Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: 2023-01-18. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise にアップグレードします。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

Enabling GitHub Actions with MinIO storage

You can enable GitHub Actions on GitHub Enterprise Server and use MinIO storage to store data generated by workflow runs.

Who can use this feature

Site administrators can enable GitHub Actions and configure enterprise settings.

Prerequisites

Before enabling GitHub Actions, make sure you have completed the following steps:

  • Create your MinIO bucket for storing data generated by workflow runs. For more information about installing and configuring MinIO, see "MinIO High Performance Object Storage" and "mc mb" in the MinIO documentation.

    To avoid resource contention on the appliance, we recommend that MinIO be hosted separately from your GitHub Enterprise Server instance.

    GitHub Actionsは、バケットにアクセスするアクセスキーのために以下の権限を必要とします。

    • s3:PutObject
    • s3:GetObject
    • s3:ListBucketMultipartUploads
    • s3:ListMultipartUploadParts
    • s3:AbortMultipartUpload
    • s3:DeleteObject
    • s3:ListBucket
    • kms:GenerateDataKey (キー管理サービス (KMS) の暗号化が有効な場合)
  • Review the hardware requirements for GitHub Actions. For more information, see "Getting started with GitHub Actions for GitHub Enterprise Server."

  • TLS must be configured for your GitHub Enterprise Server instance's domain. For more information, see "Configuring TLS."

    Note: 信頼された認証局によって署名された証明書でGitHub Enterprise Server上のTLSを設定することを強くおすすめします。 自己署名証明書でも動作はしますが、セルフホストランナーに追加の設定が必要になり、プロダクションの環境では推奨されません。

  • your GitHub Enterprise Server instance に HTTP プロキシ サーバー が構成されている場合:

    • localhost127.0.0.1HTTP プロキシ除外 リストに追加する必要があります。
    • ご利用の外部ストレージの場所がルーティング不可能である場合は、該当する外部ストレージ URL も、除外リストに追加する必要があります。

    プロキシ設定の変更の詳細については、「アウトバウンドの Web プロキシ サーバーの構成」を参照してください。

Enabling GitHub Actions with MinIO storage

  1. GitHub Enterprise Server の管理アカウントから、任意のページの右上隅の をクリックします。

    サイト管理者設定にアクセスするための宇宙船アイコンのスクリーンショット

  2. [サイト管理者] ページにまだ表示されていない場合は、左上隅の [サイト管理者] をクリックします。

    [サイト管理者] リンクのスクリーンショット

  3. 左側のサイドバーで、 [Management Console] をクリックします。 左側のサイドバーの [[Management Console]] タブ

  4. 左側のサイドバーで、 [アクション] をクリックします。

    設定サイドバーのActionsタブ

  5. [GitHub Actions の有効化] を選択します。 GitHub Actions を有効にするチェックボックス

  6. Under "Artifact & Log Storage", select Amazon S3, and enter your storage bucket's details:

    • AWS Service URL: The URL to your MinIO service. For example, https://my-minio.example:9000.
    • AWS S3 Bucket: The name of your S3 bucket.
    • AWS S3 Access Key and AWS S3 Secret Key: The MINIO_ACCESS_KEY and MINIO_SECRET_KEY used for your MinIO instance.

    Radio button for selecting Amazon S3 Storage and fields for MinIO configuration

  7. Under "Artifact & Log Storage", select Force path style.

    Checkbox to Force path style

  8. [ストレージ設定のテスト] ボタンをクリックして、ストレージ設定を検証します。

    ストレージ設定の検証でエラーが発生した場合は、ストレージ プロバイダーで設定を確認し、もう一度やり直してください。

  9. 左側のサイドバーで、 [設定の保存] をクリックします。

    [Management Console] の [設定の保存] ボタンのスクリーンショット

    注: [Management Console] に設定を保存すると、システム サービスが再起動され、ユーザーに表示されるダウンタイムが発生する可能性があります。

  10. 設定の実行が完了するのを待ってください。

    インスタンスの設定

Next steps

After the configuration run has successfully completed, GitHub Actions will be enabled on your GitHub Enterprise Server instance. For your next steps, such as managing GitHub Actions access permissions and adding self-hosted runners, return to "Getting started with GitHub Actions for GitHub Enterprise Server."