Skip to main content

エンタープライズの GitHub Actions について

GitHub Actions を使うと、Enterprise のソフトウェア開発サイクルを自動化することで、開発者の生産性を向上させることができます。

エンタープライズ GitHub Actions について

GitHub Actions を使うと、エンタープライズのメンバーが、ソフトウェア開発ワークフローのすべてのフェーズを自動化して生産性を向上させることができます。

タスク詳細情報
アプリケーションを自動的にテストしてビルドする継続的インテグレーションについて
アプリケーションをデプロイする継続的デプロイについて
コードを自動的かつ安全に成果物とコンテナーにパッケージ化するGitHub Actions を使用したパッケージ化について
プロジェクト管理タスクを自動化するプロジェクト管理での GitHub Actions の使用

GitHub Actions は、チームが大規模な作業を迅速に行うために役立ちます。 大規模なリポジトリが GitHub Actions の使用を開始すると、チームが 1 日にマージする pull request が大幅に増加し、pull request のマージ速度も大幅に上がります。 詳細については、「The State of the Octoverse」の「コードの記述と出荷の高速化」を参照してください。

独自の自動化を作成することができます。あるいは、業界のリーダーやオープンソース コミュニティによって構築された 10,000 を超えるアクションで構成されているエコシステムのワークフローを使用して調整することもできます。 詳細については、「アクションの検索とカスタマイズ」を参照してください。

GitHub Actions は、よく使用される GitHub Enterprise Cloud エクスペリエンスに直接統合されているため、開発者にとってわかりやすい機能です。

GitHub によって管理およびアップグレードされる、GitHub ホステッド ランナーの利便性を活用できます。あるいは、セルフホステッド ランナーを使用して、独自の非公開 CI/CD インフラストラクチャを管理できます。 セルフホステッド ランナーを使用すると、ソフトウェア開発サイクルをインターネットに公開することなく、ビルド、テスト、デプロイを完了するための正確な環境とリソースを決定できます。 詳細については、「GitHub ホステッド ランナーについて」および 「セルフホステッド ランナーについて」を参照してください。

GitHub Actions では、デプロイを細かく制御することができます。 たとえば、環境を使用して、ジョブを続行するために承認を要求したり、ワークフローをトリガーできるブランチを制限したり、シークレットへのアクセスを制限したりすることができます。 ワークフローが OpenID Connect (OIDC) をサポートするクラウド プロバイダーのリソースにアクセスする必要がある場合、そのクラウド プロバイダーで直接認証されるようにワークフローを構成できます。 OIDC には、有効期間が長いシークレットとして資格情報を格納する必要性を解消するなど、セキュリティ上の利点があります。 詳細については、「OpenID Connect を使用したセキュリティ強化について」を参照してください。

GitHub Actions には、エンタープライズのソフトウェア開発サイクルを管理し、コンプライアンスの義務を満たすためのツールも含まれています。 詳細については、「Enforcing policies for GitHub Actions in your enterprise (エンタープライズでフォーク pull request のポリシーを適用する)」を参照してください。

GitHub Actions の使用開始について

開始する前に、GitHub Actions をエンタープライズに導入する方法を計画する必要があります。 詳細については、「GitHub Actions をエンタープライズに導入する」を参照してください。

Enterprise を別のプロバイダーから GitHub Actions に移行する場合は、追加の考慮事項があります。 詳細については、「Enterprise を GitHub Actions に移行する」を参照してください。

計画が完了したら、GitHub Actions の使用を開始する手順に従うことができます。 詳細については、「GitHub Enterprise Cloud の GitHub Actions の概要」を参照してください。

参考資料