオレンジ色の枠線で囲まれています。

  2. Organizationの名前をクリックしてください。

  3. Organization 名の下で、 [Teams] をクリックします。

    組織の水平ナビゲーション バーのスクリーンショット。 人のアイコンと [チーム] というラベルのタブが、濃いオレンジ色の枠線で囲まれています。

  4. ページの上部にある [新しいチーム] をクリックします。

  5. "Create new team(新規Teamの作成)"の下で、新しいTeamの名前を入力してください。

  6. あるいは、"Description(説明)"フィールドにTeamの説明を入力してください。

  7. 必要に応じて、子チームを作成している場合、[親チーム] の下で [親チームを選択] ドロップダウン メニューを選び、親チームをクリックします。 子チームについて詳しくは、「Team について」をご覧ください。

  8. [チームの表示] でチームの表示設定を選択します。

  9. [チーム通知] で、 [有効] または [無効] を選択します。

    注: この設定は、チーム名の @mentions にのみ適用されます。 この設定は、チームから要求されたレビューの通知には影響しません。

  10. [Team の作成] をクリックします。

  11. 必要に応じて、Team に Organization リポジトリへのアクセス権を付与します。 詳しくは、「Organization のリポジトリに対するチームのアクセスを管理する」を参照してください。

LDAP Syncを有効化したTeamの作成

ユーザ認証にLDAPを使っているインスタンスでは、Teamのメンバー管理にLDAP Syncが使えます。 [LDAP グループ] フィールドにグループの識別名 (DN) を設定すると、Team が LDAP サーバー上の LDAP グループにマップされます。 Team のメンバー管理に LDAP Sync を使う場合、お使いの GitHub Enterprise Server インスタンス 内で Team を管理することはできません。 LADP Syncを有効化すると、マッピングされたTeamはそのメンバーをバックグラウンドで定期的に設定された間隔で同期します。 詳しくは、「LDAPの利用」を参照してください。

LDAP Sync を有効にして Team を作成するには、サイト管理者で Organization の所有者である必要があります。

LDAP 同期は、最適化構成の一部として、入れ子チームの構造を転送しません。 親子Teamの関係を作りたい場合は、入れ子チームの構造を手動で再作成し、対応するLDAPグループに同期させなければなりません。 詳細については、「Team の作成」を参照してください

注:

  • LDAP Sync は Team のメンバーリストだけを管理します。 Team のリポジトリと権限は GitHub Enterprise Server 内で管理しなければなりません。
  • LDAP グループが削除されるなどして、DN への LDAP グループのマッピングが削除されたなら、すべてのメンバーは同期されている GitHub Enterprise Server Team から削除されます。 これを修正するには、Team を新しい DN にマップし、Team メンバーを再度追加して、マッピングを手動で同期します
  • LDAP Sync が有効化されていると、ある人がリポジトリから削除された場合、その人はアクセスを失いますが、その人のフォークは削除されません。 元々のOrganizationのリポジトリへのアクセスできるように3ヶ月以内にその人がTeamに追加されたなら、次回の同期の際にフォークへのアクセスは自動的に回復されます。
  1. LDAP Sync が有効になっていることを確認します。

  2. GitHub Enterprise Server の右上隅にあるプロファイル写真を選択し、次に自分の組織をクリックします。

    @octocat のプロファイル写真の下にあるドロップダウン メニューのスクリーンショット。 [Your organizations] (自分の組織) が濃いオレンジ色の枠線で囲まれています。

  3. Organizationの名前をクリックしてください。

  4. Organization 名の下で、 [Teams] をクリックします。

    組織の水平ナビゲーション バーのスクリーンショット。 人のアイコンと [チーム] というラベルのタブが、濃いオレンジ色の枠線で囲まれています。

  5. ページの上部にある [新しいチーム] をクリックします。

  6. "Create new team(新規Teamの作成)"の下で、新しいTeamの名前を入力してください。

  7. [LDAP グループ] で、team のマップ先にする LDAP グループの DN を検索します。 DNが分からないなら、LDAPグループの名前を入力してください。 GitHub Enterprise Server は検索を行い、マッチがあればオートコンプリートします。

  8. あるいは、"Description(説明)"フィールドにTeamの説明を入力してください。

  9. [チームの表示] でチームの表示設定を選択します。

  10. 必要に応じて、子チームを作成している場合、[親チーム] の下で [親チームを選択] ドロップダウン メニューを選び、親チームをクリックします。 子チームについて詳しくは、「Team について」をご覧ください。

  11. [Team の作成] をクリックします。