Skip to main content

ユーザー データの司法手続き上の要求に関するガイドライン

あなたは、GitHub でホストされているユーザー コンテンツに関連する可能性がある調査を実施する法執行機関の担当者ですか。 そうでなければ、当社が法執行機関と共有する情報と、それを共有する状況を知りたいと思っているプライバシー意識の高い方でしょう。 いずれにせよ、適切なページにアクセスしています。

本ガイドラインで、当社は GitHub の概要、当社が保持するデータの種類、および当社がユーザー個人情報を開示する状況について少し背景を説明します。 ですが、詳しく説明する前に、お客様が知りたいと思われる重要な詳細をいくつか説明します。

  • 当社は、法律または裁判所命令によって禁止されていない限り、ユーザーのアカウント情報への要求に関して 影響を受けるユーザーに通知します
  • 当社は、有効な裁判所命令または捜索令状なしに、IP アドレス ログなどの 位置追跡データ を開示することはありません。
  • 当社は、有効な 捜索令状なしに、プライベート リポジトリのコンテンツなどの 非公開のユーザー コンテンツ を開示することはありません。

本ガイドラインの概要

当社のユーザーは、多くの場合に企業または個人の最も貴重な資産の一部であるソフトウェア プロジェクトとコードを当社に委託してくれています。 その信頼を維持することは、当社にとって不可欠です。それは、ユーザー データを安全かつ非公開で維持することを意味します。

当社のユーザーの圧倒的大多数は、新しいビジネスの創出や新しいテクノロジの構築、人類の全般的な向上のために GitHub のサービスを利用していますが、その一方で、世界中に広がる何百人もユーザーの中には、悪事を働く人がいるものだということを認識しています。 そのような場合、当社は、法執行機関が一般の人々を守るうえで正当な権益にかなうように支援します。

当社は、法執行機関の担当者にガイドラインを示すことで、競合することが多いユーザー プライバシーの権益と司法制度の間でバランスをとることを望んでいます。 当社は、本ガイドラインが両方の側面に期待事項を設定し、GitHub の内部プロセスの透明性を高めるのに役立つことを望んでいます。 当社のユーザーは、当社がユーザーの個人情報を大切に扱っており、その保護のためにできることをしているという点をご理解ください。 これは、少なくとも、適切な法的要件が満たされた場合にのみデータを第三者に公開する、ということを意味します。 さらに、当社は法執行機関の専門家がデータの要求を効率よく調整し、彼らの調査の実施に必要な情報だけを対象にすることができるように、GitHub のシステムに関して彼らを教育することも望んでいます。

GitHub の用語

当社にデータの開示を要求する前に、当社のシステムがどのように実装されているかを理解すると役立つ場合があります。 GitHub では、Git バージョン管理システムを使用して、何百万ものデータ リポジトリをホストしています。 GitHub 上のリポジトリ (公開または非公開の可能性があります) は、ソフトウェア開発プロジェクトのために最も一般的に使用されていますが、多くの場合、これらのリポジトリを使用して、あらゆる種類のコンテンツの作業も行われています。

  • ユーザー — 当社のシステムにおいて、ユーザーは個人の GitHub アカウントを意味します。 各ユーザーには個人プロファイルがあり、複数のリポジトリを所有できます。 ユーザーは組織を作ったり、組織への参加を招待されたり、別のユーザーのリポジトリでコラボレーションしたりすることができます。

  • コラボレーター — コラボレーターとは、リポジトリ所有者によって投稿に招待されたユーザーであり、リポジトリに対する読み取りおよび書き込みアクセス権を持ちます。

  • 組織 — 組織とは、企業やプロジェクトなどの一般に実際の組織に似た 2 人以上のユーザーのグループです。 組織はユーザーによって管理され、リポジトリとユーザーのチームの両方を含めることができます。

  • リポジトリ — リポジトリとは、GitHub の最も基本的な要素の 1 つです。 これらは、プロジェクトのフォルダーと考えると、わかりやすいでしょう。 リポジトリにはプロジェクト ファイルのすべて (ドキュメントを含む) が含まれており、各ファイルの改訂履歴が保存されます。 リポジトリには、複数のコラボレーターがいる可能性があり、その管理者の裁量でリポジトリを公開するかどうかを決定できます。

