このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: 2022-02-16. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

Enabling GitHub Packages with Azure Blob Storage

Set up GitHub Packages with Azure Blob Storage as your external storage.

Warnings:

  • It is critical that you set the restrictive access policies you need for your storage bucket, because GitHub does not apply specific object permissions or additional access control lists (ACLs) to your storage bucket configuration. For example, if you make your bucket public, data in the bucket will be accessible on the public internet.
  • We recommend using a dedicated bucket for GitHub Packages, separate from the bucket you use for GitHub Actions storage.
  • Make sure to configure the bucket you'll want to use in the future. We do not recommend changing your storage after you start using GitHub Packages.

Prerequisites

Before you can enable and configure GitHub Packages on GitHub Enterprise Server インスタンス, you need to prepare your Azure Blob storage bucket. To prepare your Azure Blob storage bucket, we recommend consulting the official Azure Blob storage docs at the official Azure Blob Storage documentation site.

Enabling GitHub Packages with Azure Blob Storage

  1. From an administrative account on GitHub Enterprise Server, in the upper-right corner of any page, click .

    Screenshot of the rocket ship icon for accessing site admin settings

  2. If you're not already on the "Site admin" page, in the upper-left corner, click Site admin.

    Screenshot of "Site admin" link

  3. 左のサイドバーでManagement Consoleをクリックしてください。 左のサイドバーのManagement Consoleタブ

  4. 左のサイドバーでPackagesをクリックしてください。 管理コンソールのサイドバーのPackagesタブ

  5. "GitHub Packages"の下で、Enable GitHub Packages(GitHub Packagesの有効化)を選択してください。 Enterprise管理コンソールのメニューからGitHub Packagesを有効化するためのチェックボックス

  6. Under "Packages Storage", select Azure Blob Storage and enter your Azure container name for your packages storage bucket and connection string. Azure Blob storage container name and connection string boxes

  7. 左のサイドバーの下でSave settings(設定の保存)をクリックしてください。 Management Console での [Save settings] ボタン

  8. 設定が完了するのを待ってください。

Next steps

As a next step, you can customize which package ecosystems you would like to make available to end users on your GitHub Enterprise Server instance. For more information, see "Configuring package ecosystem support for your enterprise."

For an overview of getting started with GitHub Packages on GitHub, see "Getting started with GitHub Packages for your enterprise."

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?