このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: 2022-02-16. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

クラスタノードからの待避

データサービスをクラスタノードから待避させることができます。

データサービスクラスタにノードが3つしかない場合、ノードからの待避はできません。ghe-spokesに、コピーを作成する別の場所がないからです。 ノードが4つ以上ある場合は、ghe-spokesによってすべてのリポジトリが待避元のノードから移動されます。

データサービス (Git、ページ、ストレージ) があるノードをオフラインにする場合、ノードをオフラインにする前に各ノードからの待避を実行してください。

  1. ghe-configコマンドでクラスタ内のノードのuuidを見つけてください。

    $ ghe-config cluster.HOSTNAME.uuid
  2. データのコピー中は、ノードのステータスをモニターする必要があります。 コピーが完了するまで、ノードはオフラインにしないでください。 ノードのステータスをモニターするには、次のいずれかのコマンドを実行します。

    Git:

    ghe-spokes evac-status
    

    GitHub Pages:

    echo "select count(*) from pages_replicas where host = 'pages-server-UUID'" | ghe-dbconsole -y

    ストレージ:

    ghe-storage evacuation-status
    
  3. コピーが完了したら、ストレージサービスを待避させます。 実行するコマンドは次のいずれかです。

    Git:

    ghe-spokes server evacuate git-server-UUID \'REASON FOR EVACUATION\'

    GitHub Pages:

    ghe-dpages evacuate pages-server-UUID

    ストレージに対して、ノードをオフラインにします。

    ghe-storage offline storage-server-UUID

    次に、待避を実行します。

    ghe-storage evacuate storage-server-UUID

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?