  • ページ — GitHub ページは、ユーザーがそのリポジトリに保存したコードを通じて簡単に公開できる、GitHub が自由にホストするパブリック Web ページです。 ユーザーや組織が GitHub ページを持っている場合、通常は https://username.github.io などの URL で検索できるか、ユーザーや組織の Web ページがその独自のカスタム ドメイン名にマッピングされることがあります。

  • Gists — Gists とは、ユーザーがアイデアの保存や友人との共有に使用できるソース コードのスニペットやその他のテキストです。 通常の GitHub リポジトリと同様に、Gists は Git を使用して作成されるため、自動的にバージョンが付けられ、フォーク操作が可能で、ダウンロードできます。 Gists はパブリックにすることも、シークレット (既知の URL からのみアクセス可能) にすることもできます。 パブリック Gists をシークレット Gists に変換することはできません。

GitHub.com 上のユーザー データ

以下に、GitHub 上のユーザーとプロジェクトに関して当社が維持するデータの種類の一覧を示します (すべてを網羅するものではありません)。

  • 公開アカウント データ — ユーザーとそのリポジトリに関してさまざまな情報が GitHub で公開されています。 ユーザー プロファイルは、https://github.com/username などの URL で検索できます。 ユーザー プロファイルには、ユーザーがいつアカウントを作成したかと、GitHub.com でのパブリック アクティビティおよびソーシャル ネットワークでの交流に関する情報が表示されます。 パブリック ユーザー プロファイルには、ユーザーが公に共有することにした追加情報を含めることもできます。 すべてのパブリック ユーザー プロファイルには以下が表示されます。

    • ユーザー名

    • ユーザーが星印を付けたリポジトリ

    • ユーザーがフォローしている他の GitHub ユーザー

    • 彼らをフォローしているユーザー

      オプションで、ユーザーは次の情報の公開共有を選択することもできます。

    • ユーザーの実名

    • アバター

    • 関連会社 

    • 所在地

    • 公開された電子メール アドレス

    • ユーザー個人の Web ページ

    • ユーザーが属する組織 (組織またはユーザーの設定に応じて)

  • 非公開アカウント データ — GitHub は、当社のプライバシー ポリシーに記載されているように、ユーザーに関する特定の個人情報も収集し、維持します。 これには以下が含まれます。

    • プライベートな電子メール アドレス

    • 支払いの詳細

    • セキュリティ アクセス ログ

    • プライベート リポジトリでの交流に関するデータ

      GitHub が収集する非公開のアカウント情報の種類を把握するには、ユーザーの個人用ダッシュボードにアクセスし、左側のメニューバーのセクションを参照してください。

  • 組織のアカウント データ — 組織、その管理ユーザー、およびリポジトリに関する情報は、GitHub で公開されています。 組織プロファイルは、https://github.com/organization などの URL で検索できます。 公開組織プロファイルには、所有者が公開共有することにした追加情報を含めることもできます。 すべての組織プロファイルには以下が表示されます。

    • 組織名

    • 所有者が星印を付けたリポジトリ

    • 組織の所有者であるすべての GitHub ユーザー

      オプションで、管理ユーザーは次の情報の公開共有を選択することもできます。

    • アバター

    • 関連会社 

    • 所在地

    • 直属のメンバーとチーム

    • コラボレーター

  • パブリック リポジトリ データ — GitHub は、何百万もの公開されたオープンソース ソフトウェア プロジェクトをホストしています。 ユーザーはほとんどのパブリック リポジトリ (Atom プロジェクト など) を参照して、GitHub がリポジトリに関して収集および維持する情報を把握できます。 これには以下が含まれる可能性があります。

    • コード自体
    • コードの以前のバージョン
    • プロジェクトの安定したリリース版
    • コラボレーター、投稿者、リポジトリ メンバーに関する情報
    • コミット、分岐、プッシュ、プル、フォーク、複製などの Git 操作のログ
    • プル リクエストやコミットに関するコメントなどの Git 操作に関連する会話
    • 問題や Wiki ページなどのプロジェクト ドキュメント
    • プロジェクトへの投稿と投稿者のネットワークを示す統計とグラフ
  • プライベート リポジトリ データ — GitHub は、特別に招待されたユーザーのみがプライベート リポジトリのデータにアクセスする場合を除き、パブリック リポジトリに表示できるのと同じ種類のプライベート リポジトリ データを収集し、維持します。

