Skip to main content

GitHub の現代奴隷制と児童労働に反対する声明

2018 年の声明

国際労働機関 (ILO) によると、2016 年には世界中で 4,000 万人が現代奴隷制の犠牲となっており、1 億 5,200 万人の子どもが児童労働の対象となっていますILO は次のように報告しています

  • 現代奴隷制の犠牲者の 4 人に 1 人は子どもです。
  • 2,490 万人の強制労働従事者のうち、家事労働、建設業、農業などの民間部門における搾取被害者は 1,600 万人、性的搾取被害者は 480 万人、また国家機関に強制されて労働に従事している人は 400 万人です。
  • 女性・少女の被害は強制労働に服する割合が著しく高く、商業的性産業における被害者の 99%、その他の部門でも 58% を占めています。

GitHub は、現代の奴隷制と児童労働が存在し続けていることを強く非難し、現代の奴隷制も児童労働も当社のサプライ チェーンや当社の事業で発生しないようにするという責任を真剣に受け止めています。 (本声明における「現代奴隷制」とは、奴隷制、強制または意思に反した労働、人身売買、隷属、および拘禁、年季奉公、拘束された労働者のことを指します。 「児童労働」とは、16 歳未満、また軽労働では 14 歳未満による労働を指します。ただし、児童の就学を妨げる期間や児童の健康や幸福を妨げる条件に限定されないことを前提とします)。

英国現代奴隷法に従い、また、ILO 強制労働条約 2014 年議定書労働における基本的原則及び権利に関する ILO 宣言、および国連の持続可能な開発目標ターゲット 8.7 に沿って、この 2018 年の現代奴隷制と児童労働に反対する声明 (以下「声明」といいます) は、GitHub がビジネスまたはサプライ チェーンで現代奴隷制と児童労働が発生するのを防ぐために講じた措置を説明しています。

GitHub の構造、ビジネス、サプライ チェーン

GitHub は、サンフランシスコに本社を置くソフトウェア開発プラットフォームであり、従業員および請負業者は多くの国で働いています。

GitHub のすべての従業員および個々の独立請負業者は、任意であり、自由意思に基づきます。 GitHub は従業員を分散させており、場所に関係なく従業員と請負業者に競争力のある報酬と福利厚生を提供するように努めています。 これは、独立請負業者を直接雇用するか、仲介業者を通じて雇用するかにかかわらず当てはまります。

GitHub は、製造やハードウェアの生産を行うことはありません。また、GitHub が移住労働者がよく行うような種類のサービスに対して人材派遣会社を利用しません。 仕事量の急激な変化や価格圧力といったものは、強制残業などサプライ チェーンにおける強制労働のリスクを高めてしまうことがありますが、GitHub の事業は、その性質上、こうした変化や圧力の影響を受けません。

GitHub は、世界中のお客様に無料ソフトウェア、有料ソフトウェア、Web ベースのサービスとしてのソフトウェアを提供しています。 GitHub の製品には、以下のようなものがあります。

  • GitHub.com: Web ベースのコラボレーションおよびコード ホスティング プラットフォーム
  • GitHub Enterprise: オンプレミスのコラボレーションおよびコード ホスティング ソフトウェア
  • Atom: テキスト エディター
  • Electron: クロスプラットフォーム対応のデスクトップ アプリケーションを記述するためのフレームワーク
  • GitHub Desktop: GitHub.com および GitHub Enterprise にアクセスするためのデスクトップ アプリケーション

GitHub のサプライ チェーンは、コンピューティング サービス、イベント企画、小売・販促品の購入、事務用品、オフィス スペースやデータ センターなどの施設のリースなど、当社の製品および事業の商品・サービスで構成されています。

現代奴隷制と児童労働に関するポリシー

現代奴隷制と児童労働

GitHub の倫理規定 では、現代奴隷制 (奴隷制、強制または意思に反した労働、人身売買、隷属、および拘禁、年季奉公、拘束された労働者) や児童労働を事業活動において故意に使用、関与、支援、または容認することを禁じています。 この禁止事項に違反した GitHub の従業員や請負業者は、雇用または事業関係の終了の対象となります。

GitHub の行動基準 では、現代奴隷制 (奴隷制、強制または意思に反した労働、人身売買、隷属、および拘禁、年季奉公、拘束された労働者) や児童労働を事業活動において故意に使用、関与、支援、または容認することを含む、危険行為および違法行為を禁じています。

GitHub は、人身売買との闘いに関する米国連邦調達規則 22.17 など、GitHub が事業を展開する管轄区域における人身売買および児童労働を禁止する法律を遵守しています。

さらに、GitHub は FairHotel Program と提携しています。これは、GitHub が従業員に対して、FairHotel が支持する、公正な給料、十分な福利厚生、従業員の声が職場に反映されるホテルを選ぶよう奨励していることを意味します。 また、FairHotel と提携していることは、公正な雇用者として、GitHub がホテルに仕事を提供していることも意味します。

今後、GitHub はこの声明をすべての従業員、請負業者、および人材紹介業者や派遣事業者を含むサプライヤーに伝達していきます。 さらに、GitHub は現代奴隷制および児童労働について、GitHub の全従業員を対象とした研修を開発しています。 GitHub は、「現代奴隷制と児童労働に反対する声明」を公に掲げています

GitHub は、職場に関する懸念事項の報告について報復禁止ポリシーを持っています。 この声明に沿って、GitHub は従業員や請負業者が報復を恐れることなく現代奴隷制と児童労働に関する問題を報告できるようにしています。

労働法および慣行

GitHub の労働慣行は、以下のとおりです。

公正である:

