Skip to main content

Enterprise Server 3.3 release notes

September 21, 2022

📣 これは、Enterprise Server の最新リリースではありません。 最新のセキュリティ、パフォーマンス、バグ修正に関しては、最新のリリースをお使いください。

    Security fixes

  • HIGH: A GitHub App could use a scoped user-to-server token to bypass user authorization logic and escalate privileges.

  • MEDIUM: The use of a Unicode right-to-left override character in the list of accessible files for a GitHub App could obscure additional files that the app could access.

  • Packages have been updated to the latest security versions.

    Bug fixes

  • Installation of a TLS certificate failed when the certificate's subject string included UTF-8 characters.

  • Configuration runs could fail when retry-limit or retry-sleep-duration were manually set by an administrator using ghe-config.

  • In some cases, the Management Console's monitor dashboard would not load correctly.

  • Removed a non-functional link for exporting Management Console monitor graphs as a PNG image.

  • When sending a support bundle to GitHub Enterprise Support using ghe-support-upload, the -t option would not successfully associate the uploaded bundle with the specified ticket.

  • A link back to the security settings for the instance's enterprise account could render an incorrect view.

  • Git clones or fetches over SSH could experience data corruption for transfers over 1GB in size.

  • After a user deleted or restored packages from the web interface, counts for packages could render incorrectly.

  • After successful configuration of Dependabot and alert digest emails, the instance would not send digest emails.

  • Manually disabled GitHub Actions workflows in a repository were re-enabled if the repository received a push containing more than 2048 commits, or if the repository's default branch changed.

  • When using a VPC endpoint URL as an AWS S3 URL for GitHub Packages, publication and installation of packages failed.

    Known issues

  • After upgrading to GitHub Enterprise Server 3.3, GitHub Actions may fail to start automatically. To resolve this issue, connect to the appliance via SSH and run the ghe-actions-start command.

  • On a freshly set up GitHub Enterprise Server instance without any users, an attacker could create the first admin user.

  • Custom firewall rules are removed during the upgrade process.

  • Git LFS tracked files uploaded through the web interface are incorrectly added directly to the repository.

  • Issues cannot be closed if they contain a permalink to a blob in the same repository, where the blob's file path is longer than 255 characters.

  • When "Users can search GitHub.com" is enabled with GitHub Connect, issues in private and internal repositories are not included in GitHub.com search results.

  • The GitHub Packages npm registry no longer returns a time value in metadata responses. This was done to allow for substantial performance improvements. We continue to have all the data necessary to return a time value as part of the metadata response and will resume returning this value in the future once we have solved the existing performance issues.

  • Resource limits that are specific to processing pre-receive hooks may cause some pre-receive hooks to fail.

  • GitHub Actions storage settings cannot be validated and saved in the [Management Console] when "Force Path Style" is selected, and must instead be configured with the ghe-actions-precheck command line utility.

  • GitHub Advanced Security をご利用のお客様が GitHub Enterprise Server 3.5 以降にアップグレードした場合、Web UI と REST API でシークレット スキャンからのアラートが表示されなくなることがあります。 以前と同様にアラートが表示されるようにするには、以前のリリースから 3.5 以降にアップグレードするときに 3.4 をスキップしないでください。 修正プログラムは、3.5.5 および 3.6.1 パッチ リリースで入手できます。

    3.4 を介したアップグレードを計画する場合は、アップグレード アシスタントに関する記事を参照してください。 [更新日: 2022-09-01]

  • Hotpatch upgrades to GitHub Enterprise Server may fail. Upgrades with the full .pkg are unaffected. If the upgrade fails for your instance, either run the full .pkg upgrade, or work around the issue by performing the following steps.

    1. SSH into the affected node.

    2. To launch GRUB, run the following command.

      sudo dpkg --configure -a
      
    3. In the first GRUB window, you will see a list of devices. Do not modify the selection. Press the Tab key to highlight <Ok>, then press Return/Enter to accept.

    4. In the second GRUB window, to continue without installing GRUB, use the arrow keys to highlight <Yes>, then press Return/Enter to accept.

    5. After you are returned to the prompt, use ghe-upgrade to start the hotpatch installation again.

    If you're unable to upgrade, or if you need further assistance, contact GitHub Support. For more information, see "Creating a support ticket." [Updated: 2022-09-27]

August 30, 2022

📣 これは、このリリース シリーズの最新パッチ リリースではなく、これは Enterprise Server の最新リリースではありません。 最新のセキュリティ、パフォーマンス、バグ修正に関しては、最新のリリースをお使いください。

    Bug fixes

  • 一時的なアクセスのためにリポジトリのロックを解除した後、サイト管理者はリポジトリのセキュリティ製品の設定を管理できませんでした。

  • 管理コンソールと /home/admin/.ssh/authorized_keys ファイルの両方に、重複する管理 SSH キーが表示されることがありました。

  • 場合によっては、ghe-cluster-config-apply を実行して空の構成をクラスターの既存のノードにレプリケートできました。

  • ghe-config-apply で開始された構成の実行が、完了しないこと、またはContainer count mismatch エラーを返すことがありました。

  • GitHub Enterprise Server インスタンス上の自己署名 TLS 証明書を更新した後、Web インターフェイスの一部のページの UI 要素が表示されませんでした。

  • 場合によっては、スレッドセーフではないにも関わらず同時に使われたライブラリのため、バックグラウンド タスクが停止することがありました。

    Known issues

  • GitHub Enterprise Server 3.3 にアップグレードした後、GitHub Actions が自動的に開始しないことがあります。この問題を解決するには、SSH を使ってアプライアンスに接続し、ghe-actions-start コマンドを実行します。