  • その他のデータ — さらに、GitHub はページへの訪問などの分析データと、ユーザーがたまに自発的に提供した情報 (当社のサポート チームとの連絡、アンケートの情報、サイトの登録など) を収集します。

当社は、影響を受けるアカウント所有者に通知します

当社のポリシーでは、法律または裁判所命令によって禁止されていない限り、ユーザーのアカウントやリポジトリに関する保留中の要求についてユーザーに通知することになっています。 当社は、ユーザーの情報を開示する前に、影響を受けるアカウント所有者に通知するためにあらゆる合理的な努力をします。それには、確認済みの電子メール アドレスにメッセージを送信し、彼らが希望する場合に司法手続きに異議を申し立てる機会が得られるように召喚状、裁判所命令、または令状のコピーを提供します。 当社は、まれにある緊急事態において、死または深刻な危害を防ぐため、または進行中の調査のために通知を遅らせる必要があると判断した場合、そのようにすることがあります。

非公開情報の開示

当社のポリシーでは、ユーザーの同意を得た場合、または有効な召喚状、民事事件の調査要求、裁判所命令、捜索令状、その他の同類の有効な司法手続きを受け取った場合のみ、民事または刑事事件の調査に関連して非公開のユーザー情報を開示することになっています。 当社は、特定の緊急事態において (以下を参照)、その事態の本質に応じて限られた情報を共有する場合もありますが、それ以上の措置には司法手続きが必要になります。 GitHub は、非公開情報の要求に異議を申し立てる権利を有します。 GitHub は、司法手続き上の要求に対応して非公開情報を生成することに同意した場合、要求された情報の合理的な検索を行います。 以下に、当社が応じる司法手続きの種類によって、当社が生成に同意する情報の種類を示します。

  • ユーザーの同意を得て — GitHub は、要求された場合、ユーザー (または組織アカウントの場合は所有者) に直接、またはユーザーの書面による同意を得た指定された第三者 (ユーザーがその身元を確認したことを GitHub が納得したうえで) に対して、非公開アカウント情報を提供します。

  • 召喚状をもって — 有効な召喚状、民事事件の調査要求、または刑事事件もしくは民事事件の調査に関連して発行された同類の司法手続きに応じる場合、当社は以下を含む特定の非公開アカウント情報を提供できます。

    • アカウントに関連付けられた名前
    • アカウントに関連付けられた電子メール アドレス
    • 請求情報
    • 登録日と終了日
    • アカウント登録時の IP アドレスと日時
    • 調査に関連して指定された時刻または事象でアカウントへのアクセスに使用された IP アドレス

組織アカウントの場合、当社はアカウント所有者の名前と電子メール アドレス、および組織アカウントの作成日と作成時点の IP アドレスを提供できます。 当社は、特定のユーザーの追跡調査の要求がなければ、他のメンバーまたは組織アカウントへの投稿者 (いる場合) に関する情報や、指定されたアカウント所有者に関する追加情報を生成することはありません。

提供できる情報は、状況によって異なります。 情報によっては、ユーザーが任意で提供するものもあります。 当社がその情報を収集または保持していない場合もあります。

  • 裁判所命令 または 捜索令状 — 当社は、以下のいずれかによってそれを強制されない限り、アカウント アクセス ログを開示することはありません。 (i) 要求された情報が、進行中の刑事事件の調査に関連があるか、重要であると考える合理的な根拠があることを示す、特定の明確な事実を提示したうえで、18 U.S.C. 第 2703(d) 項の下で発行された裁判所命令、または (ii) 相当な理由を提示したうえで、連邦刑事訴訟規則で規定された手続き、または同等の州の令状手続きの下で発行された捜索令状。 上記の非公開アカウント情報に加えて、当社は裁判所命令または捜索令状に対応して、以下を含めたアカウント アクセス ログを提供できます。

    • ある期間にわたるユーザーの移動を明らかにするログ
    • アカウントまたはプライベート リポジトリの設定 (どのユーザーが特定のアクセス許可を持っているかなど)
    • ユーザーごとまたは IP ごとの分析データ (参照履歴など)
    • アカウント作成以外、または特定の日時のセキュリティ アクセス ログ
  • 捜索令状がある場合のみ — 当社は、相当な理由を提示したうえで、連邦刑事訴訟規則で規定された手続き、または同等の州の令状手続きの下で発行された捜索令状の下でそれを強制されない限り、アカウントの非公開コンテンツを開示することはありません。 上記の非公開アカウント情報とアカウント アクセス ログに加えて、当社は捜索令状に対応して、以下を含めたアカウントの非公開コンテンツも提供します。

    • シークレット Gists のコンテンツ
    • プライベート リポジトリ内のソース コードやその他のコンテンツ
    • プライベート リポジトリへの投稿およびコラボレーションの記録
    • プライベート リポジトリ内のやり取りやドキュメント (問題や Wiki など)
    • 認証や暗号化に使用されるセキュリティ キー
  • 緊急事態で — 当社は、特定の緊急事態で情報の要求を受けた場合 (死または深刻な傷害の危険に関わる緊急事態を防ぐために開示が必要であると当社が判断した場合)、法執行機関による緊急事態への対応を可能にするために必要であると当社が判断した、限られた情報を開示することがあります。 それを超える情報については、上記のとおり召喚状、捜索令状、または裁判所命令が必要です。 たとえば、当社が捜索令状なしにプライベート リポジトリのコンテンツを開示することはありません。 当社は情報を開示する前に、要求が法執行機関から届いたこと、当局が緊急事態の概要を説明する公式通知を送付したこと、要求された情報が緊急事態への対応にどのように役立つかを確認します。

費用の払い戻し

州および連邦の法令の下で、GitHub は召喚状、裁判所命令、捜索令状などの有効な司法手続き上の要求の遵守に関連する費用の払い戻しを求めることができます。 当社が請求するのは、費用の一部にすぎません。これらの払い戻しは、法的な命令を遵守するために発生した実費の一部のみに相当します。

当社は、非常時またはその他の緊急事態では費用を請求しませんが、その他の司法手続き上の要求については、法令によって義務付けられていない限り、以下のスケジュールに従って払い戻しを求めます。

  • 最大 25 個の識別子の最初の検索: 無料
  • 最大 5 つのアカウントのサブスクライバーに関する情報/データの生成: 無料
  • 5 つを超えるアカウントのサブスクライバーの情報/データの生成: 1 アカウントにつき 20 ドル
  • 2 回目の検索: 1 回の検索につき 10 ドル

データの保持

当社は、公的な刑事事件の調査に関連した米国の法執行機関からの正式な要求後、および裁判所命令またはその他の手続きの発行が保留になってから、最大 90 日間アカウント記録を保存する措置を講じます。

要求の提出

以下に要求を行ってください。

GitHub, Inc.
c/o Corporation Service Company
2710 Gateway Oaks Drive, Suite 150N
Sacramento, CA 95833-3505

参照コピーは、legal-support@github.com 宛てに電子メールで送付してください

次の情報を含め、できるだけ明確かつ厳密に要求を作成してください。

  • 情報の要求を発行する当局に関する詳細な情報
  • 担当者の名前およびバッジ/ID
  • 公的な電子メール アドレスと連絡先の電話番号
  • 対象のユーザー、組織、リポジトリ名
  • 対象のページ、Gists、またはファイルの URL
  • 必要な記録の種類の説明

当社がお客様の要求を調査するのに、2 週間以上かかることをご了承ください。

外国の法執行機関からの要求

GitHub は、カリフォルニア州に本拠地を置く米国企業として、外国の当局が発行した司法手続きに対応して、外国政府にデータを提供する義務はありません。 GitHub に情報の要求を希望する外国の法執行機関の担当者は、米国司法省刑事部門の国際業務課に連絡してください。 GitHub は、刑事共助条約 (「MLAT」) または嘱託書を通じて米国の裁判所から発行された要求に直ちに対応します。

お問い合わせ

その他の質問、意見、提案がある場合 GitHub Support にお問い合わせください。