Skip to main content

GitHub の商標ポリシー

GitHub の商標ポリシー違反とはどのようなことですか?

会社名または商号、ロゴ、またはその他の商標によって保護されている物を、そのブランドや系列に関連して他人に誤解または混乱を招くおそれがある方法で使用することは、商標ポリシー違反と見なされる場合があります。

GitHub の商標ポリシー違反に当たらないのは、どのようなことですか?

別の商標をその使用が許諾された製品やサービスとは関係のない方法で使用することは、商標ポリシー違反ではありません。 GitHub ユーザー名は、先着順で提供されており、予約することはできません。 GitHub アカウントのユーザー名が偶然、登録商標と同じである場合、それ自体は必ずしも当社の商標ポリシー違反には当たりません。

GitHub は、報告された商標ポリシー違反にどのように対応しますか?

当社は連邦または国際商標登録の取得者から商標ポリシー違反の報告を受けたら、アカウントを確認し、次の措置を講じる場合があります。

  • 商標を無断で使用することにより、他人に誤解を招く明確な意図がある場合、GitHub はアカウントを停止し、アカウント保有者に通知します。
  • 当社は、アカウントがユーザーの混乱を招くように見えるが、商標登録された商品やサービスに見せようとする意図はないと判断した場合、アカウント保有者に可能性のある混乱を収拾する機会を与えます。 当社は、商標取得者の有効な使用についてユーザー名を公表する場合もあります。

商標ポリシー違反を報告するにはどうすればよいですか?

登録商標の取得者は、当社の連絡フォームを使用して、可能性のある商標ポリシー違反を GitHub に報告できます。 商標関連の要求は、貴社の電子メール アドレスを使用して提出してください。その際に、迅速に対応できるように、以下に要求するすべての情報を記入してください。 また、そのアカウントがお客様のマークとの混同を引き起こした原因や、そのアカウントがどのようにお客様のマークを損なったか、または傷付けたかを必ず明確に説明してください。

商標ポリシー違反を報告する際に、どのような情報が必要ですか?

商標ポリシー違反を調査するために、以下の情報をすべて提供してください。

  • 報告したアカウントのユーザー名

  • お客様の会社名

  • お客様の会社の GitHub アカウント (アカウントがある場合)

  • 会社の Web サイト

  • 商標登録された言葉や記号など

  • 商標登録番号

  • 商標登録機関 (USPTO など)

  • 混乱の説明 (貴社の名前をかたるなど。内容や行為の明確な説明を含む)

  • 要求する措置 (違反しているアカウントの削除や、商標登録したユーザー名を既存の会社のアカウントに譲渡することなど)

  • 以下の文言を含めてください。「I have a good faith belief that use of the trademark described above is not authorized by the trademark owner, or its agent, or the law. (上記の商標の使用が、商標の所有者またはその代理人、もしくは法律によって許可されていないと誠実な信念に基づいて判断します。) I have taken nominative and other fair uses into consideration. (指定された他の公正な方法での使用を考慮しました。)」

  • 以下の文言も含めてください。「I swear, under penalty of perjury, that the information in this notification is accurate and that I am the trademark owner, or am authorized to act on behalf of the owner, of an exclusive right that is allegedly infringed. (私は、偽証罪により罰せられるという条件で、この通知の情報が正確であり、違反するとされた独占的権利の商標所有者もしくは所有者に代わって措置を講じることを許可された者であることを誓います。)」

  • お客様の直筆または電子署名を入れてください。

  • 注: 連邦または国際商標登録番号が必要です。 報告する名称が 登録商標でない (政府機関や非営利団体など) 場合は、当社にお知らせください。

    • お客様の氏名
    • 役職
    • 住所
    • 電話番号
    • 電子メール (会社のドメインからのものが必要)