Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise サーバーはこの日付をもって終了となります: 2024-03-07. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise サーバーにアップグレードしてください。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

Organization 内でリポジトリの可視性の変更を制限する

Organization のデータを保護するために、Organization 内でリポジトリの可視性を変更するための権限を設定できます。

この機能を使用できるユーザーについて

Organization owners can restrict repository visibility changes for an organization.

Organization のリポジトリの表示または非表示を変更できるユーザーを制限できます。たとえば、リポジトリをプライベートからパブリックに変更できます。 リポジトリの可視性について詳しくは、「リポジトリについて」をご覧ください。

Organization 所有者だけにリポジトリが表示されるように制限できます。あるいは、リポジトリへの管理者アクセスを持つユーザーに表示変更を許可できます。

組織内のリポジトリの可視性を変更できるユーザーを制限すると、機密情報が公開されるのを防ぐのに役立ちます。 詳しくは、「organization でのデータ 漏洩を防ぐためのベスト プラクティス」を参照してください。

警告: この設定が有効になっている場合、管理者アクセス権を持つ個人または GitHub Apps は、その特定の可視性を持つリポジトリを_作成_する機能が無効になっている場合でも、既存のリポジトリの可視性を_変更_できます。 作成時のリポジトリの表示の制限について詳しくは、「Organization 内でリポジトリの作成を制限する」をご覧ください。

  1. GitHub Enterprise Server の右上隅にあるプロファイル写真を選択し、次に自分の組織をクリックします。

    @octocat のプロファイル写真の下にあるドロップダウン メニューのスクリーンショット。 [Your organizations] (自分の組織) が濃いオレンジ色の枠線で囲まれています。

  2. 組織の隣の [設定] をクリックします。

  3. サイドバーの [アクセス] セクションで、 [ メンバー特権] をクリックします。

  4. [リポジトリの表示設定の変更] の下で、 [この Organizaton の表示の変更をメンバーに許可する] の選択を解除します。

  5. [保存] をクリックします。