Skip to main content

GitHubと貿易統制

GitHub.com、GitHub Enterprise Server、およびあなたがいずれかの製品にアップロードする情報は、米輸出管理規則(EAR)を含む貿易管理規制の対象となる場合があります。

GitHub のビジョンは、開発者たちがどこからでもコラボレーションに参加できるグローバルなプラットフォームを築くことです。 We take seriously our responsibility to examine government sanctions thoroughly to be certain that users and customers are not impacted beyond what is required by law. こうした取り組みには、オープンソースプロジェクトを含むパブリックリポジトリサービスを利用可能かつアクセス可能に保つことで、制裁対象地域の開発者が参加する個人的なコミュニケーションをサポートすることも含まれます。 これは、 制裁対象地域にいる開発者がプラットフォームへのアクセスをより享受できること、そしてグローバルなオープンソースコミュニティに完全に参加できることをGitHubが提唱していることをも意味します。

当社の運動と米 規制当局による尽力のおかげで、GitHubは、米 財務省の外国資産管理局 (OFAC) から、イランの開発者のためにクラウドサービスを復活させるための認可を獲得しました。 当社は regulators to secure similar licenses to offer collaboration services to developers in other sanctioned regions, such as Syria and Crimea. 当社は、開発者が可能な限り幅広くアクセスできるよう訴えることに取り組んでいます。なぜなら、制裁対象地域の開発者にコラボレーションサービスを提供することがグローバルな開発者コミュニティを強化し、人類の進歩を推し進め、そして言論の自由と情報の自由な流通を推進するという米国の 長期的な外交政策を支援するものであると信じているからです。 当社がイランの開発者のために獲得した認可に関する情報については、こちらのブログ記事をお読みください。

なお、以下の情報は便宜上提供されるものであり、GitHub の製品およびサービスをご利用になる際は、ご自身の責任のもと米 輸出管理法を含む適用されるすべての法律および規制を遵守してください。

輸出の概要

GitHub.com

利用規約に基づき、ユーザは米輸出管理法および制裁法を含む適用法を遵守した場合に限って、GitHub.com にアクセスし、これを使用できます。

ユーザには、GitHub.com で開発および共有するコンテンツが、EAR や米国際武器取引規制(ITAR)などの米輸出管理法を遵守していることを確認する責任があります。 GitHub.com で利用可能なクラウドホスト型サービスは、ITAR に基づいてデータをホストするように設計されておらず、現在、国ごとにリポジトリアクセスを制限する機能を提供していません。 ITAR などの輸出管理対象データを扱うコラボレーションを検討している場合は、GitHub のオンプレミス製品である GitHub Enterprise Server を検討することをお勧めします。

現在GitHubは、イランに居住する、またはその他何らかの意味でイランの住民である開発者に対し、クラウドサービスを提供する認可をOAFCから取得しています。 この認可には、個人および組織に対するあらゆる公開および非公開サービス (有料、無料の両方) が含まれています。

GitHubのクラウドサービス (有料、無料の両方) は、キューバにいる開発者でもほとんど利用できます。

特別指定国民 (SDN) および米国およびその他の適用法の下で拒否または遮断されたその他の関係者、 および特定の政府関係者は、GitHub.comへのアクセスまたは利用が制限される場合があります。 また、ユーザは、制裁対象国の政府を含む上記の当事者のために、またはその代理としてGitHub.comを利用することはできません。 さらに、17 CFR 744 に記載されている禁止対象の最終用途を含む、適用される輸出管理法の下で禁止されている目的に GitHub.com を使用することはできません。

GitHub Enterprise Server

GitHub Enterprise Server は、自己ホスト型の仮想アプライアンスであり、独自のデータセンターまたは仮想プライベートクラウド内で実行できます。 そのため、GitHub Enterprise Server を使用して ITAR などの輸出管理対象情報を保存することは可能ですが、エンドユーザに ITAR およびその他の該当する輸出規制を確実に遵守する責任があることには変わりありません。

GitHub Enterprise Server は商用の大衆市場製品であり、5D992.c の輸出管理分類番号(ECCN)が割り当てられています。そして、ライセンス不要(NLR)でほとんどの宛先に輸出できます。

GitHub Enterprise Server may not be sold to, exported, or re-exported to any country listed in Country Group E:1 in Supplement No. 1 to part 740 of the EAR or to the following regions of Ukraine: Crimea and the separatist areas of Donetsk and Luhansk. The countries listed currently include Cuba, Iran, North Korea, Syria, Russia, and Belarus, but this list is subject to change.

