Skip to main content

ネットワーク設定の構成

ネットワークで必要な DNS ネームサーバーとホスト名を使用して GitHub Enterprise Server を設定します。 プロキシサーバあるいはファイアウォールルールを設定することもできます。 管理及びユーザのために特定のポートへのアクセスを許可しなければなりません。
  • 仮想マシンのコンソールを使ったIPアドレスの設定

    デフォルトでは、GitHub Enterprise Server は動的ホスト構成プロトコル (DHCP) を通じてネットワーク設定を取得します。 利用するプラットフォームでサポートされている場合、あるいはDHCPが利用できない場合、ネットワーク設定を仮想マシンのコンソールを使って設定することもできます。

  • DNSネームサーバの設定

    GitHub Enterprise Server は、動的ホスト構成プロトコル (DHCP) のリースがネームサーバーを提供するときに、DNS 設定に対して DHCP を使用します。 ネームサーバがDHCPのリースで提供されない場合、あるいは特定のDNS設定を使う必要がある場合は、手動でネームサーバを指定できます。

  • ホスト名の設定

    アプライアンスには、ハードコードされたIPアドレスを使うのではなくホスト名を設定することをおすすめします。

  • ドメイン設定の検証

    your GitHub Enterprise Server instance を最初に起動する前に、ドメイン設定が適切に行われていることを確実にします。

  • TLSの設定

    信頼できる認証機関によって署名された証明書を使用できるように、your GitHub Enterprise Server instance で Transport Layer Security (TLS) を設定できます。

  • Subdomain Isolationの有効化

    Subdomain Isolation をセットアップすれば、ユーザーが提供したコンテンツを GitHub Enterprise Server アプライアンスの他の部分から安全に分離できるようになります。

  • アウトバウンドの Web プロキシ サーバーの設定

    プロキシ サーバーは、your GitHub Enterprise Server instance に追加のセキュリティのレベルをもたらしてくれます。

  • 組み込みファイアウォールのルール設定

    your GitHub Enterprise Server instance の既定のファイアウォール規則とカスタマイズされたルールを見ることができます。

  • ネットワーク ポート

    オープンするネットワークポートは、管理者、エンドユーザ、メールサポートへ公開する必要があるネットワークサービスに応じて選択してください。

  • GitHub Enterprise Server でロードバランサを使用する

    ロード バランサーを、単一の GitHub Enterprise Server インスタンス、あるいは高可用性構成のインスタンスのペアの前で使ってください。