ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

Enterprise におけるロール

Enterprise 内の全員が Enterprise のメンバーです。 Enterprise の設定とデータへのアクセスを制御するために、Enterprise のメンバーにさまざまなロールを割り当てることができます。

Enterpriseアカウントは、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Serverで利用できます。 詳細は「Enterprise アカウントについて」を参照してください。

Enterprise のロールについて

Enterprise 内の全員が Enterprise のメンバーです。 Enterprise のメンバーに管理者のロールを割り当てることもできます。 各管理者ロールはビジネス機能にマップされ、Enterprise 内の特定のタスクを行う権限を与えます。

現時点では、Enterpriseでは2つの管理ロールが利用できます。EnterpriseオーナーはEnterpriseのすべての設定にアクセス及び管理ができます。支払いマネージャーは、Enterpriseの支払い設定のみアクセス及び管理ができます。 Enterpriseオーナーは、Enterpriseが所有するすべてのOrganizationのすべてのメンバーと外部のコラボレータを見ることもできます。

If your enterprise does not use Enterprise Managed Users, you can invite someone to an administrative role using a user account on GitHub Enterprise Cloud that they control. For more information, see "Inviting people to manage your enterprise".

In an enterprise using Enterprise Managed Users, new owners and members must be provisioned through your identity provider. Enterprise owners and organization owners cannot add new members or owners to the enterprise using GitHub. You can select a member's enterprise role using your IdP and it cannot be changed on GitHub. You can select a member's role in an organization on GitHub. For more information, see "About Enterprise Managed Users."

Enterprise オーナー

Enterprise オーナーは、Enterprise の完全な管理権限を持ち、以下を含むすべての操作を行うことができます。

  • 管理者を管理する
  • 追加と削除 内および 内から Organization を管理する
  • Enterprise 設定を管理する
  • Organization にポリシーを強制する
  • 支払い設定を管理する

Enterprise オーナーは、Organization のオーナーになるか、Organization が所有するリポジトリに直接アクセスする権限を与えられない限り、Organization の設定またはコンテンツにはアクセスできません。 同様に、Enterprise の Organization のオーナーは、Enterprise のオーナーにならない限り、Enterprise にはアクセスできません。

Enterprise のオーナーは、Enterprise 内の少なくとも 1 つの Organization のオーナーまたはメンバーである場合にのみ、ライセンスを消費できます。 Enterprise のオーナーは GitHub に個人アカウントを持っている必要があります。 ベストプラクティスとして、ビジネスへのリスクを軽減するために、Enterprise のオーナーを数人にすることをお勧めします。

Enterprise メンバー

Enterprise が所有する Organization のメンバーも、自動的に Enterprise のメンバーになります。 メンバーは Organization 内でコラボレートできます。Organization のオーナーになることも可能です。メンバーは支払い設定を含む Enterprise 設定にアクセスまたは設定することはできません。

Enterprise 内のユーザは、Enterprise が所有するさまざまな Organization およびそれらの Organization 内のリポジトリへのあらゆるレベルのアクセス権を持つことができます。 各個人がアクセスできるリソースを確認することができます。 詳しい情報については、「Enterprise の人を表示する」を参照してください。

For more information about organization-level permissions, see "Roles in an organization."

Organization が所有するリポジトリへの外部のコラボレータアクセス権を持つユーザも、Enterprise の [People] タブに一覧表示されますが、Enterprise メンバーではなく、Enterprise へのアクセス権はありません。 For more information about outside collaborators, see "Roles in an organization."

支払いマネージャー

支払いマネージャーは、Enterprise の支払い設定にのみアクセスできます。 Enterprise の支払いマネージャーは次の操作ができます。

  • ユーザライセンス、Git LFS パック、およびその他の支払い設定の閲覧および管理
  • 支払いマネージャーのリストを閲覧
  • 他の支払いマネージャーの追加または削除

支払いマネージャーは、Enterprise 内の少なくとも 1 つの Organization のオーナーまたはメンバーである場合にのみ、ライセンスを消費できます。 支払いマネージャーは、Enterprise の Organization またはリポジトリにアクセスすることはできません。また、Enterprise のオーナーを追加または削除することもできません。 支払いマネージャーは、GitHub 上に個人アカウントを持っていなければなりません。

About support entitlements

Enterpriseアカウントに関連づけられたサポートチケットを開いたり、見たり、コメントしたりするためには、Enterpriseアカウントのサポート資格が必要です。 Enterpriseのオーナー及び支払マネージャーは自動的にサポート資格を持ち、Enterpriseオーナーはサポート資格をEnterpriseのメンバーに追加できます。 詳しい情報については「Enterpriseのサポート資格の管理」を参照してください。

参考リンク

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?