  • GitHub Enterprise Server インスタンスを設定したばかりでユーザーがいない場合、攻撃者が最初の管理者ユーザーを作成できました。

  • カスタムのファイアウォール規則は、アップグレード プロセス中に削除されます。

  • Web インターフェイスからアップロードされた Git LFS 追跡ファイルが誤ってリポジトリに直接追加されます。

  • 同じリポジトリ内の BLOB への固定リンクが含まれ、その BLOB のファイル パスが 255 文字を超える場合、issue をクローズできません。

  • GitHub Connect で [Users can search GitHub.com](ユーザーが GitHub.com を検索できる) が有効になっている場合、プライベートおよび内部リポジトリの issue は GitHub.com の検索結果に含まれません。

  • GitHub Packages npm レジストリが、メタデータ応答で時刻値を返さなくなります。これは、パフォーマンスの大幅な向上を見込んで行われました。メタデータ応答の一部として時刻値を返すために必要なすべてのデータを引き続き保持します。また、既存のパフォーマンスの問題を解決したら、将来的にはこの値を再び返す予定です。

  • pre-receive フックの処理に固有のリソース制限が、一部の pre-receive フックのエラーを引き起こす場合があります。

  • [Force Path Style](パス スタイルの強制) がオンになっていると、GitHub Actions のストレージ設定を検証して [Management Console] に保存することができず、代わりに ghe-actions-precheck コマンド ライン ユーティリティで構成する必要があります。

  • GitHub Advanced Security をご利用のお客様が GitHub Enterprise Server 3.5 以降にアップグレードした場合、Web UI と REST API でシークレット スキャンからのアラートが表示されなくなることがあります。 以前と同様にアラートが表示されるようにするには、以前のリリースから 3.5 以降にアップグレードするときに 3.4 をスキップしないでください。 修正プログラムは、3.5.5 および 3.6.1 パッチ リリースで入手できます。

    3.4 を介したアップグレードを計画する場合は、アップグレード アシスタントに関する記事を参照してください。 [更新日: 2022-09-01]

August 11, 2022

📣 これは、このリリース シリーズの最新パッチ リリースではなく、これは Enterprise Server の最新リリースではありません。 最新のセキュリティ、パフォーマンス、バグ修正に関しては、最新のリリースをお使いください。

    Security fixes

  • CRITICAL: GitHub Enterprise Server's Elasticsearch container used a version of OpenJDK 8 that was vulnerable to an integer truncation issue when processing malicious XSLT stylesheets. The vulnerability is tracked as CVE-2022-34169.

  • HIGH: Previously installed apps on user accounts were automatically granted permission to access an organization on scoped access tokens after the user account was transformed into an organization account. This vulnerability was reported via the GitHub Bug Bounty program.

    Bug fixes

  • When a custom dormancy threshold was set for the instance, suspending all dormant users did not reliably respect the threshold. For more information about dormancy, see "Managing dormant users."

    Known issues

  • After upgrading to GitHub Enterprise Server 3.3, GitHub Actions may fail to start automatically. To resolve this issue, connect to the appliance via SSH and run the ghe-actions-start command.

  • On a freshly set up GitHub Enterprise Server instance without any users, an attacker could create the first admin user.

  • Custom firewall rules are removed during the upgrade process.

  • Git LFS tracked files uploaded through the web interface are incorrectly added directly to the repository.

  • Issues cannot be closed if they contain a permalink to a blob in the same repository, where the blob's file path is longer than 255 characters.

  • When "Users can search GitHub.com" is enabled with GitHub Connect, issues in private and internal repositories are not included in GitHub.com search results.

  • The GitHub Packages npm registry no longer returns a time value in metadata responses. This was done to allow for substantial performance improvements. We continue to have all the data necessary to return a time value as part of the metadata response and will resume returning this value in the future once we have solved the existing performance issues.

  • Resource limits that are specific to processing pre-receive hooks may cause some pre-receive hooks to fail.

  • GitHub Actions storage settings cannot be validated and saved in the [Management Console] when "Force Path Style" is selected, and must instead be configured with the ghe-actions-precheck command line utility.

  • GitHub Advanced Security をご利用のお客様が GitHub Enterprise Server 3.5 以降にアップグレードした場合、Web UI と REST API でシークレット スキャンからのアラートが表示されなくなることがあります。 以前と同様にアラートが表示されるようにするには、以前のリリースから 3.5 以降にアップグレードするときに 3.4 をスキップしないでください。 修正プログラムは、3.5.5 および 3.6.1 パッチ リリースで入手できます。

    3.4 を介したアップグレードを計画する場合は、アップグレード アシスタントに関する記事を参照してください。 [更新日: 2022-09-01]

July 21, 2022

📣 これは、このリリース シリーズの最新パッチ リリースではなく、これは Enterprise Server の最新リリースではありません。 最新のセキュリティ、パフォーマンス、バグ修正に関しては、最新のリリースをお使いください。

    Security fixes

  • : サーバー側リクエスト フォージェリ (SSRF) によって Subversion (SVN) ブリッジを強制し、任意のデータを Memcached に挿入することによりリモート コードを実行する可能性のある攻撃を防ぎます。

  • : 攻撃者が GitHub Enterprise Server Web インターフェイス内のドロップダウン UI 要素でクロスサイト スクリプティング (XSS) の脆弱性を悪用することにより、JavaScript のコードを実行するのを防ぎます。

  • Grafana をバージョン 7.5.16 に更新します。これにより、CVE-2020-13379CVE-2022-21702 などのさまざまなセキュリティの脆弱性が対処されます。

  • パッケージは最新のセキュリティ バージョンに更新されました。

  • : GitHub Enterprise Server で、任意の属性のインジェクションを可能にする格納された XSS の脆弱性が見つかりました。このインジェクションは、Github の Content Security Policy (CSP) によってブロックされました。この脆弱性は、GitHub Bug Bounty プログラムを通じて報告され、CVE-2022-23733 を割り当てられました。[更新日: 2022-07-31]

