ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

GitHub Enterprise Server の GitHub Actions を使い始める

GitHub Enterprise Server での GitHub Actions の有効化と設定について初めて学びます。

サイト管理者は、GitHub Actions を有効化して、Enterprise 設定を構成できます。

ここには以下の内容があります:

ノート: GitHubホストランナーは、現在GitHub Enterprise Serverでサポートされていません。 GitHub public roadmapで、計画されている将来のサポートに関する詳しい情報を見ることができます。

この記事では、サイト管理者が GitHub Actions を使用するように GitHub Enterprise Server を設定する方法について説明しています。 ハードウェアとソフトウェアの要件、ストレージオプション、セキュリティ管理ポリシーについて説明します。

ハードウェアについての留意点を確認する

注釈: 既存の GitHub Enterprise Server インスタンスを 3.0 以降にアップグレードしていて、GitHub Actions を設定する場合は、ハードウェアの最小要件が増えていることに注意してください。 詳細は「GitHub Enterprise Server をアップグレードする」を参照してください。

The CPU and memory resources available to your GitHub Enterprise Server instance determine the maximum job throughput for GitHub Actions.

Internal testing at GitHub demonstrated the following maximum throughput for GitHub Enterprise Server instances with a range of CPU and memory configurations. You may see different throughput depending on the overall levels of activity on your instance.

vCPUsメモリMaximum job throughput
432 GBDemo or light testing
864 GB25ジョブ
16160 GB35ジョブ
32256 GB100ジョブ

If you plan to enable GitHub Actions for the users of an existing instance, review the levels of activity for users and automations on the instance and ensure that you have provisioned adequate CPU and memory for your users. GitHub Enterprise Serverのキャパシティとパフォーマンスのモニタリングに関する詳しい情報については「アプラインアンスのモニタリング」を参照してください。

For more information about minimum hardware requirements for your GitHub Enterprise Server instance, see the hardware considerations for your instance's platform.

既存のインスタンスのリソース調整に関する詳しい情報については「ストレージ容量の増加」及び「CPUあるいはメモリリソースの増加」を参照してください。

外部ストレージの要件

GitHub Enterprise Server で GitHub Actions を有効にするには、外部 Blob ストレージにアクセスできる必要があります。

GitHub Actions は、blob ストレージを使用して、ワークフローログやユーザがアップロードしたビルドアーティファクトなど、ワークフロー実行によって生成されたアーティファクトを保存します。 必要なストレージ容量は、GitHub Actions の使用状況によって異なります。 単一の外部ストレージ設定のみがサポートされており、複数のストレージプロバイダを同時に使用することはできません。

GitHub Actions は、次のストレージプロバイダをサポートしています。

  • Azure Blob ストレージ
  • Amazon S3
  • NAS ストレージ用の S3 対応 MinIO ゲートウェイ

注釈: これらは、GitHub がサポートし、支援を提供できる唯一のストレージプロバイダです。 他の S3 API 互換のストレージプロバイダは、S3 API との違いにより、機能しない可能性があります。 追加のストレージプロバイダのサポートをリクエストするには、お問い合わせください。

ストレージプロバイダで GitHub Actions を有効化する

以下の手順のいずれかに従って、選択したストレージプロバイダで GitHub Actions を有効にします。

Enterprise 内の GitHub Actions のアクセス権限を管理する

ポリシーを使用して、GitHub Actions へのアクセスを管理できます。 詳しい情報については、「Enterprise に GitHub Actions のポリシーを施行する」を参照してください。

セルフホストランナーの追加

ノート: GitHubホストランナーは、現在GitHub Enterprise Serverでサポートされていません。 GitHub public roadmapで、計画されている将来のサポートに関する詳しい情報を見ることができます。

GitHub Actions ワークフローを実行するには、セルフホストランナーを追加する必要があります。 Enterprise、Organization、リポジトリレベルでセルフホストランナーを追加できます。 詳しい情報については「セルフホストランナーの追加」を参照してください。

Enterprise で使用できるアクションを管理する

ユーザーが Enterprise で使用できるアクションを制御できます。 これには、GitHub.com からのアクションへの自動アクセス用の GitHub Connect の設定、または GitHub.com からのアクションの手動同期が含まれます。

詳しい情報については、「GitHub Enterprise Server でのアクションの使用について」を参照してください。

GitHub Actions の一般的なセキュリティ強化

GitHub Actions のセキュリティプラクティスについて詳しく学ぶには、「GitHub Actions のセキュリティ強化」を参照してください。

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.