よくある質問

米米政府の制裁はどの国や地域 に適用されますか?

Crimea, the separatist areas of Donetsk and Luhasnk, Cuba, Iran, North Korea, and Syria. ただしイランに関しては現在、 GitHubはイランに居住する、またはその他何らかの意味でイランの住民である開発者にための認可を財務省の外国資産管理局 (OFAC) から取得しています。 GitHubのクラウドサービス (有料、無料の両方) は、キューバにいる開発者でもほとんど利用できます。

アカウントが意図せずまたは誤って影響を受けることはまれですが、そのような事態に対処するための異議申し立てプロセスはあります。

個人ユーザまたは Organization 管理者に対する決定が誤りであると考えられる場合、そのユーザは GitHub に検証情報を提供することで決定に異議を申し立てることができます。 ユーザまたは組織が米国の制裁対象区域と関連していないなど、米国の経済制裁によって制限されていないことを確認するのに十分な情報を GitHub が受け取った場合、 決定は取り消されます。 個人アカウントの異議申し立てリクエストフォームOrganization アカウントの異議申し立てリクエストフォームをご覧ください。

対象地域を旅行することによる影響はありますか?

対象地域内に旅行をすることがアカウントのステータスに影響する可能性はありますが、制裁対象国/地域外に出た後に個人アカウントの異議申し立てリクエストまたはOrganizationアカウントの異議申し立てリクエストを送信すると、再び利用可能になる場合があります。

何が利用できて何が利用できないのですか?

現在GitHubは、米国の制裁対象国であるイランに居住する、またはその他何らかの意味でイランの住民である開発者に対し、クラウドサービスを提供する認可をOAFCから取得しています。 この認可には、個人および組織に対するあらゆる公開および非公開サービス (有料、無料の両方) が含まれています。 GitHubのクラウドサービス (有料、無料の両方) は、キューバにいる開発者でもほとんど利用できます。

GitHub is committed to continuing to offer free public repository services to developers with individual and organizational accounts in Syria, Crimea, and the separatist areas of Donetsk and Luhansk. これには、オープンソースプロジェクト(および関連する公開ページ)、パブリック Gist、およびアクション分数の無料割り当てなど、個人的な通信を目的とした(商用目的ではない)無料リポジトリサービスへの限定的なアクセスが含まれます。

制裁対象地域における有料の Organization アカウントの場合、ユーザはパブリックリポジトリへのアクセスが制限される場合があります。具体的には、アーカイブ済みの読み取り専用リポジトリになります。 ただし、制裁対象地域における無料の Organization アカウントの場合、ユーザはオープンソースプロジェクト (および関係するパブリックページ) の無料のパブリックリポジトリ、パブリック Gist、および割り当てられている無料アクション分数に完全にアクセスできます。

GitHub は、無料のプライベートリポジトリを含め、認可された地域の開発者が無料のコードコラボレーションサービスに最大限にアクセスできるように、米国の規制当局に引き続き提唱していきます。 regulators for the greatest possible access to code collaboration services to developers in sanctioned regions, such as Syria and Crimea, including private repositories. こうしたサービスの提供が、人類の進歩、国際的なコミュニケーション、そして米国の 長期的な外交政策を支援するものであると信じているからです。

特別指定国民 (SDN) および米国およびその他の適用法の下で拒否または遮断されたその他の関係者、 および特定の政府関係者は、GitHub の所在にかかわらず、GitHub へのアクセスまたは利用が制限される場合があります。 ユーザは、制裁対象国の政府を含む上記の当事者のために、またはその代理として GitHub.com を利用することはできません。

北朝鮮に居住する、またはその他何らかの意味で北朝鮮の住民である開発者は、GitHub のサービスを利用できません。

対象のユーザをどのように定義しているのですか?

ユーザまたはお客様が米国 の貿易管理規制の対象となる地域に所在している、またはその他ユーザが米国 の経済制裁下で制限されていると GitHub が判断した場合、 法的要件を遵守するために関連アカウントは制限されます。 こうした法的制限の対象となるユーザやお客様の所在地の判断は、IP アドレスや支払い履歴など、いくつもの根拠から導き出されます。 なお、国籍と民族は制裁によるユーザの制限には使用されません。

Organization アカウントにはどのような影響がありますか?