    Bug fixes

  • 解凍ツールを使って解凍すると成果物の zip アーカイブ内のファイルのアクセス許可が 000 になった問題を修正しました。現在は、GitHub.com での動作と同じように、ファイルのアクセス許可は 644 に設定されます。

  • collectd デーモンのメモリ消費が多すぎることがありました。

  • 場合によっては、ローテーションされたログ ファイルのバックアップが蓄積し、ストレージを消費し過ぎることがありました。

  • 新しい機能リリースにアップグレードしてから構成を実行した後、インデックスの再構築の間に Elasticsearch が過剰な例外をログすることがありました。

  • 複数の承認レビューを必要とする保護されたブランチで、pull request がマージされる承認レビューが必要な数より少ない場合がありました。

  • LDAP 認証を使うインスタンスで、ユーザー名とパスワード両方のテキスト フィールドが表示されていると、sudo モードの認証プロンプトにより、既定でカーソルがパスワード フィールド内に誤って配置されました。

    Changes

  • インスタンスが回復モードで起動されるとき、ghe-set-password コマンド ラインユーティリティは必要なサービスを自動的に開始します。

  • aqueduct バックグラウンド プロセスのメトリックが Collectd 転送について収集され、管理コンソールに表示されます。

  • データベース移行と構成実行のログの場所 /data/user/common/ghe-config.log が、進行中の移行の詳細のページに表示されるようになります。

    Known issues

  • GitHub Enterprise Server 3.3 にアップグレードした後、GitHub Actions が自動的に開始しないことがあります。この問題を解決するには、SSH を使ってアプライアンスに接続し、ghe-actions-start コマンドを実行します。

  • GitHub Enterprise Server インスタンスを設定したばかりでユーザーがいない場合、攻撃者が最初の管理者ユーザーを作成できました。

  • カスタムのファイアウォール規則は、アップグレード プロセス中に削除されます。

  • Web インターフェイスからアップロードされた Git LFS 追跡ファイルが誤ってリポジトリに直接追加されます。

  • 同じリポジトリ内の BLOB への固定リンクが含まれ、その BLOB のファイル パスが 255 文字を超える場合、issue をクローズできません。

  • GitHub Connect で [Users can search GitHub.com](ユーザーが GitHub.com を検索できる) が有効になっている場合、プライベートおよび内部リポジトリの issue は GitHub.com の検索結果に含まれません。

  • GitHub Packages npm レジストリが、メタデータ応答で時刻値を返さなくなります。これは、パフォーマンスの大幅な向上を見込んで行われました。メタデータ応答の一部として時刻値を返すために必要なすべてのデータを引き続き保持します。また、既存のパフォーマンスの問題を解決したら、将来的にはこの値を再び返す予定です。

  • pre-receive フックの処理に固有のリソース制限が、一部の pre-receive フックのエラーを引き起こす場合があります。

  • [Force Path Style](パス スタイルの強制) がオンになっていると、GitHub Actions のストレージ設定を検証して [Management Console] に保存することができず、代わりに ghe-actions-precheck コマンド ライン ユーティリティで構成する必要があります。

  • GitHub Advanced Security をご利用のお客様が GitHub Enterprise Server 3.5 以降にアップグレードした場合、Web UI と REST API でシークレット スキャンからのアラートが表示されなくなることがあります。 以前と同様にアラートが表示されるようにするには、以前のリリースから 3.5 以降にアップグレードするときに 3.4 をスキップしないでください。 修正プログラムは、3.5.5 および 3.6.1 パッチ リリースで入手できます。

    3.4 を介したアップグレードを計画する場合は、アップグレード アシスタントに関する記事を参照してください。 [更新日: 2022-09-01]

June 28, 2022

📣 これは、このリリース シリーズの最新パッチ リリースではなく、これは Enterprise Server の最新リリースではありません。 最新のセキュリティ、パフォーマンス、バグ修正に関しては、最新のリリースをお使いください。

    Security fixes

  • : サーバー側セキュリティ フォージェリ (SSRF) 攻撃の可能性を防ぐため、github.company.comgithub-company.com が内部サービスによって同じホスト名として評価されないようにします。

  • : 外部ファイアウォール規則によって HTTP アクセスがブロックされている場合であっても、攻撃者は、HTTP 経由のパス トラバーサル攻撃で管理コンソールにアクセスできました。

  • パッケージは最新のセキュリティ バージョンに更新されました。

    Bug fixes

  • サイト管理者が Enterprise 所有者として自動的に追加されないことがありました。

  • ブランチを既定のブランチにマージした後も、ファイルの [履歴] リンクが、ターゲット ブランチではなく、前のブランチにまだリンクしていました。

    Changes

  • 特定のフィールド (名前など) の値が長すぎた場合、チェック実行またはチェック スイートを作成または更新すると、500 Internal Server Error が返されました。

    Known issues

  • GitHub Enterprise Server 3.3 にアップグレードした後、GitHub Actions が自動的に開始しないことがあります。この問題を解決するには、SSH を使ってアプライアンスに接続し、ghe-actions-start コマンドを実行します。

  • GitHub Enterprise Server インスタンスを設定したばかりでユーザーがいない場合、攻撃者が最初の管理者ユーザーを作成できました。

  • カスタムのファイアウォール規則は、アップグレード プロセス中に削除されます。

  • Web インターフェイスからアップロードされた Git LFS 追跡ファイルが誤ってリポジトリに直接追加されます。

  • 同じリポジトリ内の BLOB への固定リンクが含まれ、その BLOB のファイル パスが 255 文字を超える場合、issue をクローズできません。

  • GitHub Connect で [Users can search GitHub.com](ユーザーが GitHub.com を検索できる) が有効になっている場合、プライベートおよび内部リポジトリの issue は GitHub.com の検索結果に含まれません。

