Skip to main content
ドキュメントへの更新が頻繁に発行されており、このページの翻訳はまだ行われている場合があります。 最新の情報については、「英語のドキュメント」を参照してください。

Enterprise IAM での SAML の使用

SAML シングル サインオン (SSO) とクロスドメイン ID 管理システム (SCIM) を使用して、 Enterprise のリソースへのアクセスを一元管理できます。

: エンタープライズが Enterprise Managed Users を使っている場合は、別のプロセスに従って SAML シングル サインオンを構成する必要があります。 詳細については、「エンタープライズ マネージド ユーザーの SAML シングル サインオンの構成」を参照してください。

  • エンタープライズ IAM の SAML について

    SAML シングル サインオン (SSO) を使用して、GitHub.com でエンタープライズによって所有される組織へのアクセスを一元的に管理できます。

  • SAML 構成リファレンス

    GitHub Enterprise Cloud 上の Organization または Enterprise の SAML メタデータを確認でき、SAML の使用できる属性と応答の要件の詳細を理解できます。

  • Enterprise 向けの SAML シングルサインオンを設定する

    ID プロバイダー (IdP) を介した SAML シングル サインオン (SSO) を適用して、エンタープライズの組織内のリポジトリ、イシュー、pull request などのリソースへのアクセスを制御し、セキュリティで保護できます。

  • Enterprise で Organization の Team 同期を管理する

    Azure AD と GitHub Enterprise Cloud の間で Team の同期を有効にして、Enterprise アカウントによって所有される Organization で IdP グループを介して Team のメンバーシップを管理できるようにすることができます。

  • Okta を使用して Enterprise 向けの SAML シングル サインオンを設定する

    Okta を使う Security Assertion Markup Language (SAML) シングルサインオン (SSO) を使用すると、GitHub Enterprise Cloud で Enterprise アカウントへのアクセスを自動的に管理することができます。

  • 組織からエンタープライズ アカウントへの SAML 構成の切り替え

    Organization レベルの SAML 構成を Enterprise レベルの SAML 構成に置き換える場合の特別な考慮事項とベスト プラクティスについて学びます。

  • SAML認証

    SAML シングル サインオン (SSO) を使っていて、ユーザーが GitHub.comにアクセスするための認証を行うことができない場合、問題のトラブルシューティングを行うことができます。