Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise サーバーはこの日付をもって終了となります: 2024-03-07. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise サーバーにアップグレードしてください。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

Organization のプロジェクトの可視性の変更を許可する

Organization 所有者は、管理者権限を持つメンバーがその Organization のprojects および プロジェクト (クラシック)の可視性を調整することを許可できます。

この機能を使用できるユーザーについて

Organization owners can allow project および プロジェクト (クラシック) visibility changes for an organization.

プロジェクトの可視性の変更について

Organization のprojects および プロジェクト (クラシック)の可視性を変更できるユーザーを制限できます。たとえば、projects および プロジェクト (クラシック)をプライベートからパブリックに変更することをメンバーに制限できます。

Organization 所有者だけにproject および プロジェクト (クラシック)の可視性を変更できるように制限したり、プロジェクトの管理者権限を持つすべてのユーザーに可視性の変更を許可することができます。

メンバーがプロジェクトの可視性を変更できるようにする

  1. GitHub Enterprise Server の右上隅にあるプロファイル写真を選択し、次に自分の組織をクリックします。

    @octocat のプロファイル写真の下にあるドロップダウン メニューのスクリーンショット。 [Your organizations] (自分の組織) が濃いオレンジ色の枠線で囲まれています。

  2. 組織の隣の [設定] をクリックします。

  3. サイドバーの [コード、計画、自動化] セクションで、 [ プロジェクト] をクリックしてください。

  4. メンバーがプロジェクトの可視性を調整できるようにするには、 [この Organizaton のプロジェクトの可視性の変更をメンバーに許可する] を選びます。

  5. [保存] をクリックします。

参考資料