  • GitHub Packages npm レジストリが、メタデータ応答で時刻値を返さなくなります。これは、パフォーマンスの大幅な向上を見込んで行われました。メタデータ応答の一部として時刻値を返すために必要なすべてのデータを引き続き保持します。また、既存のパフォーマンスの問題を解決したら、将来的にはこの値を再び返す予定です。

  • pre-receive フックの処理に固有のリソース制限が、一部の pre-receive フックのエラーを引き起こす場合があります。

  • [Force Path Style](パス スタイルの強制) がオンになっていると、GitHub Actions のストレージ設定を検証して [Management Console] に保存することができず、代わりに ghe-actions-precheck コマンド ライン ユーティリティで構成する必要があります。

  • GitHub Advanced Security をご利用のお客様が GitHub Enterprise Server 3.5 以降にアップグレードした場合、Web UI と REST API でシークレット スキャンからのアラートが表示されなくなることがあります。 以前と同様にアラートが表示されるようにするには、以前のリリースから 3.5 以降にアップグレードするときに 3.4 をスキップしないでください。 修正プログラムは、3.5.5 および 3.6.1 パッチ リリースで入手できます。

    3.4 を介したアップグレードを計画する場合は、アップグレード アシスタントに関する記事を参照してください。 [更新日: 2022-09-01]

June 09, 2022

📣 これは、このリリース シリーズの最新パッチ リリースではなく、これは Enterprise Server の最新リリースではありません。 最新のセキュリティ、パフォーマンス、バグ修正に関しては、最新のリリースをお使いください。

    Security fixes

  • パッケージは最新のセキュリティ バージョンに更新されました。

    Bug fixes

  • GitHub Enterprise Server 構成ファイル内のホスト名を検証するための内部スクリプトは、ホスト名の文字列が "." (ピリオド文字) で始まっている場合、エラーを返しました。

  • プライマリ ノードのホスト名が 60 文字より長い HA 構成では、MySQL の構成が失敗しました

  • --gateway 引数が ghe-setup-network コマンドに追加され、コマンド ラインを使ってネットワーク設定を構成するときに、ゲートウェイ アドレスを渡せるようになりました。

  • 画像添付ファイルが削除された場合、404 Not Found エラーではなく 500 Internal Server Error が返されました。

  • サイト管理者ダッシュボードで報告される "インスタンス全体の最大コミッター数" の計算が、正しくありませんでした。

  • GitHub Enterprise Server Backup Utilities を使って復元を実行するとき、リポジトリ レプリカのデータベース エントリが正しくないと、データベースが破損しました。

    Changes

  • クラスター サポート バンドルを生成するときのメトリックの包含を最適化しました。

  • Elasticsearch が有効な黄色状態を報告する HA 構成では、前の修正で行われた変更により、ghe-repl-stop コマンドがブロックされ、レプリケーションを停止できません。サービスが通常状態または有効な黄色状態のときに、ghe-repo-stop --force を使うと、Elasticsearch が強制的に停止されるようになります。

  • ghe-migrator を使うか、GitHub.com からエクスポートすると、移行による pull request の添付ファイルのエクスポートが失敗します。

    Known issues

  • GitHub Enterprise Server 3.3 にアップグレードした後、GitHub Actions が自動的に開始しないことがあります。この問題を解決するには、SSH を使ってアプライアンスに接続し、ghe-actions-start コマンドを実行します。

  • GitHub Enterprise Server インスタンスを設定したばかりでユーザーがいない場合、攻撃者が最初の管理者ユーザーを作成できました。

  • カスタムのファイアウォール規則は、アップグレード プロセス中に削除されます。

  • Web インターフェイスからアップロードされた Git LFS 追跡ファイルが誤ってリポジトリに直接追加されます。

  • 同じリポジトリ内の BLOB への固定リンクが含まれ、その BLOB のファイル パスが 255 文字を超える場合、issue をクローズできません。

  • GitHub Connect で [Users can search GitHub.com](ユーザーが GitHub.com を検索できる) が有効になっている場合、プライベートおよび内部リポジトリの issue は GitHub.com の検索結果に含まれません。

  • GitHub Packages npm レジストリが、メタデータ応答で時刻値を返さなくなります。これは、パフォーマンスの大幅な向上を見込んで行われました。メタデータ応答の一部として時刻値を返すために必要なすべてのデータを引き続き保持します。また、既存のパフォーマンスの問題を解決したら、将来的にはこの値を再び返す予定です。

  • pre-receive フックの処理に固有のリソース制限が、一部の pre-receive フックのエラーを引き起こす場合があります。

  • [Force Path Style](パス スタイルの強制) がオンになっていると、GitHub Actions のストレージ設定を検証して [Management Console] に保存することができず、代わりに ghe-actions-precheck コマンド ライン ユーティリティで構成する必要があります。

  • GitHub Advanced Security をご利用のお客様が GitHub Enterprise Server 3.5 以降にアップグレードした場合、Web UI と REST API でシークレット スキャンからのアラートが表示されなくなることがあります。 以前と同様にアラートが表示されるようにするには、以前のリリースから 3.5 以降にアップグレードするときに 3.4 をスキップしないでください。 修正プログラムは、3.5.5 および 3.6.1 パッチ リリースで入手できます。

    3.4 を介したアップグレードを計画する場合は、アップグレード アシスタントに関する記事を参照してください。 [更新日: 2022-09-01]

May 17, 2022

📣 これは、このリリース シリーズの最新パッチ リリースではなく、これは Enterprise Server の最新リリースではありません。 最新のセキュリティ、パフォーマンス、バグ修正に関しては、最新のリリースをお使いください。

