ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
GitHub AEは、現在限定リリース中です。詳細については営業チームにお問い合わせください。

Managing GitHub Actions settings for a repository

You can disable or configure GitHub Actions for a specific repository.

リポジトリの GitHub Actions 権限について

デフォルトでは、Enterprise上で有効化されると、GitHub ActionsはすべてのリポジトリとOrganizationで有効になります。 You can choose to disable GitHub Actions or limit them to local actions only, which means that people can only use actions that exist in your repository. GitHub Actions の詳細は、「GitHub Actionsについて」を参照してください。

リポジトリで GitHub Actions を有効化できます。 GitHub Actionsを有効化すると、ワークフローはリポジトリ内と、その他の任意のパブリックリポジトリ内のアクションを実行できるようになります。 リポジトリの GitHub Actions を完全に無効化することができます。 GitHub Actionsを無効化すると、リポジトリでワークフローが実行されなくなります。

または、リポジトリで GitHub Actions を有効化して、ワークフローで実行できるアクションを制限することもできます。 ローカルアクションのみを有効化した場合、ワークフローはリポジトリ、Organization、Enterprise内のアクションだけを実行できるようになります。

Configuring the retention period for GitHub Actions artifacts and logs in your repository

リポジトリ内の GitHub Actions アーティファクトとログの保持期間を設定できます。

デフォルトでは、ワークフローによって生成された成果物とログファイルは、90日間保持された後自動的に削除されます。 この保持の期間は、リポジトリの種類によって調整できます。

  • パブリックリポジトリの場合: この保持時間を1日から90日の間で変更できます。
  • プライベート、インターナル、GitHub Enterprise Serverリポジトリの場合: この保持期間を1日から400日の間で変更できます。

保持期間をカスタマイズした場合、適用されるのは新しい成果物とログファイルに対してであり、既存のオブジェクトにさかのぼっては適用されません。 管理されたリポジトリ及びOrganizationについては、最大の保持期間は管理するOrganizationあるいはEnterpriseによって設定された上限を超えることはできません。

ワークフローによって作成された特定のアーティファクトのカスタム保存期間を定義することもできます。 詳しい情報については、「アーティファクトの保持期間を設定する」を参照してください。

リポジトリの保持期間を設定する

  1. GitHub AEで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下で Settings(設定)をクリックしてください。 リポジトリの設定ボタン
  3. サイドバーでActions(アクション)をクリックしてください。
  4. Artifact and log retention duration(成果物とログの保持期間)の下で、新しい値を入力してください。
  5. Save(保存)をクリックして、変更を適用してください。

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?