Organization の拠点が、GitHub が米国からのライセンスを取得していない制裁対象地域/国にある場合や、Organization の主要な個人またはメンバーシップが GitHub が米国 からのライセンスを取得していない制裁対象地域/国と十分な関係がある場合、またはその他 Organization が米国 の経済制裁の対象であると思われる場合、Organization アカウントとそれに関連するオーナーアカウントは制限を受けます。

この制限により、無料または有料のプライベートリポジトリ、シークレット Gist、有料のアクション分数、Sponsors、GitHub Marketplace サービスなどの、プライベートリポジトリサービスおよび有料サービスへのアクセスはできません。 こうした制裁対象地域に関係する有料の Organization アカウントの場合、ユーザはパブリックリポジトリへのアクセスが制限される場合があります。具体的には、アーカイブ済みの読み取り専用リポジトリになります。 制裁対象地域に関係する無料の Organization アカウントの場合、ユーザはオープンソースプロジェクト (および関係するパブリックページ) の無料のパブリックリポジトリ、パブリック Gist、および割り当てられている無料アクション分数に完全にアクセスできます。

貿易制限のあるユーザのプライベートリポジトリを公開できますか?

無料の個人アカウントユーザは、商用目的ではない個人的な通信のみを目的として、制限付きのプライベートリポジトリを公開できます。 これを行うには、リポジトリ設定タブに移動し、「公開」ボタンをクリックします。 リポジトリが公開されると、ユーザはパブリックリポジトリサービスにアクセスできます。 このアクションは取り消すことができません。

貿易制限のあるユーザは、プライベートリポジトリデータにアクセスできますか(リポジトリデータのダウンロードや削除など)?

残念ながら、当社による法律の解釈では、米国政府の許可がない限り、プライベートリポジトリのコンテンツのダウンロードまたは削除を許可することはできません。 GitHub Enterprise Server is a self-hosted virtual appliance that can be run within Customer’s own datacenter or virtual private cloud. 私たちは、貿易制限のあるユーザがプライベートリポジトリのコンテンツを確保する権利を、米国の規制当局に強く主張する予定です。 また、制裁対象市場の開発者が GitHub サービスをもっと利用できるようになるよう求め、開発者のグローバルな個人通信をサポートすることで実現するコードコラボレーションの重要性をさらに強調するつもりです。

OFAC から与えられた認可の下では、どんな種類のアカウントがイランで利用できますか?

当社の獲得した認可には、個人および組織に対するあらゆる公開および非公開サービス (有料、無料の両方) が含まれています。

たとえば、イランの開発者は、個人使用のために無料またはProプランにサインアップすることができます。 また、イランの大学は、学生とコラボレーションするための Organization アカウントをセットアップできます。

特別指定国民 (SDN) および米国およびその他の適用法の下で拒否または遮断されたその他の関係者、 および特定の政府関係者は、GitHub へのアクセスまたは利用が制限される場合があります。

GitHub が、個人または 組織が制限カテゴリ (SDN、その他制限された関係者、または特定の政府関係者) に該当すると判断した場合、そのアカウントにはフラグが立てられ、 GitHub のあらゆる機能を利用できなくなります。 フラグが間違って立てられたと思われる場合、個人アカウントの異議申し立てリクエストまたは Organization アカウントの異議申し立てリクエストで GitHub に検証情報を提供し、フラグに意義を申し立てることができます。 個人が米国の経済制裁によって制限されていないことを確認するために十分な情報を GitHub が受け取った場合、 決定は取り消されます。

イランの GitHub ユーザは認可に基づき有料サービスを利用できるようになりますか?

OFAC から獲得した認可に従い、当社はイランのユーザのために、すべてのクラウドサービスを復元中です。 当社は主要なクレジットカードをすべて受け入れていますが、支払いを処理するのは第三者であり、したがって支払いについては支払い処理業者の規約が適用されます。 こうした第三者の規定に、イランからの支払いを受け付けないという条項が含まれる場合があります。

キューバの開発者が GitHub を利用できるか明確に示してください

GitHubのクラウドサービス (有料、無料の両方) は、キューバにいる開発者でもほとんど利用できます。
特別指定国民 (SDN) および米国およびその他の適用法の下で拒否または遮断されたその他の関係者、 および特定の政府関係者は、GitHub の所在にかかわらず、GitHub へのアクセスまたは利用が制限される場合があります。 また、ユーザは、制裁対象国の政府を含む上記の当事者のために、またはその代理としてGitHub.comを利用することはできません。