    Security fixes

  • 中: nginx リゾルバーでセキュリティの問題が見つかりました。DNS サーバーからの UDP パケットを偽造できる攻撃者は、1 バイトのメモリを上書きして、ワーカー プロセスをクラッシュさせたり、損傷を与える可能性がある影響を及ぼすことができました。この脆弱性には、CVE-2021-23017 が割り当てられました。

  • Git セキュリティ適用ブログ記事で発表された脆弱性に対処するため、actions/checkout@v2actions/checkout@v3 アクションを更新しました。

  • パッケージは最新のセキュリティ バージョンに更新されました。

    Bug fixes

  • 一部のクラスター トポロジでは、ghe-cluster-status コマンドで /tmp に空のディレクトリが残りました。

  • SNMP により、多数の Cannot statfs エラー メッセージが syslog に誤ってログされました

  • SAML 認証で構成され、組み込みフォールバックが有効になっているインスタンスでは、組み込みユーザーが、ログアウトした後で生成されたページからサインインしようとすると、"ログイン" ループでスタックしていました。

  • /stafftools/repositories/:owner/:repo/disk ページから git fsck の出力を表示しようとすると、500 Internal Server Error で失敗しました。

  • SAML で暗号化されたアサーションを使うと、一部のアサーションが SSH キーを検証済みとして正しくマークしませんでした。

  • issue コメントにアップロードされたビデオが、適切にレンダリングされませんでした。

  • リポジトリ ページでファイル ファインダーを使い、検索フィールド内でバックスペース キーを押すと、検索結果が何回も一覧表示され、レンダリングの問題が発生しました。

  • GitHub Enterprise Importer を使ってリポジトリをインポートすると、誤って構成されたプロジェクト タイムライン イベントのため、一部の issue がインポートされませんでした。

  • ghe-migrator を使うと、issue と pull request のビデオ添付ファイルが、移行でインポートされませんでした。

  • 非 ASCII 文字を含むタグがリポジトリにあると、[リリース] ページで 500 エラーが返されました。 [更新日: 2022-06-10]

    Changes

  • 高可用性の構成では、管理コンソールのレプリケーション概要ページに、現在のレプリケーション構成だけが表示され、現在のレプリケーション状態は表示されないことに注意してください。

  • GitHub Packages を有効にした場合、接続文字列としての Shared Access Signature (SAS) トークンの使用は現在サポートされていないことに注意してください。

  • サポート バンドルに、MySQL に格納されているテーブルの行数が含まれるようになりました。

  • メンテナンスをスケジュールするリポジトリ ネットワークを決定するとき、到達できないオブジェクトのサイズはカウントされなくなりました。

  • run_started_at 応答フィールドが、ワークフロー実行 APIworkflow_run イベント Webhook ペイロードに含まれるようになりました。

    Known issues

  • GitHub Enterprise Server 3.3 にアップグレードした後、GitHub Actions が自動的に開始しないことがあります。この問題を解決するには、SSH を使ってアプライアンスに接続し、ghe-actions-start コマンドを実行します。

  • GitHub Enterprise Server インスタンスを設定したばかりでユーザーがいない場合、攻撃者が最初の管理者ユーザーを作成できました。

  • カスタムのファイアウォール規則は、アップグレード プロセス中に削除されます。

  • Web インターフェイスからアップロードされた Git LFS 追跡ファイルが誤ってリポジトリに直接追加されます。

  • 同じリポジトリ内の BLOB への固定リンクが含まれ、その BLOB のファイル パスが 255 文字を超える場合、issue をクローズできません。

  • GitHub Connect で [Users can search GitHub.com](ユーザーが GitHub.com を検索できる) が有効になっている場合、プライベートおよび内部リポジトリの issue は GitHub.com の検索結果に含まれません。

  • GitHub Packages npm レジストリが、メタデータ応答で時刻値を返さなくなります。これは、パフォーマンスの大幅な向上を見込んで行われました。メタデータ応答の一部として時刻値を返すために必要なすべてのデータを引き続き保持します。また、既存のパフォーマンスの問題を解決したら、将来的にはこの値を再び返す予定です。

  • pre-receive フックの処理に固有のリソース制限が、一部の pre-receive フックのエラーを引き起こす場合があります。

  • [Force Path Style](パス スタイルの強制) がオンになっていると、GitHub Actions のストレージ設定を検証して [Management Console] に保存することができず、代わりに ghe-actions-precheck コマンド ライン ユーティリティで構成する必要があります。

  • GitHub Advanced Security をご利用のお客様が GitHub Enterprise Server 3.5 以降にアップグレードした場合、Web UI と REST API でシークレット スキャンからのアラートが表示されなくなることがあります。 以前と同様にアラートが表示されるようにするには、以前のリリースから 3.5 以降にアップグレードするときに 3.4 をスキップしないでください。 修正プログラムは、3.5.5 および 3.6.1 パッチ リリースで入手できます。

    3.4 を介したアップグレードを計画する場合は、アップグレード アシスタントに関する記事を参照してください。 [更新日: 2022-09-01]

April 20, 2022

📣 これは、このリリース シリーズの最新パッチ リリースではなく、これは Enterprise Server の最新リリースではありません。 最新のセキュリティ、パフォーマンス、バグ修正に関しては、最新のリリースをお使いください。

    Security fixes

  • パッケージは最新のセキュリティ バージョンに更新されました。

    Bug fixes

  • マニフェスト ファイルがリポジトリから削除されるとき、マニフェストがリポジトリの [Dependency graph](依存関係グラフ) ページから削除されていませんでした。

  • GitHub Actions の成果物の取得とログ アーカイブのダウンロードが常に失敗するようになった回帰を解決しました。状況によっては、localhost を使用する内部通信用の URL の解決を停止し、代わりにインスタンスのホスト名を誤って使用していました。

