ステージング環境を使用する

GitHub Actions を GitHub Enterprise Server ステージング環境で使用する方法について説明します。

GitHub Enterprise Serverのインスタンス のステージング環境またはテスト環境があると便利な場合があります。これにより、更新または新機能を本番環境に実装する前にテストできます。

ステージング環境を作成する一般的な方法は、本番インスタンスのバックアップを使用して、それをステージング環境に復元することです。

GitHub Actions が有効になっている GitHub Enterprise Server ステージング環境をセットアップする場合、GitHub Actions ストレージには本番環境が使用するものとは異なる外部ストレージ設定を使用する必要があります。 それ以外の場合、ステージング環境は本番環境と同じ外部ストレージに書き込まれます。

既存の GitHub Actions ワークフロー実行からログまたはアーティファクトを表示しようとすると、ステージング環境で 404 エラーが発生することが予想されます。これは、そのデータがステージングストレージの場所から消失するためです。

GitHub Actions がステージング環境で機能する必要はありませんが、必要に応じて、ファイルを本番ストレージの場所からステージングストレージの場所にコピーできます。

  • Azure ストレージアカウントの場合、azcopy を使用できます。 例:

    azcopy copy 'https://SOURCE-STORAGE-ACCOUNT-NAME.blob.core.windows.net/SAS-TOKEN' 'https://DESTINATION-STORAGE-ACCOUNT-NAME.blob.core.windows.net/' --recursive
  • Amazon S3 バケットの場合、aws s3 sync を使用できます。 例:

    aws s3 sync s3://SOURCE-BUCKET s3://DESTINATION-BUCKET

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?