Amazon S3 ストレージで GitHub Actions を有効化する

GitHub Enterprise Server で GitHub Actions を有効化し、Amazon S3 ストレージを使用してワークフローの実行によって生成されたアーティファクトを保存できます。

Site administrators can enable GitHub Actions and configure enterprise settings.

必要な環境

警告: サポートされているS3のストレージプロバイダは、Amazon S3とMinIO Gateway for NASのみです。 他のS3 API互換ストレージプロバイダはサポートされていません。 サポートされているストレージプロバイダに関する詳しい情報については「GitHub Enterprise ServerのためのGitHub Actionsの利用を始める」を参照してください。

GitHub Actions を有効化する前に、次のステップを完了していることを確認してください。

  • ワークフローの実行によって生成されたアーティファクトを保存するための Amazon S3 バケットを作成します。 GitHub Actionsは、バケットにアクセスするアクセスキーのために以下の権限を必要とします。

    • s3:PutObject
    • s3:GetObject
    • s3:ListBucketMultipartUploads
    • s3:ListMultipartUploadParts
    • s3:AbortMultipartUpload
    • s3:DeleteObject
    • s3:ListBucket
  • GitHub Actionsのためのハードウェア要件をレビューしてください。 詳しい情報については「GitHub Enterprise ServerのためのGitHub Actionsの利用開始」を参照してください。

  • GitHub Enterprise Serverのインスタンスのドメインに合わせてTLSを設定しなければなりません。 詳しい情報については「TLSの設定」を参照してください。

    ノート: 信頼された認証局によって署名された証明書でGitHub Enterprise Server上のTLSを設定することを強くおすすめします。 自己署名証明書でも動作はしますが、セルフホストランナーに追加の設定が必要になり、プロダクションの環境では推奨されません。

  • GitHub Enterprise ServerのインスタンスでHTTPプロキシサーバーを設定してイルなら、HTTPプロキシの除外リストにlocalhost127.0.0.1を追加しなければなりません。 プロキシの設定変更に関する詳しい情報については「アウトバウンドのWebプロキシサーバーの設定」を参照してください。

Amazon S3 ストレージで GitHub Actions を有効化する

  1. GitHub Enterprise Serverの管理アカウントから、任意のページの右上にあるをクリックしてください。 サイトアドミン設定にアクセスするための宇宙船のアイコン

  2. 左のサイドバーでManagement Consoleをクリックしてください。 左のサイドバーのManagement Consoleタブ

  3. サイドバーでActions(アクション)をクリックしてください。 設定サイドバーのActionsタブ

  4. Enable GitHub Actions(GitHub Actionsの有効化)を選択してください。 GitHub Actionsを有効化するチェックボックス

  5. [Artifact & Log Storage] で、[Amazon S3] を選択し、ストレージバケットの詳細を入力します。

    • AWS Service URL: バケットのサービス URL。 たとえば、S3 バケットが us-west-2 リージョンで作成された場合、この値は https://s3.us-west-2.amazonaws.com である必要があります。

      詳しい情報については、AWS ドキュメントの「AWS サービスエンドポイント」を参照してください。

    • AWS S3 Bucket: S3 バケットの名前。

    • AWS S3 Access Key および AWS S3 Secret Key: バケットの AWS アクセスキー IDと シークレットキー。 AWS アクセスキーの管理の詳細については、「AWS ID およびアクセス管理のドキュメント」を参照してください。

    Amazon S3 ストレージを選択するためのラジオボタンと S3 設定のフィールド

  6. 左のサイドバーの下でSave settings(設定の保存)をクリックしてください。 Management Console での [Save settings] ボタン

  7. 設定が完了するのを待ってください。

次のステップ

設定の実行が正常に完了すると、GitHub ActionsはGitHub Enterprise Serverのインスタンス上で有効になります。 GitHub Actionsのアクセス権限の管理やセルフホストランナーの追加といった次のステップについては、「GitHub Enterprise ServerのためのGitHub Actionsの利用開始」を参照してください。

このドキュメントは役立ちましたか?プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問するサポートへの連絡