Skip to main content

既存の codespace を開く

終了または停止した codespace をもう一度開いて、作業に戻ることができます。

メモ: JetBrains IDE での GitHub Codespaces の使用は現在、パブリック ベータ版であり、変更される場合があります。

GitHub.com 上、JetBrains IDE 内、Visual Studio Code 内、または GitHub CLI を使って、アクティブなまたは停止している codespace をもう一度開くことができます。 削除された codespace を開き直すことはできません。 詳しくは、「codespace のライフサイクル」を参照してください。

自分のすべての codespace は、github.com/codespaces の [あなたの codespace] ページで確認できます。 このページからは、次のことを行うことができます。

既存の codespace を開く

  1. github.com/codespaces の [Codespaces] ページに移動します。

  2. 既定のエディターで codespace を開くには、codespace の名前をクリックします。 個人用設定ページで、Codespaces の既定のエディターを設定できます。詳しくは、「GitHub Codespaces の既定のエディターを設定する」をご覧ください。

    既定以外のエディターで codespace を開くには、次のようにします。

    1. 開く codespace の右側にある省略記号 ( ... ) をクリックします。
    2. [開く] をクリックします。
    3. [開くアプリケーション] をクリックします。

    [Visual Studio Code で開く] が強調されている [開く] ダイアログ ボックスのスクリーンショット

    codespace は次の中で開くことができます。

    • 自分のブラウザー
    • Visual Studio Code
    • JetBrains Gateway
    • JupyterLab

    Visual Studio Code または JetBrains Gateway を選ぶ場合、選んだアプリケーションをローカル コンピューターにインストールしていることを確認する必要があります。

    JupyterLab を選んだ場合は、JupyterLab アプリケーションを codespace にインストールする必要があります。 既定のコンテナー イメージには JupyterLab が含まれているため、既定のイメージから作成された codespace には常に JupyterLab がインストールされます。 既定のイメージについては詳しくは、「開発コンテナーの概要」と devcontainers/images リポジトリを参照してください。 開発コンテナー構成で既定のイメージを使用していない場合は、devcontainer.json ファイルに ghcr.io/devcontainers/features/python 機能を追加して JupyterLab をインストールできます。 オプション "installJupyterlab": trueを含める必要があります。 詳細については、devcontainers/features リポジトリの python 機能の README を参照してください。

注: VS Code で GitHub Codespaces を使用するには、Codespaces 拡張機能をインストールする必要があります。詳しくは、「Visual Studio Code で GitHub Codespaces を使用する」をご覧ください。

  1. VS Code デスクトップ アプリケーションで、Command + Shift + P (Mac) または Ctrl + Shift + P (Windows/Linux) を使ってコマンド パレットを開きます。

  2. 「Codespaces」と入力して、次のいずれかのコマンドを選びます。

    • VS Code の新しいウィンドウで codespace を開くには、 [Codespaces: 新しいウィンドウで codespace を開く] を選びます
    • Web エディターで codespace を開くには、 [Codespaces: ブラウザーで開く] を選びます
  3. 開く codespace をクリックします。

    Visual Studio Code での codespace の一覧のスクリーンショット

VS Code のリモート エクスプローラー ビューに移動し、開く codespace を右クリックすることで、上記のコマンドにアクセスすることもできます。

[ブラウザーで開く] が強調されている、リモート エクスプローラーで選ばれた codespace のスクリーンショット

: リモート エクスプローラーがアクティビティ バーに表示されない場合:

  1. コマンド パレットにアクセスします。 たとえば、Shift + Command + P (Mac) / Ctrl + Shift + P (Windows/Linux) を押します。
  2. 次のコマンドを入力します: codespaces
  3. [コードスペース: 詳細] をクリックします。
  1. ターミナルで、次のいずれかの GitHub CLI コマンドを入力します。

    • VS Code で codespace を開くには、次のように入力します。

      Shell
      gh codespace code

      : ローカル コンピューターに VS Code がインストールされている必要があります。 詳しくは、VS Code ドキュメントの Visual Studio Code の設定に関する説明を参照してください。

    • ブラウザーで codespace を開くには、次のように入力します。

      Shell
      gh codespace code --web
    • JupyterLab で codespace を開くには、次のように入力します。

      Shell
      gh codespace code --jupyter

      : JupyterLab アプリケーションは、開いている codespace にインストールされている必要があります。 既定のコンテナー イメージには JupyterLab が含まれているため、既定のイメージから作成された codespace には常に JupyterLab がインストールされます。 既定のイメージについては詳しくは、「開発コンテナーの概要」と devcontainers/images リポジトリを参照してください。 開発コンテナー構成で既定のイメージを使用していない場合は、devcontainer.json ファイルに ghcr.io/devcontainers/features/python 機能を追加して JupyterLab をインストールできます。 オプション "installJupyterlab": trueを含める必要があります。 詳細については、devcontainers/features リポジトリの python 機能の README を参照してください。

  2. 方向キーを使って、開きたい codespace に移動します。

  3. codespace を開くには、Enter キーを押します。

詳しくは、GitHub CLI のマニュアルで gh codespace code をご覧ください。

JetBrains Gateway を既定のエディターとして設定している場合、GitHub.com から codespace を開くと、Gateway が自動的に起動します。

JetBrains Gateway が既定のエディターではない場合でも、github.com/codespaces にある [あなたの Codespaces] ページに移動し、開く codespace の右側にある省略記号 (...) をクリックすることによって、JetBrains で codespace を開くことができます。 詳しくは、「既存の codespace を開く」をご覧ください。

または、JetBrains Gateway を開き、次の手順で説明するように、既存の codespace を選ぶこともできます。

  1. JetBrains Gateway アプリケーションを開きます。

  2. [Codespaces に接続する] をクリックします。

    JetBrains Gateway の初期ビューのスクリーンショット

  3. [あなたの Codespaces] リストで、作業する codespace をクリックします。

    JetBrains Gateway の codespace リストのスクリーンショット

  4. "使用可能な IDE" リストで、使用する JetBrains IDE をクリックします。 Gateway は、次回 codespace に接続するときのために、選んだ項目を記憶します。

    JetBrains Gateway の codespace リストのスクリーンショット

  5. [Connect] をクリックします。

    : "ファイアウォールを実行している場合": リモート リソースに初めて接続するときに、JetBrains Gateway がお使いのネットワーク経由で通信することを許可するように求められる場合があります。