👋 We've unified all of GitHub's product documentation in one place! Check out the content for REST API, GraphQL API, and Developers. Stay tuned for a blog post later today.


ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

GitHub Actionsについて

GitHub Actions では、カスタムソフトウェア開発のライフサイクル (SDLC) にわたるワークフローを GitHub リポジトリに直接作成することができます。

GitHub ActionsはGitHub Free、GitHub Pro、GitHub FreeのOrganization、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Oneで利用できます。 GitHub Actionsは、レガシーのリポジトリごとのプランを使っているアカウントが所有しているプライベートリポジトリでは利用できません。 詳しい情報については「GitHubの製品」を参照してください。

ここには以下の内容があります:

GitHub Actionsについて

GitHub Actionsは、コードを保存するのと同じ場所でソフトウェア開発のワークフローを自動化し、プルリクエストやIssueで協力することを支援します。 個々のタスクを書き、アクションを呼び出し、それらを組み合わせてカスタムのワークフローを作成できます。ワークフローとは、GitHubで任意のコードプロジェクトをビルド、テスト、パッケージ、リリース、またはデプロイするためにリポジトリで設定できる、カスタムの自動プロセスです。

GitHub Actions では、エンドツーエンドの継続的インテグレーション (CI) と継続的デプロイメント (CD) 機能をリポジトリに直接ビルドすることができます。 GitHub Actionsは、GitHubに組み込まれている継続的インテグレーションサービスを駆動します。 詳細については、「継続的インテグレーションについて」を参照してください。

ワークフローは、Linux、macOS、Windows、コンテナで、'ランナー'と呼ばれるGitHubがホストするマシン上で実行できます。 あるいは、自分が所有もしくは管理するマシン上でワークフローを実行するために、独自にランナーをホストすることもできます。 詳しい情報については「セルフホストランナーについて」を参照してください。

ワークフローの作成には、リポジトリで定義されているアクション、GitHubのパブリックリポジトリにあるオープンソースのアクション、または公開されているDockerコンテナイメージを使用できます。 フォークされたリポジトリのワークフローは、デフォルトでは動作しません。

ワークフローで使用するアクションをGitHubで見つけ、GitHubコミュニティと共有するアクションをビルドできます。 For more information on creating a custom action, see "Creating actions."

特定のイベントで実行するように設定したワークフローファイルを作成できます。 詳細については、「ワークフローの設定」と「GitHub Actionsのワークフロー構文」を参照してください。

一般的な用語の定義については「GitHub Actionsの中核的な概念」を参照してください。

GitHubコミュニティでアクションを見つける

GitHub Marketplaceは、GitHubコミュニティによって構築されたアクションを見つけ、共有し、利用するための中央となる場所です。 詳しい情報については「ワークフロー中でのGitHub Marketplaceからのアクションの利用」を参照してください。

GitHub上のパブリックリポジトリで共有されているオープンソースのアクションでプロジェクトをカスタマイズし、actions Organization内でGitHubによって構築されたアクションを使うこともできます。

リポジトリあるいはOrganizationでのGitHub Actionsの無効化もしくは制限

デフォルトでは、すべてのリポジトリでGitHub Actionsは有効です。 GitHub Actionsを無効化したり、パブリックなアクションの利用を制限したりすることができます。 パブリックなアクションの利用を制限すると、リポジトリあるいはOrganization内にあるローカルのアクションだけが利用できるようになります。

詳しい情報については「リポジトリでのGitHub Actionsの無効化もしくは制限」あるいは「OrganizationでのGitHub Actionsの無効化もしくは制限」を参照してください。

ワークフロー実行の通知

GitHub Actionsに対するメールあるいはWeb通知を有効化すると、あなたが起動したワークフローランが完了すると通知されます。 この通知には、ワークフローランのステータス(成功、失敗、ニュートラル、キャンセルされたランが含まれます)が含まれます。 ワークフローランが失敗したときにだけ通知を受けるようにすることもできます。

リポジトリのActionsタブでワークフローランのステータスを見ることもできます。 詳細については、「ワークフロー実行の管理」を参照してください。

使用制限

GitHub Actionsの利用にはいくつかの制限があり、それらは使用しているのがGitHubホストランナーなのか、セルフホストランナーなのかによって変わります。 これらの制限は変更されることがあります。

  • ジョブの実行時間 - ワークフロー中のそれぞれのジョブは、最大で6時間の間実行できます。 ジョブがこの制限に達すると、ジョブは終了させられ、完了できずに失敗します。 この制限は、セルフホストランナーには適用されません、

  • ワークフローの実行時間 - 各ワークフローの実行は72時間までに制限されます。 ワークフローの実行がこの制限に達すると、そのワークフローの実行はキャンセルされます。 この制限は、セルフホストランナーにも適用されます。

  • ジョブキュー時間 - セルフホストランナーの各ジョブは、最大24時間キューイングできます。 この制限内にセルフホストランナーがジョブの実行を開始しなければ、ジョブは終了させられ、完了に失敗します。 この制限は、GitHubホストランナーには適用されません。

  • APIリクエスト - リポジトリ内のすべてのアクションにわたって、1時間のうちに最大1000回のAPIリクエストを実行できます。 この制限を超えた場合、超過のAPIコールは失敗し、それによってジョブも失敗するかもしれません。 この制限は、セルフホストランナーにも適用されます。

  • 並行ジョブ - アカウント内で実行できる並行ジョブ数は、以下の表に示すとおり、利用しているGitHubのプランによります。 この制限を超えた場合、超過のジョブはキューイングされます。 セルフホストランナーには並行数の制限はありません。

    GitHubプラン最大同時ジョブ最大同時macOSジョブ
    無料205
    Pro405
    Team605
    Enterprise18050
  • ジョブマトリックス - ジョブマトリックスは、ワークフローの実行ごとに最大で256のジョブを生成できます。 この制限は、セルフホストランナーにも適用されます。

利用のポリシー

使用制限に加えて、GitHub ActionsをGitHubの利用規約内で使っていることを確認しなければなりません。 GitHub Actionsの固有の規約に関する詳しい情報については、GitHubの追加製品規約を参照してください。

GitHub Actionsの支払いについて

パブリックリポジトリでは、GitHub Actionsの利用は無料です。 プライベートリポジトリでは、それぞれのGitHubアカウントは使用している製品に応じて一定量の無料の分とストレージを受け取ります。 詳細は「GitHub Actions の支払いについて」を参照してください。

サポートへの連絡

たとえば構文、GitHubホストランナー、アクションの構築など、ワークフローの設定に関して何か支援が必要な場合は、GitHub Community SupportのGitHub Actionsボードで既存のトピックを探してみるか、新しいトピックを開始してください。

GitHub Actionsについてのフィードバックもしくは機能リクエストがあるなら、それらをGitHub Actionsのフィードバックフォームで共有してください。

あなたの利用方法、もしくは意図する利用方法が利用制限のカテゴリに当てはまるかどうかに関わらず、以下のいずれかの場合はGitHub Supportまたは GitHub Premium Supportに連絡してください。

  • アカウントに間違った制約が課されていると思われる場合
  • たとえばユニークIDのような予想外のエラーに、アクションの実行時に遭遇した場合
  • 既存の動作が期待される、ただし必ずしもドキュメント化されてはいない動作と矛盾するような状況に遭遇した場合

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください