Skip to main content

GitHub の異議申し立ておよび復活

異議申し立ておよび復活

GitHub のコミュニティの個人間のやり取りの大部分が当社の利用規約およびコミュニティ ガイドラインの範囲内に収まりながらも、これらのポリシーの違反が発生することがあります。 違反行為が発生した場合、違反に対処するために GitHub のスタッフは強制措置を講じることが必要になる場合があります。 ただし、場合によっては、GitHub スタッフが取った節度ある行動を覆す根拠が見つかることがあります。

異議申し立ておよび復活とはどのようなものですか?

異議申し立ておよび復活は、コンテンツの無効化またはアカウントのアクセス制限に関連して生じます。

復活:ユーザーは、アカウントまたはコンテンツへのアクセスを取り戻すことを望み、違反に対処するために進んで必要な変更を行い、今後は当社の条件に違反しないことに同意する必要があります。

異議申し立て:ユーザーは、違反が発生したことに反論し、異なる結論を下すべきだったことを示す追加の情報を提供できます。

仕組み

復活を求める場合、または異議申し立てを希望する場合は、異議申し立ておよび復活フォームに入力してください。

GitHub のスタッフは、フォームに記載された情報を審査し、復活または異議申し立ての承諾を許可するための十分な情報があるかどうかを判断します。

  • 復活:ユーザーが今後利用規約に拘束されることに同意し、違反に対処するために必要な変更を行った場合、当社は、最初の違反の状況と重大度に応じてアカウントまたはコンテンツを復活させることができます。

すべての合法的な復活リクエストは、最初に GitHub スタッフが審査し、決定が回答されます。

  • 異議申し立て:ユーザーが決定に異議申し立てを求める場合、フォームを使用して異議申し立ての根拠を説明し、異なる決定が下されるべきだと信じる、違反の疑いに関する追加情報を提供します。 提供された情報により異なる決定が下されるべきであることが立証された場合、当社は、異議申し立てを許可することができます。

GitHub スタッフの審査担当者と同一人物が最初の判断を下し、当該スタッフ メンバーが最初の結論が正しいと考える (これにより異議申し立てが却下される可能性がある) 場合は、GitHub スタッフの別のメンバーが独自に異議申し立てを審査します。 すべての合法的な異議申し立ては最終決定が回答されます。

透明性

当社は、異議申し立ておよび復活を 透明性レポートで追跡します。