  • GitHub は、適用される法定賃金に従い、従業員と請負業者に公正な賃金を支払います
  • GitHub は人道的な労働条件を維持します
  • GitHub は、該当地域および国内の法令または規制に定められた、1 日の最長労働時間を超える労働を労働者に課しません
  • GitHub は、(給与明細などの) 支払額の根拠を記載した書面を交付したうえで従業員と請負業者に遅滞なく支払い、該当地域および国の法令に従って従業員記録を保持します

人道的かつ倫理的である:

  • GitHub は、本人の合意に基づく労働力のみを使用します
  • GitHub は、児童労働を禁じます
  • GitHub は、体罰や虐待を行いません
  • GitHub は、従業員や職場における嫌がらせや不当差別を容認しません

相互を尊重する:

  • GitHub は、全国労働関係法に基づき、労働者の権利についての法的通知を掲示するなど、法的要件に従って、従業員の結社の自由と団体交渉の権利を保護します
  • GitHub は、業界において期待される水準以上の福利厚生を従業員に提供します
  • GitHub は、職場におけるあらゆる苦情を報告するよう従業員に奨励し、報告に対する報復を容認しません

事業およびサプライ チェーンにおける現代奴隷制と児童労働に関するデュー デリジェンス プロセス

GitHub は、現代奴隷制と児童労働に関するリスクについて、事業およびサプライ チェーンを評価します。 人権に関する社内外の専門家の意見を参考に、当社事業およびサプライ チェーンのどこに労務が存在するかを究明し、現代奴隷制や児童労働に関する潜在的なリスクを特定するため、GitHub は部門横断的な分析 (ポリシー、法律、調達、財務、および事業 (特に人事)) を行いました。 GitHub では、重大性、規模、および確率の観点からよりリスクの高い分野に対し、より重点的なデュー デリジェンス、監視、検証を行います。 GitHub は、リスクが生じ得る部分と、それらにどう対処していくかを継続的に検討します。 さらに、現在、GitHub は、現代奴隷制や児童労働に関する法律の遵守を含めて、この声明に沿った慣行を持っているという保証をサプライヤーから得ています。

GitHub の事業およびサプライ チェーンにおいて現代奴隷制と児童労働のリスクが存在する場所、ならびにそのようなリスクを評価・管理するために GitHub が講じている措置

GitHub では、現在のところ高リスクのサプライヤーは認識していません。ただし、イベントのサポート、建設、施設サービス、食品サービスなどの肉体労働が含まれるサービスのサプライヤーでは、現代奴隷制や児童労働が起こる可能性が高くなります。 GitHub は、既存のサプライヤーを監査し、このような高いリスクの分野のサプライヤーに対し、この声明に沿ったサービスを提供していることを確認するように要求します。

GitHub では、当社の知る限りにおいて、事業やサプライ チェーンにおいて現代奴隷制や児童労働は実際に存在せず、またその疑いもありませんが、もし GitHub 自体が現代奴隷制や児童労働を直接引き起こした場合は救済策を提供すること、また GitHub の制度やプロセスの欠陥により生じた、この声明に準拠しないさまざまな形態の問題に対して救済措置を講じることを表明しています。 個々の被害者に対する GitHub の救済措置には、現代奴隷制および児童労働を直ちに排除するための適切な措置の規定、および経験した被害を相殺するために策定された、被害者に対する合理的かつ適切なサービスのリソースが含まれます。

GitHub の事業やサプライ チェーンにおいて、現代奴隷制や児童労働が発生していないことを確認することの効果

GitHub は、現代奴隷制と児童労働に関する法律を遵守しており、これを引き続き遵守していきます。

現在、GitHub ではサプライヤーに対し、この声明および現代奴隷制と児童労働に関する法律を遵守するように要求しています。 さらにサプライヤーには以下の項目も要求しています。

  • 現代奴隷制や児童労働を使用、関与、支援、または容認しない
  • 従業員や契約社員に対して、誤解を招くまたは不正な雇用・契約慣行を用いない
  • 従業員や契約社員から、斡旋料や雇用契約費用を徴収しない
  • パスポート、運転免許証、またはその他の身分証明書の破棄、隠蔽、没収、またはその他の方法により従業員や契約社員が入手できないようにしない
  • 現代奴隷制度または児童労働に関する義務に違反した場合、当社が契約終了を行うことを容認する
  • 法律で義務づけられている場合、あらゆる形態の現代奴隷制や児童労働に服したことが発覚した労働者のあらゆる損害を賠償する

さらに、GitHub はサプライヤーに対して以下の項目を強く推奨しています。

  • 自らのサプライヤーに対し、リスク評価を含め、現代奴隷制と児童労働を防止するためのデュー デリジェンスを実施する
  • 特定したリスクに対処するための措置を講じる
  • 自らのサプライヤーに対し、現代奴隷制と児童労働について反対することを述べる

GitHub で従業員が企業購買を行うための調達指示には、マイクロソフトのサプライヤー業務規範またはこの声明をサプライヤーが遵守するという要件への言及が含まれるようになりました。

現代奴隷制と人身売買に関する GitHub スタッフのための研修

GitHub は、GitHub の事業とサプライ チェーンを視野に入れ、すべての従業員に義務付けられる現代奴隷制と児童労働に関する研修を開発しています。 GitHub は、イベントのサポート、建設、施設サービス、食品サービスなどの肉体労働が含まれるサービスを提供するサプライヤーを、潜在的なリスクがより高い分野として特に重点を置きます。

GitHub の取締役会は、この声明を承認しました。