Skip to main content

SAML認証

SAML シングル サインオン (SSO) を使っていて、ユーザーが GitHub.com へのアクセスで認証できない場合、問題のトラブルシューティングを行うことができます。

エラー: "Current time is earlier than NotBefore condition" (現在の時刻は NotBefore 条件より前です)

このエラーは、IdP と GitHub Enterprise Cloud の間の時間差が大きすぎる場合に発生することがあります。これはセルフホステッド IdP でよく発生します。

このエラーが発生した場合は、IdP の時刻が NTP サーバーと適切に同期していることを確認します。

IdP の立場で ADFS を使っている場合は、GitHub のために ADFS の NotBeforeSkew も 1 分に設定します。 NotBeforeSkew を 0 に設定すると、ミリ秒などの非常に短い時間差でも認証の問題が発生する可能性があります。

ユーザーが繰り返し認証するようにリダイレクトされる

ユーザーが繰り返し SAML 認証プロンプトにリダイレクトされるループに陥る場合は、必要に応じて IdP 設定で SAML セッション期間を長くします。

SAML 応答で送信される SessionNotOnOrAfter 値によって、ユーザーが認証のために IdP にリダイレクトされるタイミングが決まります。 SAML セッション期間を 2 時間以下に構成した場合、期限切れの 5 分前に SAML セッションは GitHub.com によって更新されます。 セッション期間を 5 分以下に構成した場合、ユーザーは SAML 認証ループから抜け出せなくなる可能性があります。

この問題を解決するには、最短 SAML セッション期間を 4 時間に構成することをお勧めします。 詳細については、「SAML 構成リファレンス」をご覧ください。