Skip to main content

ID プロバイダーが使用できない場合の Enterprise アカウントへのアクセス

ID プロバイダーが使用できない場合でも、回復用コードを使ってシングル サインオン (SSO) をバイパスすることで GitHub Enterprise Cloud にサインインできます。

Who can use this feature

Enterprise owners can use a recovery code to access an enterprise account.

認証構成エラーまたは ID プロバイダー (IdP) の問題によって SSO を使用できない場合は、回復用コードを使ってエンタープライズ アカウントにアクセスできます。

この方法で Enterprise アカウントにアクセスするには、Enterprise のリカバリ コードを以前にダウンロードして保存しておく必要があります。 詳細については、「エンタープライズ アカウントのシングル サインオン回復用コードをダウンロードする」を参照してください。

回復コードは 1 回のみ使用できます。コードは連続している順序で使用する必要があります。 リカバリコードにより、アクセスが 24 時間許可されます。

注: Enterprise が Enterprise Managed Users を使用している場合は、リカバリ コードを使用するには、セットアップ ユーザーとしてサインインする必要があります。

  1. シングル サインオン ダイアログの下部にある [回復コードを使用する] をクリックし、シングル サインオンをバイパスします。

    回復コードを入力するためのリンクのスクリーンショット

  2. [Recovery Code] フィールドにリカバリコードを入力します。

    回復コードを入力するためのフィールドのスクリーンショット

  3. [確認] をクリックします。

    回復コードを検証するためのボタンのスクリーンショット

回復コードは使用後に無効になることにご留意ください。 リカバリコードは再利用できません。