Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: 2023-01-18. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise にアップグレードします。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

Configuring an outbound web proxy server

A proxy server provides an additional level of security for your GitHub Enterprise Server instance.

About proxies with GitHub Enterprise Server

When a proxy server is enabled for your GitHub Enterprise Server instance, outbound messages sent by GitHub Enterprise Server are first sent through the proxy server, unless the destination host is added as an HTTP proxy exclusion. Types of outbound messages include outgoing webhooks, uploading bundles, and fetching legacy avatars. The proxy server's URL is the protocol, domain or IP address, plus the port number, for example http://127.0.0.1:8123.

Note: To connect your GitHub Enterprise Server instance to GitHub.com, your proxy configuration must allow connectivity to github.com and api.github.com. For more information, see "Connecting your enterprise account to GitHub.com."

エンタープライズ用に GitHub Actions が有効になっている場合、HTTP プロキシのみがサポートされます。 SOCKS5 プロキシと HTTPS プロキシはサポートされていません。 For more information about using GitHub Actions with GitHub Enterprise Server, see "Getting started with GitHub Actions for GitHub Enterprise Server."

Configuring an outbound web proxy server

  1. GitHub Enterprise Server の管理アカウントから、任意のページの右上隅の をクリックします。

    サイト管理者設定にアクセスするための宇宙船アイコンのスクリーンショット

  2. [サイト管理者] ページにまだ表示されていない場合は、左上隅の [サイト管理者] をクリックします。

    [サイト管理者] リンクのスクリーンショット

  3. 左側のサイドバーで、 [Management Console] をクリックします。 左側のサイドバーの [[Management Console]] タブ

  4. 左側のサイドバーで、 [プライバシー] をクリックします。 設定サイドバーの [プライバシー] タブ

  5. Under HTTP Proxy Server, type the URL of your proxy server. Field to type the HTTP Proxy Server URL

  6. Optionally, under HTTP Proxy Exclusion, type any hosts that do not require proxy access, separating hosts with commas. To exclude all hosts in a domain from requiring proxy access, you can use . as a wildcard prefix. For example: .octo-org.tentacle Field to type any HTTP Proxy Exclusions

  7. 左側のサイドバーで、 [設定の保存] をクリックします。

    [Management Console] の [設定の保存] ボタンのスクリーンショット

    注: [Management Console] に設定を保存すると、システム サービスが再起動され、ユーザーに表示されるダウンタイムが発生する可能性があります。

  8. 設定の実行が完了するのを待ってください。

    インスタンスの設定