Skip to main content
ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

リポジトリのアーカイブで Git LFS オブジェクトを管理する

Git Large File Storage(Git LFS)オブジェクトを、GitHub Enterprise Cloud がリポジトリ用に作成する ZIP ファイルや tarball などのソースコードアーカイブに含めるかどうかを選択できます。

People with admin permissions for a repository can manage whether Git LFS objects are included in archives of the repository.

アーカイブにある Git LFS オブジェクトについて

GitHub Enterprise Cloud は、ZIP ファイルと tarball 形式でリポジトリのソースコードアーカイブを作成します。 これらのアーカイブは、リポジトリのメインページ、またはリリースアセットとしてダウンロードできます。 デフォルトでは、Git LFS オブジェクトはこれらのアーカイブに含まれず、これらのオブジェクトへのポインタファイルのみが含まれます。 代わりに Git LFS オブジェクトを含めて、リポジトリのアーカイブを使いやすくすることもできます。 To be included, the Git LFS objects must be covered by tracking rules in a .gitattributes file that has been committed to the repository.

リポジトリのアーカイブに Git LFS オブジェクトを含めた場合、それらのアーカイブをダウンロードするたびに、アカウントの帯域幅の使用量にカウントされます。 各アカウントには、毎月無料で 1 GB の帯域幅が付与され、追加使用分に対して支払うことができます。 詳しい情報については、「ストレージと帯域の利用について」および「Git Large File Storage の支払いを管理する」を参照してください。

If you use an external LFS server (configured in your .lfsconfig), those LFS files will not be included in archives of the repository. The archive will only contain files that have been committed to GitHub Enterprise Cloud.

アーカイブにある Git LFS オブジェクトを管理する

  1. GitHub.comで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下で Settings(設定)をクリックしてください。 リポジトリの設定ボタン
  3. [Archives] で、[Include Git LFS objects in archives] を選択または選択解除します。 アーカイブにある Git LFS オブジェクトを含めるチェックボックス