  • 高可用性のノードをアップグレード パッケージとペアでアップグレードすると、Elasticsearch が不整合な状態になる場合があります。

  • .backup という拡張子のローテーションされるログ ファイルが、システム ログを格納するディレクトリにたまっていました。

  • 一部のクラスター トポロジでは、コマンド ライン ユーティリティ ghe-spokesctlghe-btop の実行に失敗する場合があります。

  • elasticsearch-upgrade サービスが並行して複数回実行されるため、パッケージのアップグレード時に Elasticsearch インデックスが複製される可能性があります。

  • pull request ビューとコミット ビューで、Git LFS によって追跡されている一部のファイルを、リッチ差分で読み込むことができませんでした。

  • ユーザー アカウントを組織に変換したとき、ユーザー アカウントが GitHub Enterprise Server Enterprise アカウントの所有者だった場合、変換された組織が Enterprise 所有者一覧に誤って表示されます。

  • Enterprise Administration REST API を使用して権限借用 OAuth トークンを作成すると、OAuth アプリケーション ID に一致する統合が既に存在する場合、エラーが発生していました。

  • Secret Scanning REST API で、検出されたシークレットに UTF8 文字が含まれていると、500 応答コードが返されました。

  • データがローカル キャッシュの場所にある場合でも、リポジトリ キャッシュ サーバーがキャッシュではない場所からデータを提供することがありました。

    Changes

  • 構成適用の実行を停止する構成エラーが、構成ログに加えてターミナルに出力するようになりました。

  • Memcached で許可される最大値より大きい値をキャッシュしようとすると、エラーが発生しますが、キーは報告されませんでした。

  • インスタンスで GitHub Advanced Security 機能が有効になっている場合、リポジトリ コントリビューションのバッチを処理すると、バックグラウンド ジョブのパフォーマンスが向上します。

    Known issues

  • GitHub Enterprise Server 3.3 にアップグレードした後、GitHub Actions が自動的に開始しないことがあります。この問題を解決するには、SSH を使ってアプライアンスに接続し、ghe-actions-start コマンドを実行します。

  • GitHub Enterprise Server インスタンスを設定したばかりでユーザーがいない場合、攻撃者が最初の管理者ユーザーを作成できました。

  • カスタムのファイアウォール規則は、アップグレード プロセス中に削除されます。

  • Web インターフェイスからアップロードされた Git LFS 追跡ファイルが誤ってリポジトリに直接追加されます。

  • 同じリポジトリ内の BLOB への固定リンクが含まれ、その BLOB のファイル パスが 255 文字を超える場合、issue をクローズできません。

  • GitHub Connect で [Users can search GitHub.com](ユーザーが GitHub.com を検索できる) が有効になっている場合、プライベートおよび内部リポジトリの issue は GitHub.com の検索結果に含まれません。

  • GitHub Packages npm レジストリが、メタデータ応答で時刻値を返さなくなります。これは、パフォーマンスの大幅な向上を見込んで行われました。メタデータ応答の一部として時刻値を返すために必要なすべてのデータを引き続き保持します。また、既存のパフォーマンスの問題を解決したら、将来的にはこの値を再び返す予定です。

  • pre-receive フックの処理に固有のリソース制限が、一部の pre-receive フックのエラーを引き起こす場合があります。

  • [Force Path Style](パス スタイルの強制) がオンになっていると、GitHub Actions のストレージ設定を検証して [Management Console] に保存することができず、代わりに ghe-actions-precheck コマンド ライン ユーティリティで構成する必要があります。

  • GitHub Enterprise Server 3.3 のインスタンスを Azure にインストールし、32 個以上の CPU コアでプロビジョニングすると、現在の Linux カーネルに存在するバグのため、起動しませんでした。 [更新日: 2022-04-08]

  • GitHub Advanced Security をご利用のお客様が GitHub Enterprise Server 3.5 以降にアップグレードした場合、Web UI と REST API でシークレット スキャンからのアラートが表示されなくなることがあります。 以前と同様にアラートが表示されるようにするには、以前のリリースから 3.5 以降にアップグレードするときに 3.4 をスキップしないでください。 修正プログラムは、3.5.5 および 3.6.1 パッチ リリースで入手できます。

    3.4 を介したアップグレードを計画する場合は、アップグレード アシスタントに関する記事を参照してください。 [更新日: 2022-09-01]

April 04, 2022

📣 これは、このリリース シリーズの最新パッチ リリースではなく、これは Enterprise Server の最新リリースではありません。 最新のセキュリティ、パフォーマンス、バグ修正に関しては、最新のリリースをお使いください。

    Security fixes

  • 中: GitHub Enterprise Server 管理コンソールでパス走査の脆弱性が確認されました。これにより、CSRF 保護のバイパスが可能になりました。この脆弱性により、3.5 より前の GitHub Enterprise Server のすべてのバージョンが影響を受けます。バージョン 3.1.19、3.2.11、3.3.6、3.4.1 で修正されました。この脆弱性は、GitHub Bug Bounty プログラムから報告され、CVE-2022-23732 が割り当てられました。

  • 中: yajil の 1.x ブランチと 2.x ブランチで整数オーバーフローの脆弱性が確認されました。これは、大規模入力 (~2GB) の処理時に後続のヒープ メモリが破損する原因になります。この脆弱性は内部的に報告され、CVE-2022-24795 が割り当てられました。

  • GitHub Actions が有効にされた場合、サポート バンドルには機密ファイルが含まれている可能性があります。

  • パッケージは最新のセキュリティ バージョンに更新されました。

    Bug fixes

  • Dependabot を有効にすると、エラーによって一部のセキュリティ アドバイザリが適用されなくなったものとして一時的に表示されました。

  • GitHub Enterprise Server をアップグレードした後、古い構成オプションが存在すると、Minio プロセスの CPU 使用率が高くなりました。

