Skip to main content

GitHub Enterprise Server アプライアンスで pre-receive フックを管理する

pre-receive フックの GitHub Enterprise Server アプライアンス内での利用方法を設定する

pre-receiveフックの作成

  1. GitHub Enterprise Server の右上で、ご自分のプロファイル写真をクリックしてから、 [Enterprise 設定] をクリックします。 GitHub Enterprise Server のプロファイル写真のドロップダウン メニューの [自分の Enterprise] 1. エンタープライズ アカウントのサイドバーで、 [設定] をクリックします。 エンタープライズ アカウントのサイドバー内の [設定] タブ 1. [ 設定] で、 [フック] をクリックします。 [Enterprise アカウント設定] サイドバーの [フック] タブ
  2. [Add pre-receive hook](pre-receive フックを追加する) をクリックします。 pre-receive フックを追加する
  3. [Hook name](フック名) フィールドに、作成するフックの名前を入力します。 pre-receive フックに名前を付ける
  4. [Environment](環境) ドロップダウン メニューから、フックを実行する環境を選びます。 フックの環境
  5. [Script](スクリプト) の下にある [Select hook repository](フック リポジトリの選択) ドロップダウン メニューから、pre-receive フック スクリプトを含むリポジトリを選びます。 [Select file](ファイルの選択) ドロップダウン メニューから、pre-receive フック スクリプトのファイル名を選びます。 フック スクリプト
  6. スクリプトを強制するには、 [Use the exit-status to accept or reject pushes](プッシュを受け入れるか拒否するかを終了ステータスで決める) を選びます。 このオプションの選択を外すと、終了ステータスの値が無視され、スクリプトをテストできるようになります。 このモードでは、スクリプトの出力はコマンドラインでユーザに見えますが、Web インターフェースには表示されません。 終了ステータスを使う
  7. すべてのリポジトリ上で pre-receive フックを実行する場合は、 [Enable this pre-receive hook on all repositories by default](既定ですべてのリポジトリ上でこの pre-receive フックを有効にする) を選びます。 すべてのリポジトリでフックを有効にする
  8. 管理者または所有者アクセス許可を持つ組織メンバーが、この pre-receive フックを有効にするか無効にするかを選択できるようにするには、 [Administrators can enable and disable this hook](管理者はこのフックを有効および無効にすることができる) を選びます。 管理者によるフックの有効化または無効化

pre-receiveフックの編集

  1. GitHub Enterprise Server の右上で、ご自分のプロファイル写真をクリックしてから、 [Enterprise 設定] をクリックします。 GitHub Enterprise Server のプロファイル写真のドロップダウン メニューの [自分の Enterprise] 1. エンタープライズ アカウントのサイドバーで、 [設定] をクリックします。 エンタープライズ アカウントのサイドバー内の [設定] タブ 1. [ 設定] で、 [フック] をクリックします。 [Enterprise アカウント設定] サイドバーの [フック] タブ
  2. 編集する pre-receive フックの横にある をクリックします。 pre-receive の編集

pre-receiveフックの削除

  1. GitHub Enterprise Server の右上で、ご自分のプロファイル写真をクリックしてから、 [Enterprise 設定] をクリックします。 GitHub Enterprise Server のプロファイル写真のドロップダウン メニューの [自分の Enterprise] 1. エンタープライズ アカウントのサイドバーで、 [設定] をクリックします。 エンタープライズ アカウントのサイドバー内の [設定] タブ 1. [ 設定] で、 [フック] をクリックします。 [Enterprise アカウント設定] サイドバーの [フック] タブ
  2. 削除する pre-receive フックの横にある をクリックします。 pre-receive の編集

Organizationのためのpre-receiveフックの設定

組織管理者が組織のフックのアクセス許可を構成できるのは、サイト管理者が pre-receive フックの作成時に [Administrators can enable and disable this hook](管理者はこのフックを有効および無効にすることができる) オプションを選んだ場合のみです。 リポジトリのpre-receiveフックを設定するには、Organizationの管理者もしくはオーナーでなければなりません。

  1. GitHub Enterprise Server の右上隅にあるプロファイル写真をクリックし、 [自分の Organization] をクリックします。 プロファイル メニューの組織 2. 組織の隣の [設定] をクリックします。 [設定] ボタン
  2. 左サイドバーにある [Hooks](フック) をクリックします。 フック サイドバー
  3. 設定する pre-receive フックの横にある [Hook permissions](フックのアクセス許可) ドロップダウン メニューをクリックします。 pre-receiveフックの有効化もしくは無効化を選択するか、リポジトリ管理者による設定を許可してください。 フックのアクセス許可

リポジトリのためのpre-receiveフックの設定

リポジトリ所有者がフックを構成できるのは、サイト管理者が pre-receive フックの作成時に [Administrators can enable and disable this hook](管理者はこのフックを有効および無効にすることができる) オプションを選んだ場合のみです。 組織で、組織所有者が [Configurable](構成可能) フックアクセス許可を選んでいる必要もあります。 リポジトリのpre-receiveフックを設定するには、リポジトリのオーナーでなければなりません。

  1. GitHub Enterprise Server の右上の自分のプロファイル写真をクリックし、 [自分のプロファイル] をクリックしてください。 プロファイル写真
  2. [Repositories](リポジトリ) をクリックし、pre-receive フックを構成するリポジトリを選びます。 リポジトリ 1. リポジトリ名の下の [ 設定] をクリックします。 リポジトリの設定ボタン
  3. 左サイドバーにある [Hooks & Services](フックとサービス) をクリックします。 フックとサービス
  4. 設定する pre-receive フックの横にある [Hook permissions](フックのアクセス許可) ドロップダウン メニューをクリックします。 pre-receiveフックを有効化するか無効化するかを選択してください。 リポジトリ フックのアクセス許可