Skip to main content
We publish frequent updates to our documentation, and translation of this page may still be in progress. For the most current information, please visit the English documentation.
GitHub AE is currently under limited release.

Git Large File Storage でのコラボレーション

Git LFSを有効にすると、大容量のファイルも Git で扱う通常のファイルと同じようにフェッチ、修正、プッシュできます。 ただし、Git LFSを持っていないユーザの場合、ワークフローが異なります。

リポジトリのコラボレーターが Git LFSをインストールしていない場合、オリジナルの大容量ファイルにはアクセスできません。 リポジトリのクローンを試みた場合、ポインタファイルをフェッチするのみで、実際のデータにはアクセスできません。

参考: Git LFS を有効にしていないユーザーに対しては、大きなファイルの扱いについて記載したリポジトリ コントリビューターのためのガイドラインを設定することをお勧めします。 たとえば、大きなファイルを変更しないように共同作成者に依頼したり、DropboxGoogle ドライブなどのファイル共有サービスに変更をアップロードしたりできます。 詳細については、「リポジトリ コントリビューターのためのガイドラインを定める」を参照してください。

プルリクエストの大容量ファイルを表示する

GitHub AE には、pull request の一部の Git LFS オブジェクトが表示されません。 ポインタファイルのみが表示されます。

大容量ファイルのプルリクエスト例

ポインター ファイルについて詳しくは、「Git Large File Storage について」を参照してください。

大きなファイルに加えられた変更を表示するには、プルリクエストをローカルでチェックアウトしてdiffを確認します。 詳しくは、「pull request をローカルでチェックアウトする」を参照してください。

参考資料