ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

ネットワークポート

オープンするネットワークポートは、管理者、エンドユーザ、メールサポートへ公開する必要があるネットワークサービスに応じて選択してください。

ここには以下の内容があります:

管理ポート

GitHub Enterprise Serverのインスタンスを設定し、一部の機能を実行するためにはいくつかの管理ポートが必要です。 管理ポートは、エンドユーザが基本的なアプリケーションを利用するためには必要ありません。

ポートサービス説明
8443HTTPS安全な Web ベースの Management Console。 基本的なインストールと設定に必要です。
8080HTTPプレーンテキストの Web ベースの Management Console。 SSL を手動で無効にしない限り必要ありません。
122SSHGitHub Enterprise Serverのインスタンス 用のシェルアクセス。 High Availability 設定では他のすべてのノードからの着信接続に対して開かれている必要があります。 デフォルトの SSHポート (22) は Git と SSH のアプリケーションネットワークトラフィック専用です。
1194/UDPVPNHigh Availability設定でのセキュアなレプリケーションネットワークトンネル。 その設定では他のすべてのノードに対して開かれている必要があります。
123/UDPNTPtimeプロトコルの処理に必要。
161/UDPSNMPネットワークモニタリングプロトコルの処理に必要。

エンドユーザーのためのアプリケーションポート

アプリケーションのポートは、エンドユーザーにWebアプリケーションとGitへのアクセスを提供します。

ポートサービス説明
443HTTPSWebアプリケーションとGit over HTTPSのアクセス。
80HTTPWeb アプリケーションへのアクセス。 SSL が有効な場合にすべての要求は HTTPS ポートにリダイレクトされます。
22SSHGit over SSH へのアクセス。 パブリックとプライベートリポジトリへの clone、fetch、push 操作をサポートします。
9418GitGitプロトコルのポート。暗号化されないネットワーク通信でのパブリックなリポジトリへのclone及びfetch操作をサポートする。 インスタンスでプライベートモードを有効化した場合、このポートをオープンする必要があるのは、匿名Git読み取りアクセスも有効化している場合のみです。 詳しい情報については、「Enterprise でリポジトリ管理ポリシーを適用する」を参照してください。

警告: HTTPS 接続をロードバランサでターミネートしている場合、ロードバランサからの GitHub Enterprise Server へのリクエストも HTTPS を使わなければなりません。 接続の HTTP へのダウングレードはサポートされません。

メールのポート

メールのポートは直接あるいはエンドユーザ用のインバウンドメールサポートのリレーを経由してアクセスできなければなりません。

ポートサービス説明
25SMTP暗号化ありのSMTP(STARTTLS)のサポート。

このドキュメントは役立ちましたか? プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問する サポートへの連絡