Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise サーバーはこの日付をもって終了となります: 2024-03-07. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise サーバーにアップグレードしてください。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

以前の外部のコラボレータの Organization へのアクセスを復帰させる

Organization のリポジトリ、フォーク、設定に対する元外部のコラボレータのアクセス許可を元に戻すことができます。

Organization のプライベートリポジトリへの外部のコラボレータのアクセスが削除されると、ユーザのアクセス権限と設定は 3 か月間保存されます。 その期間内にユーザを Organization へ再度追加した場合、そのユーザの権限をリストアできます。

以前の外部コラボレーターを復帰させると、次のことがリストアできます:

  • ユーザの Organization リポジトリへの以前のアクセス
  • Organization が所有しているリポジトリのあらゆるプライベートフォーク
  • Organization のチームでのメンバーシップ
  • Organization のリポジトリへの以前のアクセスと権限
  • Organization リポジトリでの Star
  • Organization での Issue 割り当て
  • リポジトリプラン (リポジトリのアクティビティを Watch するか Watch しないか無視するかについての通知設定)

ヒント:

  • 外部コラボレーターの組織へのアクセスを復帰させることができるのは、組織の所有者だけです。エンタープライズの所有者は、外部コラボレーターのアクセスを復帰させる機能を、エンタープライズの所有者のみにさらに制限できます。詳しくは、「Organizationのロール」をご覧ください。
  • お使いの GitHub Enterprise Server インスタンス に対するメンバー フローの復帰には、"メンバー" という用語を使用して外部コラボレーターの復帰を記述できますが、このユーザーを復帰させて以前の権限を保持する場合、以前の外部コラボレーターのアクセス許可のみが付与されます。
  1. GitHub Enterprise Server の右上隅にあるプロファイル写真を選択し、次に自分の組織をクリックします。

    @octocat のプロファイル写真の下にあるドロップダウン メニューのスクリーンショット。 [Your organizations] (自分の組織) が濃いオレンジ色の枠線で囲まれています。

  2. Organizationの名前をクリックしてください。

  3. 組織名の下の [ユーザー] をクリックします。

    組織の水平ナビゲーション バーのスクリーンショット。 ユーザー アイコンと [ユーザー] というラベルのタブが、濃いオレンジ色の枠線で囲まれています。

  4. [メンバーの追加] をクリックします。

  5. 復帰させる人物のユーザ名を入力して、 [招待] をクリックします。

  6. [追加して復帰] をクリックして、組織の外部コラボレーターの以前の特権を復元するかどうか選ぶか、 [追加して新しく開始] をクリックして、以前の特権をクリアして新しいアクセス許可を設定することを選びます。

    警告: 外部コラボレーターを組織のメンバーにアップグレードする場合は、 [追加して新規に開始] を選択して、このユーザーの新しいロールを選択します。 ただし、[start fresh] を選択する場合、その個人のプライベートフォークは Organization のリポジトリから失われますので、注意が必要です。 以前の外部コラボレーターを組織のメンバーに_し_、プライベート フォークを保持するには、代わりに [追加して復帰] を選択します。 その後、メンバーとして組織に追加することで、組織のメンバーに変換できます。

  7. 以前の外部コラボレーターの前の権限をクリアした場合は、そのユーザーのロールを選択し、必要に応じていくつかのチームに追加してから、 [メンバーを追加する] をクリックします。

参考資料