Skip to main content

DMCA 反論通知提出ガイド

この記事では、次の項目が扱われます。

このガイドでは、DMCA 削除要求に対する反論通知を処理するために GitHub が必要とする情報について説明します。 DMCA の内容や、GitHub による DMCA 削除要求の処理方法など、一般的な事項については DMCA 削除ポリシーをご覧ください。

GitHub 上のお客様のコンテンツが DMCA 削除要求により誤って無効にされたと思われる場合、お客様には反論通知を提出して削除に異議を唱える権利があります。 異議を唱えた場合、10 ~ 14 日の期間内に著作権者がお客様に対して法的措置を講じない限り、当社はお客様のコンテンツを再度有効にします。 以下に規定する当社の反論通知の形式はDMCA 法で提案されている形式に適合しています。これは、米国著作権局の公式 Web サイト (https://www.copyright.gov) でご確認いただけます。

すべての法的問題と同様に、お客様固有の疑問または状況については常に専門家と相談することが最善策です。 当社は、お客様の権利に影響を与える可能性がある行動を起こす前に、専門家と相談すること強くお勧めします。 このガイドは法的助言ではなく、そのように解釈されるべきものでもありません。

提出前の準備

真実を語ってください。 DMCA では、宣誓を行い、偽証罪で罰せられるという条件で、反論通知を行うことを義務付けています。 宣誓宣言で意図的に虚偽の陳述を行うと連邦犯罪になります (合衆国法典、第 18 編、第 1621 条を参照)。虚偽の情報を提出すると、民事責任が発生する可能性もあります。つまり、金銭的損害で訴えられる可能性があります。

調査してください。 DMCA 反論通知を提出すると、現実的な法的結果が生じる可能性があります。 苦情を申し立てた当事者が削除通知が間違っていたことに同意しない場合、コンテンツを無効にし続けるためにお客様に対して訴訟を起こすことがあります。 お客様は、削除通知で行われた主張を徹底的に調査し、反論通知を提出する前に弁護士に相談する必要があります。

反論通知を提出するための正当な理由が必要です。 反論を提出するために、お客様は「マテリアルが削除または無効化されたのは、そのマテリアルに対する誤解や誤認の結果であると誠実な信念に基づいて判断」する必要があります。 (合衆国法典、第 17 編、第 512(g) 条)。誤解があったと考える理由を説明するかどうかはお客様とお客様の弁護士次第ですが、反論通知を提出する前に必ず誤解を特定する必要があります。 過去に当社が受け取った反論通知で挙げられた削除通知の誤解としては、「苦情を申し立てた当事者に著作権がない」、「私はライセンスを持っている」、「コードは私の使用を許可するオープン ソース ライセンスの下でリリースされている」、「苦情では私の使用が公正使用の原則によって保護されているという事実が考慮されていない」などがあります。 当然、削除通知には他にも不備があることが考えられます。

著作権法は複雑です。 削除通知による侵害の主張は、奇妙であったり直接的でなかったりするように思える場合があります。 著作権法は複雑であり、予期しない結果を招く可能性があります。 場合によっては、削除通知では、お客様のソース コードをコンパイルして実行した後にできることが理由で、そのソース コードが著作権を侵害していると主張される場合があります。 以下に例を示します。

  • 著作物に対するアクセス制御を回避するためにお客様のソフトウェアが使用されていると申し立てられる場合があります。
  • ソフトウェアを使用して著作物を侵害するようエンド ユーザーを誘導した場合、ソフトウェアの配布が著作権侵害になる場合があります
  • 著作権侵害の主張が、ソース コード自体ではなく、ソフトウェアの文字以外のデザイン要素の複製に基づいている場合もあります。つまり、お客様のデザインが他の誰かのデザインに酷似しているという通知を受け取る場合があります。

これらは、著作権法の複雑さを示すほんの一例に過ぎません。 法律には多くの微妙な点があり、上記の例には未解決の問題が残っているため、侵害の主張が簡単ではないと思われる場合は専門家のアドバイスを受けることが特に重要です。

