Skip to main content

Enterprise で Organization の Team 同期を管理する

Azure AD と GitHub Enterprise Cloud の間で Team の同期を有効にして、Enterprise アカウントによって所有される Organization で IdP グループを介して Team のメンバーシップを管理できるようにすることができます。

Who can use this feature

Enterprise owners can manage team synchronization for an enterprise account.

メモ: Enterprise で Enterprise Managed Users を使う場合は、Team 同期を使う必要はありません。 代わりに、Enterprise のセットアップ中に作成した SCIM 構成を使って、Team のメンバーシップを管理できます。 詳細については、「Managing team memberships with identity provider groups」 (ID プロバイダー グループを使用して Team のメンバーシップを管理する) を参照してください。

Enterprise アカウントのチーム同期について

IdP が Azure AD のときに Enterprise レベルで SAML を使うと、Enterprise アカウントで Team 同期を有効にすることで、Organization の所有者と Team のメンテナンス担当者が、Enterprise アカウントによって所有される Organization のチームを IdP のグループと同期できるようにすることができます。

Organization または Enterprise アカウントで Team の同期が有効になっている場合は、GitHub Team を IdP グループと同期できます。 GitHub Team を IdP グループと同期すると、IdP グループへの変更が GitHub Enterprise Cloud に自動的に反映され、必要な手動更新やカスタム スクリプトを減らすことができます。

Team同期を有効化すると、チームメンテナとOrganizationのオーナーは、GitHub上で、あるいはAPIを通じてTeamをIdPグループに接続できます。 詳細については、「Team をアイデンティティ プロバイダー グループと同期する」と「Team 同期」を参照してください。

警告: Team の同期を無効化すると、IdP グループを通じて GitHub Team に割り当てられた Team メンバーは、すべてその Team から削除され、リポジトリへのアクセスを失う場合もあります。

Organization ごとの Team 同期の設定と管理も可能です。 詳細については、「Organization の Team 同期を管理する」を参照してください。

Usage limits (使用状況の制限)

チームの同期機能には使用制限があります。 これらの制限を超えると、パフォーマンスが低下し、同期エラーが発生する可能性があります。

  • GitHub Team のメンバーの最大数: 5,000
  • GitHub Organization のメンバーの最大数: 10,000
  • GitHub Organization の Team の最大数: 1,500

前提条件

  • Gov Cloud ではなく、Azure AD の商用テナントを使う必要があります。
  • あなた、または Azure AD の管理者は Azure AD のグローバル管理者、または特権ロール管理者になっている必要があります。
  • サポート対象の IdP を使用して、Enterprise アカウントの Organization に対して SAML シングルサインオンを適用にする必要があります。 詳細については、「エンタープライズ向けの SAML シングル サインオンの構成」を参照してください。
  • SAML SSO とサポートされる IdP を使用して Enterprise アカウントに認証される必要があります。 詳細については、「SAML シングル サインオンで認証する」を参照してください。

Azure AD で Team の同期を管理する

Azure ADでTeam同期を有効化するには、Azure AD環境に以下の権限が必要です。

  • すべてのユーザーの完全なプロファイルの読み取り
  • サインインしてユーザー プロファイルを読み取る
  • ディレクトリ データの読み取り
  1. GitHub.com の右上の自分のプロファイル写真をクリックし、 [自分の Enterprise] をクリックします。 GitHub Enterprise Cloud のプロファイル写真のドロップダウン メニューの [自分の Enterprise]

  2. Enterpriseのリストで、表示したいEnterpriseをクリックしてください。 自分の Enterprise のリストの Enterprise の名前

  3. エンタープライズ アカウントのサイドバーで、 [設定] をクリックします。 エンタープライズ アカウントのサイドバー内の [設定] タブ

  4. 左サイドバーで、 [認証のセキュリティ] をクリックします。 [Enterprise アカウント設定] サイドバーの **[セキュリティ]** タブ 3. 組織で SAML SSO が有効になっていることを確認します。 詳細については、「Organization で SAML シングル サインオンを管理する」を参照してください。 1. [Team 同期] で、 [Azure AD の有効化] をクリックします。 セキュリティ設定ページの Team 同期の有効化ボタン 5. Teamの同期を確認してください。

    • IdP にアクセスできる場合は、 [Enable team synchronization] (Team 同期を有効にする) をクリックします。 アイデンティティプロバイダの SAML SSO ページにリダイレクトされ、アカウントを選択して、要求された権限を確認するよう求められます。
    • IdP にアクセスできない場合は、IdP のリダイレクトリンクをコピーして IdP の管理者に渡し、Team 同期の有効化を続けてください。 [Enable team synchronization](Team 同期を有効にする) リダイレクト ボタン
  5. Enterprise アカウントに接続する IdP テナントの詳細を確認し、 [承認] をクリックします。 特定の IdP テナントに対して、Team 同期を有効化する保留中の要求と、要求を承認またはキャンセルするオプション

  6. Team の同期を無効にするには、 [Team の同期を無効にする] をクリックします。 Team の同期を無効にする