Azure Blob Storage で GitHub Packages を有効化する

Azure Blob Storage を外部ストレージとして GitHub Packages を設定します。

警告:

  • GitHub は特定のオブジェクトのアクセス許可または追加のアクセス制御リスト (ACL) をストレージバケット設定に適用しないため、ストレージバケットに必要な制限付きアクセスポリシーを設定することが重要です。 たとえば、バケットを公開すると、バケット内のデータにパブリックなインターネットからアクセスできるようになります。
  • GitHub Actions ストレージに使用するバケットとは別に、GitHub Packages 専用のバケットを使用することをお勧めします。
  • 今後使用予定のバケットを忘れずに設定するようにしてください。 GitHub Packages の使用開始後にストレージを変更することはお勧めしません。

必要な環境

GitHub Enterprise Server インスタンス で GitHub Packages を有効にして設定する前に、Azure Blob ストレージバケットを準備する必要があります。 Azure Blob ストレージバケットを準備するには、公式の Azure Blob Storage ドキュメントサイトにある公式 Azure Blob ストレージドキュメントを参照することをお勧めします。

Azure Blob Storage で GitHub Packages を有効化する

  1. GitHub Enterprise Serverの管理アカウントから、任意のページの右上にあるをクリックしてください。 サイトアドミン設定にアクセスするための宇宙船のアイコン

  2. 左のサイドバーでManagement Consoleをクリックしてください。 左のサイドバーのManagement Consoleタブ

  3. 左のサイドバーでPackagesをクリックしてください。 管理コンソールのサイドバーのPackagesタブ

  4. "GitHub Packages"の下で、Enable GitHub Packages(GitHub Packagesの有効化)を選択してください。 Enterprise管理コンソールのメニューからGitHub Packagesを有効化するためのチェックボックス

  5. [Packages Storage] で [Azure Blob Storage] を選択し、パッケージストレージバケットの Azure コンテナ名と接続文字列型を入力します。 Azure Blob ストレージコンテナ名と接続文字列型ボックス

  6. 左のサイドバーの下でSave settings(設定の保存)をクリックしてください。 Management Console での [Save settings] ボタン

  7. 設定が完了するのを待ってください。

次のステップ

次のステップとして、どのパッケージエコシステムをGitHub Enterprise Serverのインスタンス上のエンドユーザが利用できるようにしたいかをカスタマイズできます。 詳しい情報については「Enterpriseのためのパッケージエコシステムのサポートの設定」を参照してください。

GitHub上のGitHub Packagesの利用開始に関する概要については「EnterpriseでGitHub Packagesを使い始める」を参照してください。

このドキュメントは役立ちましたか?プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問するサポートへの連絡