Skip to main content

ネットワーク設定の構成

ネットワークで必要な DNS ネームサーバーとホスト名を使用して GitHub Enterprise Server を設定します。 プロキシサーバあるいはファイアウォールルールを設定することもできます。 管理及びユーザのために特定のポートへのアクセスを許可しなければなりません。
  • 仮想マシンのコンソールを使ったIPアドレスの設定

    デフォルトでは、GitHub Enterprise Server は動的ホスト構成プロトコル (DHCP) を通じてネットワーク設定を取得します。 利用するプラットフォームでサポートされている場合、あるいはDHCPが利用できない場合、ネットワーク設定を仮想マシンのコンソールを使って設定することもできます。

  • Configuring DNS nameservers

    GitHub Enterprise Server uses the dynamic host configuration protocol (DHCP) for DNS settings when DHCP leases provide nameservers. If nameservers are not provided by a dynamic host configuration protocol (DHCP) lease, or if you need to use specific DNS settings, you can specify the nameservers manually.

  • Configuring a hostname

    We recommend setting a hostname for your appliance instead of using a hard-coded IP address.

  • Validating your domain settings

    Ensure that your domain settings are properly configured before booting up your GitHub Enterprise Server instance for the first time.

  • Configuring TLS

    You can configure Transport Layer Security (TLS) on your GitHub Enterprise Server instance so that you can use a certificate that is signed by a trusted certificate authority.

  • Enabling subdomain isolation

    You can set up subdomain isolation to securely separate user-supplied content from other portions of your GitHub Enterprise Server appliance.

  • Configuring an outbound web proxy server

    A proxy server provides an additional level of security for your GitHub Enterprise Server instance.

  • Configuring built-in firewall rules

    You can view default firewall rules and customize rules for your GitHub Enterprise Server instance.

  • ネットワーク ポート

    オープンするネットワークポートは、管理者、エンドユーザ、メールサポートへ公開する必要があるネットワークサービスに応じて選択してください。

  • Using GitHub Enterprise Server with a load balancer

    Use a load balancer in front of a single GitHub Enterprise Server instance or a pair of instances in a High Availability configuration.