  • 以前のリリースでこれらのプロトコル バージョンの削除が行われたにもかかわらず、管理コンソールの [プライバシー] 設定の TLS 1.0TLS 1.1 を有効にするオプションが表示されていました。

  • HA 環境では、MSSQL レプリケーションを構成するには、GitHub Actions を初めて有効にした後で追加の手動手順が必要な場合がありました。

  • ホットパッチの後、内部構成ファイルのサブセットの更新がより確実に行われます。

  • ghe-run-migrations スクリプトでは、一時証明書名の生成が正しく行われない場合があります。

  • クラスター環境では、複数の Web ノードにわたる内部 API 呼び出しの失敗とともに、Git LFS 操作が失敗する可能性があります。

  • syscall 権限が不十分なため、gpg --import を使用する pre-receive フックがタイムアウトしました。

  • 一部のクラスター トポロジでは、webhook デリバリー情報が利用できませんでした。

  • Elasticsearch 正常性チェックでは、移行の実行時に黄色のクラスター状態は許可されません。

  • リポジトリの Web UI に機能しない [Discussions](ディスカッション) タブが表示されました。

  • ユーザーがそのユーザー アカウントを組織に変換した結果として作成された組織は、グローバル Enterprise アカウントに追加されませんでした。

  • アクセスできないページへのリンクは削除されていました。

  • 保留中のジョブをレンダリングすると、GitHub Actions のデプロイ グラフにエラーが表示されました。

  • 大量の不必要なバックグラウンド ジョブがキューに格納されたため、一部のインスタンスの CPU 使用率が高くなりました。

  • LDAP ユーザー同期ジョブが、前に同期された GPG キーを同期しようとして失敗しました。

  • ユーザーから pull request へのリンクの後、[Pull Request] ダッシュボードでリポジトリ ヘッダーが読み込まれませんでした。

  • チームをレビュー担当者として pull request に追加すると、そのチームのメンバー数が誤って表示されることがありました。

  • SCIM グループによって外部的に管理されているメンバーを削除しようとすると、チーム メンバーシップ削除 API エンドポイントがエラーで応答しました。

  • 休眠ユーザーの数が多いと、GitHub Connect 構成の失敗の原因になることがありました。

  • サイト管理者の Web UI の [Feature & beta enrollments](機能とベータの登録) ページが誤って利用可能になっていました。

  • サイト フッターの [Site admin mode](サイト管理者モード) リンクをクリックしたとき、状態が変わりませんでした。

  • spokesctl cache-policy rm コマンドが、error: failed to delete cache policy (エラー: キャッシュ ポリシーを削除できませんでした) というメッセージで失敗しなくなりました。

    Changes

  • 大規模なクラスター トポロジに対応するために、Memcached 接続制限値が増やされました。

  • 依存関係グラフ API が、以前は静的に定義されたポートを使用して実行されていました。

  • クラスター関連の Elasticsearch シャード設定の既定のシャード数が更新されました。

  • [People](ユーザー) ページで Organization のロールを使って Enterprise のメンバーをフィルター処理するときの、ドロップダウン メニュー項目のテキストが改善されました。

  • "Triage" と "Maintain" チームのロールは、リポジトリ移行時に保持されます。

  • Enterprise 所有者によって行われる Web 要求のパフォーマンスが向上しました。

    Known issues

  • GitHub Enterprise Server 3.3 にアップグレードした後、GitHub Actions が自動的に開始しないことがあります。この問題を解決するには、SSH を使ってアプライアンスに接続し、ghe-actions-start コマンドを実行します。

  • GitHub Enterprise Server インスタンスを設定したばかりでユーザーがいない場合、攻撃者が最初の管理者ユーザーを作成できました。

  • カスタムのファイアウォール規則は、アップグレード プロセス中に削除されます。

  • Web インターフェイスからアップロードされた Git LFS 追跡ファイルが誤ってリポジトリに直接追加されます。

  • 同じリポジトリ内の BLOB への固定リンクが含まれ、その BLOB のファイル パスが 255 文字を超える場合、issue をクローズできません。

  • GitHub Connect で [Users can search GitHub.com](ユーザーが GitHub.com を検索できる) が有効になっている場合、プライベートおよび内部リポジトリの issue は GitHub.com の検索結果に含まれません。

  • GitHub Packages npm レジストリが、メタデータ応答で時刻値を返さなくなります。これは、パフォーマンスの大幅な向上を見込んで行われました。メタデータ応答の一部として時刻値を返すために必要なすべてのデータを引き続き保持します。また、既存のパフォーマンスの問題を解決したら、将来的にはこの値を再び返す予定です。

  • pre-receive フックの処理に固有のリソース制限が、一部の pre-receive フックのエラーを引き起こす場合があります。

  • [Force Path Style](パス スタイルの強制) がオンになっていると、GitHub Actions のストレージ設定を検証して [Management Console] に保存することができず、代わりに ghe-actions-precheck コマンド ライン ユーティリティで構成する必要があります。

  • GitHub Enterprise Server 3.3 のインスタンスを Azure にインストールし、32 個以上の CPU コアでプロビジョニングすると、現在の Linux カーネルに存在するバグのため、起動しませんでした。 [更新日: 2022-04-08]

  • GitHub Advanced Security をご利用のお客様が GitHub Enterprise Server 3.5 以降にアップグレードした場合、Web UI と REST API でシークレット スキャンからのアラートが表示されなくなることがあります。 以前と同様にアラートが表示されるようにするには、以前のリリースから 3.5 以降にアップグレードするときに 3.4 をスキップしないでください。 修正プログラムは、3.5.5 および 3.6.1 パッチ リリースで入手できます。

    3.4 を介したアップグレードを計画する場合は、アップグレード アシスタントに関する記事を参照してください。 [更新日: 2022-09-01]

