Skip to main content

リポジトリのフォークポリシーを管理する

組織が所有する特定のプライベート リポジトリ、または内部リポジトリのフォークを許可または禁止できます。

Who can use this feature?

People with admin permissions for a repository can manage the forking policy for the repository.

Organization のオーナーは、特定のリポジトリのフォークを許可または禁止する前に、Organization レベルでプライベート および内部のリポジトリのフォークを許可する必要があります。 詳しくは、「Organization のフォークポリシーを管理する」を参照してください。

組織内のリポジトリをフォークする機能を無効にすると、機密情報が公開されるのを防ぐのに役立ちます。 詳しくは、「organization でのデータ 漏洩を防ぐためのベスト プラクティス」を参照してください。

  1. GitHub.com で、リポジトリのメイン ページへ移動します。

  2. リポジトリ名の下にある [設定] をクリックします。 [設定] タブが表示されない場合は、 [] ドロップダウン メニューを選び、 [設定] をクリックします。

    タブを示すリポジトリ ヘッダーのスクリーンショット。 [設定] タブが濃いオレンジ色の枠線で強調表示されています。

  3. [機能] で、 [フォークを許可] を選択します。 このオプションがない場合は、この設定を制御するアクセス許可がない可能性があります。 リポジトリを管理する組織の所有者、またはアクセスについてリポジトリの所有者に確認してください。

参考資料