反論通知は法的声明です。 反論通知は当社に対してだけでなく、苦情を申し立てた当事者に対する法的声明でもあるため、反論通知のすべてのフィールドにもれなく記入する必要があります。 上記のとおり、苦情を申し立てた当事者が反論通知を受け取った後もコンテンツを無効にしておきたいと望む場合は、GitHub 上のコンテンツに関連する侵害行為にお客様が関与しないよう求める訴訟を起こす必要があります。 言い換えると、お客様は告訴される可能性があります (また、お客様は反論通知でこれに同意します)。

お客様の反論通知は公開されます。 DMCA 削除ポリシーに記載されているように、当社は、完全かつ法的に有効なすべての反論通知を、個人情報を編集したうえで https://github.com/github/dmca に公開します。 編集後の通知だけを公開しますが、当社が受信した通知の完全な未編集コピーを、通知によって権利に影響を受ける当事者に直接送信する場合があります。 プライバシーが心配な場合は、お客様の代わりに弁護士または他の法定代理人に反論通知を提出してもらうことができます。

GitHub は裁判官ではありません。 GitHub は、通知が DMCA の最小要件を満たしているかどうかを判断する以外に、このプロセスで自由裁量権を行使することはほとんどありません。 メモが偽証罪により罰せられるという条件で作成されたことを念頭に、申し立てのメリットを評価するのは両当事者 (およびそれぞれの弁護士) 次第です。

その他のリソース。 さらにサポートが必要な場合は、インターネット上に利用できるリソースが数多く用意されています。 Lumen には、著作権DMCA セーフ ハーバーに関する有益なガイドがあります。 法的助言が必要なオープン ソース プロジェクトに関与している場合は、Software Freedom Law Center に問い合わせることができます。 また、特に困難な事態に直面したと思われる場合は、Electronic Frontier Foundation などの非営利団体から直接支援を受けることも、弁護士を紹介してもらうこともできる場合があります。

反論通知の要件

  1. 以下の文言を含めてください。「GitHub の DMCA 反論通知提出ガイドを読んで理解しました。」 この文言が含まれていないとしても、反論通知に不備がなければ当社は処理を拒否しません。ただし、このガイドラインを読んでいないと判断できるため、ガイドラインを読むように求める場合があります。

  2. 無効にされたコンテンツとそれが表示されていた場所を特定しなければなりません。 無効にされたコンテンツは、削除通知に記載された URL で特定されているはずです。 そのため、反論通知の対象となった URL をコピーするだけです。

  3. お客様の連絡先情報を提供しなければなりません。 電子メール アドレス、氏名、電話番号、住所を記載してください。

  4. 以下の文言を含めてください。「私は、偽証罪により罰せられるという条件で、マテリアルが削除または無効化されたのは、そのマテリアルに対する誤解や誤認の結果であると誠実な信念に基づいて判断したことを誓います。」 また、誤解や誤認があったと思われる理由を伝えることもできます。 これは、苦情を申し立てた当事者への「通告」として反論通知を提出する場合、それらの当事者が次の手段として訴訟を起こすべきではない理由を説明する機会になります。 これもまた、反論通知を提出する際に弁護士と協力すべき理由の 1 つです。

  5. 以下の文言を含めてください。「私は、私の住所がある司法管轄区 (米国の場合は GitHub が所在するカリフォルニア州北部地区) の連邦地方裁判所の管轄に同意し、DMCA 通知を提供した人物またはかかる人物の代理人からの令状の送達を受け入れます。」

  6. お客様の直筆または電子署名を入れてください。

反論通知の提出方法

著作権侵害の申し立てで情報を入力し、すべての質問に答えることで、最も早く回答を得ることができます。

また、copyright@github.com に電子メール通知を送信することもできます。 必要に応じて添付ファイルを含めることもできますが、メッセージの本文にはテキスト形式の文書も含めてください。

通知を郵送する必要がある場合は、それも可能ですが、通知の受け取りと応答には相当な時間がかかります。具体的には、当社が反論通知を受領してから 10 ~ 14 日お待ちいただくことになります。 当社では、テキスト形式の電子メールの方が、PDF ファイルが添付されている場合や郵送の場合よりもはるかに早く処理できます。 それでも通知を郵送する必要がある場合は、当社の住所は次のとおりです。

GitHub, Inc
Attn: DMCA Agent
88 Colin P Kelly Jr St
San Francisco, CA. 94107