Skip to main content

Git Large File Storage でのコラボレーション

この記事では、次の項目が扱われます。

Git LFSを有効にすると、大容量のファイルも Git で扱う通常のファイルと同じようにフェッチ、修正、プッシュできます。 ただし、Git LFSを持っていないユーザの場合、ワークフローが異なります。

リポジトリのコラボレーターが Git LFSをインストールしていない場合、オリジナルの大容量ファイルにはアクセスできません。 リポジトリのクローンを試みた場合、ポインタファイルをフェッチするのみで、実際のデータにはアクセスできません。

参考: Git LFS を有効にしていないユーザーに対しては、大きなファイルの扱いについて記載したリポジトリ コントリビューターのためのガイドラインを設定することをお勧めします。 たとえば、大きなファイルを変更しないように共同作成者に依頼したり、DropboxGoogle ドライブなどのファイル共有サービスに変更をアップロードしたりできます。 詳細については、「リポジトリ コントリビューターのためのガイドラインを定める」を参照してください。

プルリクエストの大容量ファイルを表示する

GitHub AEは、プルリクエストの Git LFSオブジェクトを表示しません。 ポインタファイルのみが表示されます。

大容量ファイルのプルリクエスト例

ポインター ファイルについて詳しくは、「Git Large File Storage について」を参照してください。

大きなファイルに加えられた変更を表示するには、プルリクエストをローカルでチェックアウトしてdiffを確認します。 詳しくは、「pull request をローカルでチェックアウトする」を参照してください。

参考資料