Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: 2023-01-18. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise にアップグレードします。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

ネットワーク ポート

オープンするネットワークポートは、管理者、エンドユーザ、メールサポートへ公開する必要があるネットワークサービスに応じて選択してください。

管理ポート

your GitHub Enterprise Server instanceを構成し、特定の機能を実行するには、いくつかの管理ポートが必要です。 管理ポートは、エンドユーザが基本的なアプリケーションを利用するためには必要ありません。

Portサービス説明
8443HTTPS安全な Web ベースの [Management Console]。 基本的なインストールと設定に必要です。
8080HTTPプレーンテキストの Web ベースの [Management Console]。 TLS を手動で無効にしない限り必要ありません。
122SSHyour GitHub Enterprise Server instance用のシェル アクセス。 高可用性構成ではすべてのノード間の着信接続に対して開いている必要があります。 デフォルトの SSHポート (22) は Git と SSH のアプリケーションネットワークトラフィック専用です。
1194/UDPVPNHigh Availability設定でのセキュアなレプリケーションネットワークトンネル。 構成内のすべてのノード間の通信のために開いている必要があります。
123/UDPNTPtimeプロトコルの処理に必要。
161/UDPSNMPネットワークモニタリングプロトコルの処理に必要。

エンドユーザーのためのアプリケーションポート

アプリケーションのポートは、エンドユーザーにWebアプリケーションとGitへのアクセスを提供します。

Portサービス説明
443HTTPSWebアプリケーションとGit over HTTPSのアクセス。
80HTTPWeb アプリケーションへのアクセス。 TLS が構成されている場合、すべての要求は HTTPS ポートにリダイレクトされます。
22SSHGit over SSH へのアクセス。 パブリックとプライベートリポジトリへの clone、fetch、push 操作をサポートします。
9418GitGitプロトコルのポート。暗号化されないネットワーク通信でのパブリックなリポジトリへのclone及びfetch操作をサポートする。 インスタンスでプライベートモードを有効化した場合、このポートをオープンする必要があるのは、匿名Git読み取りアクセスも有効化している場合のみです。 詳細については、「Enterprise でリポジトリ管理ポリシーを適用する」を参照してください。

警告: ロード バランサーの HTTPS 接続を終了する場合、ロード バランサーから GitHub Enterprise Server への要求も HTTPS を使用する必要があります。 接続の HTTP へのダウングレードはサポートされません。

メールのポート

メールのポートは直接あるいはエンドユーザ用のインバウンドメールサポートのリレーを経由してアクセスできなければなりません。

Portサービス説明
25SMTP暗号化ありのSMTP(STARTTLS)のサポート。

GitHub Actions ポート

セルフホステッド ランナーがGitHub Actionsに接続されるには、your GitHub Enterprise Server instance ポートへのアクセスが可能である必要があります。 詳細については、セルフホステッド ランナーに関する記述をご覧ください。

Portサービス説明
443HTTPSセルフホステッド ランナーがyour GitHub Enterprise Server instanceに接続されると、ジョブの割り当てが送信され、ランナー アプリケーションの新しいバージョンがダウンロードされます。 TLS が構成されている場合は必須です。
80HTTPセルフホステッド ランナーがyour GitHub Enterprise Server instanceに接続されると、ジョブの割り当てが送信され、ランナー アプリケーションの新しいバージョンがダウンロードされます。 TLS が構成されていない場合は必須です。

GitHub.com アクションへの自動アクセスを有効にすると、GitHub.com をチェックする前に、これらのポートを介して、常に GitHub Actions によって、your GitHub Enterprise Server instanceに対するアクションの検索が最初に行われます。 詳細については、「GitHub Connect を使用して GitHub.com アクションへの自動アクセスを有効にする」を参照してください。

GitHub Connect ポート

GitHub Connect を有効にすると、GitHub Enterprise Server と GitHub.com の間の接続でポート 443 または 80 経由の HTTPS が使用され、TLS が必須になります。 詳しい情報については、「GitHub Connect について」を参照してください。

参考資料