Organizationのメンバーシップの可視性の設定

Enterprise 全体の新しい Organization メンバーの可視性をパブリックまたはプライベートに設定できます。 また、メンバーが自分の可視性をデフォルトから変更できないようにすることもできます。

インスタンス内の現在のOrganizationのすべてのメンバーに対し、コマンドラインユーティリティを使ってデフォルト設定を適用することもできます。 たとえばすべてのOrganizationのメンバーの可視性をパブリックにしたい場合、管理設定でデフォルトをパブリックにしてすべての新しいメンバーにデフォルトを適用し、それからコマンドラインユーティリティを使ってパブリック設定を既存のメンバーに適用できます。

  1. GitHub Enterprise Serverの右上で、プロフィール写真をクリックし、続いてEnterprise settings(Enterpriseの設定)をクリックしてください。 GitHub Enterprise Serverのプロフィール写真のドロップダウンメニュー内の"Enterprise settings"

  2. Enterpriseアカウントのサイドバーで、 Policies(ポリシー)をクリックしてください。 Enterpriseアカウントサイドバー内のポリシータブ

  3. Policies(ポリシー)の下で、Options(オプション)をクリックしてください。 Enterpriseアカウント設定サイドバー内のオプションタブ

  4. [Default organization membership visibility] で、ドロップダウンメニューを使用して [Private] または [Public] をクリックします。 デフォルトの Organization のメンバーシップの可視性をパブリックあるいはプライベートに設定するオプションを持つドロップダウンメニュー

  5. メンバーがデフォルトからメンバーシップの可視性を変更できないようにするために、Enforce on organization members(Organizationのメンバーに適用)を選択することもできます。 Checkbox to enforce the default setting on all members

  6. 新しい可視性の設定をすべての既存メンバーに適用したい場合は、ghe-org-membership-updateコマンドラインユーティリティを使ってください。 詳しい情報については、「コマンドラインユーティリティ」を参照してください。

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?