Skip to main content

新しいファイルの作成

GitHub Enterprise Cloud上で書き込みアクセスを持つリポジトリであればどこにでも直接、新しいファイルを作成できます。

GitHub Enterprise Cloud上でファイルを作成するときは、以下にご注意ください:

警告: リモート リポジトリに機密情報を、決して git addcommit、または push しないでください。 センシティブな情報には以下が含まれますが、以下に限定はされません。

詳細については、「Removing sensitive data from a repository」 (リポジトリからの機密データの削除) を参照してください。

  1. On GitHub.com, navigate to the main page of the repository.
  2. 自分のリポジトリで、ファイルを作成するフォルダへ移動します。
  3. ファイルの一覧の上にある、 [ファイルの追加] ドロップダウンを使用し、 [新しいファイルの作成] をクリックします。 [ファイルの追加] ドロップダウンの [新しいファイルの作成]
  4. ファイル名フィールドに、ファイルの名前と拡張子を入力します。 サブディレクトリを作るには、ディレクトリの区切り文字 / を入力します。 新しいファイル名
  5. [新しいファイルの編集] タブで、ファイルに内容を追加します。 新しいファイルの内容
  6. 新しい内容を確認するには、 [プレビュー] をクリックします。 新しいファイルのプレビュー ボタン 1. ページの下部で、ファイルに対して行った変更を説明する短く分かりやすいコミットメッセージを入力してください。 コミットメッセージでは、複数の作者にコミットを関連づけることができます。 詳細については、「複数の共同作成者とのコミットの作成」を参照してください。 変更のコミット メッセージ
  7. If you have more than one email address associated with your account on GitHub.com, click the email address drop-down menu and select the email address to use as the Git author email address. Only verified email addresses appear in this drop-down menu. If you enabled email address privacy, then <username>@users.noreply.github.com is the default commit author email address. For more information, see "Setting your commit email address." Choose commit email addresses
  8. コミットメッセージフィールドの下で、コミットの追加先を現在のブランチか新しいブランチから選択してください。 現在のブランチがデフォルトブランチなら、コミット用に新しいブランチを作成してからPull Requestを作成すべきです。 詳細については、「新しい pull request の作成」を参照してください。 コミット ブランチのオプション 1. [新しいファイルの提案] [新しいファイルの提案] ボタンをクリックします