March 01, 2022

📣 これは、このリリース シリーズの最新パッチ リリースではなく、これは Enterprise Server の最新リリースではありません。 最新のセキュリティ、パフォーマンス、バグ修正に関しては、最新のリリースをお使いください。

    Security fixes

  • 高: 情報漏洩と RCE につながる可能性のある整数オーバーフローの脆弱性が GitHub の markdown パーサーで確認されました。この脆弱性は、Google の Project Zero の Felix Wilhelm 氏により、GitHub Bug Bounty プログラムから報告され、CVE-2022-24724 が割り当てられました。

    Bug fixes

  • 高可用性レプリカのクロックがプライマリと同期されていなかった場合、アップグレードに失敗する場合があります。

  • 2020 年 9 月 1 日以降に作成された OAuth アプリケーションでは、認可を確認 API エンドポイントを使用することができません。

    Known issues

  • GitHub Enterprise Server 3.3 にアップグレードした後、GitHub Actions が自動的に開始しないことがあります。この問題を解決するには、SSH を使ってアプライアンスに接続し、ghe-actions-start コマンドを実行します。

  • GitHub Enterprise Server インスタンスを設定したばかりでユーザーがいない場合、攻撃者が最初の管理者ユーザーを作成できました。

  • カスタムのファイアウォール規則は、アップグレード プロセス中に削除されます。

  • Web インターフェイスからアップロードされた Git LFS 追跡ファイルが誤ってリポジトリに直接追加されます。

  • 同じリポジトリ内の BLOB への固定リンクが含まれ、その BLOB のファイル パスが 255 文字を超える場合、issue はクローズできません。

  • GitHub Connect で [Users can search GitHub.com](ユーザーが GitHub.com を検索できる) が有効になっている場合、プライベートおよび内部リポジトリの issue は GitHub.com の検索結果に含まれません。

  • GitHub Packages npm レジストリが、メタデータ応答で時刻値を返さなくなります。これは、パフォーマンスの大幅な向上を見込んで行われました。メタデータ応答の一部として時刻値を返すために必要なすべてのデータを引き続き保持します。また、既存のパフォーマンスの問題を解決したら、将来的にはこの値を再び返す予定です。

  • pre-receive フックの処理に固有のリソース制限が、一部の pre-receive フックのエラーを引き起こす場合があります。

  • [Force Path Style](パス スタイルの強制) がオンになっていると、GitHub Actions のストレージ設定を検証して [Management Console] に保存することができず、代わりに ghe-actions-precheck コマンド ライン ユーティリティで構成する必要があります。

  • GitHub Enterprise Server 3.3 のインスタンスを Azure にインストールし、32 個以上の CPU コアでプロビジョニングすると、現在の Linux カーネルに存在するバグのため、起動しませんでした。 [更新日: 2022-04-08]

  • GitHub Advanced Security をご利用のお客様が GitHub Enterprise Server 3.5 以降にアップグレードした場合、Web UI と REST API でシークレット スキャンからのアラートが表示されなくなることがあります。 以前と同様にアラートが表示されるようにするには、以前のリリースから 3.5 以降にアップグレードするときに 3.4 をスキップしないでください。 修正プログラムは、3.5.5 および 3.6.1 パッチ リリースで入手できます。

    3.4 を介したアップグレードを計画する場合は、アップグレード アシスタントに関する記事を参照してください。 [更新日: 2022-09-01]

February 17, 2022

📣 これは、このリリース シリーズの最新パッチ リリースではなく、これは Enterprise Server の最新リリースではありません。 最新のセキュリティ、パフォーマンス、バグ修正に関しては、最新のリリースをお使いください。

    Security fixes

  • ユーザーが、"saml" という名前のユーザーまたは Organization を登録することができました。

  • パッケージは最新のセキュリティ バージョンに更新されました。

    Bug fixes

  • Azure Blob Storage を使っていると、GitHub Packages のストレージ設定を検証して管理コンソールに保存することができませんでした。

  • mssql.backup.cadence 構成オプションが、無効な文字の警告で ghe-config-check に失敗しました。

  • memcached から 2^16 を超えるキーを取得した場合の SystemStackError (スタックが深すぎます) を修正します。

  • サイト全体でいくつかの選択メニューが間違ってレンダリングされており、機能しませんでした。

    Changes

  • 脆弱性データなしで依存関係グラフを有効にできるようになり、お客様は使われている依存関係とそのバージョンを確認できます。GitHub Connect を有効にしないで依存関係グラフを有効にすると、脆弱性の情報は提供され "ません"。

  • シークレット スキャンは、ZIP および他のアーカイブ ファイルでのシークレットのスキャンをスキップします。

    Known issues

  • GitHub Enterprise Server 3.3 にアップグレードした後、GitHub Actions が自動的に開始しないことがあります。この問題を解決するには、SSH を使ってアプライアンスに接続し、ghe-actions-start コマンドを実行します。

  • GitHub Enterprise Server インスタンスを設定したばかりでユーザーがいない場合、攻撃者が最初の管理者ユーザーを作成できました。

  • カスタムのファイアウォール規則は、アップグレード プロセス中に削除されます。

  • Web インターフェイスからアップロードされた Git LFS 追跡ファイルが誤ってリポジトリに直接追加されます。

  • 同じリポジトリ内の BLOB への固定リンクが含まれ、その BLOB のファイル パスが 255 文字を超える場合、issue はクローズできません。

  • GitHub Connect で [Users can search GitHub.com](ユーザーが GitHub.com を検索できる) が有効になっている場合、プライベートおよび内部リポジトリの issue は GitHub.com の検索結果に含まれません。

  • GitHub Packages npm レジストリが、メタデータ応答で時刻値を返さなくなります。これは、パフォーマンスの大幅な向上を見込んで行われました。メタデータ応答の一部として時刻値を返すために必要なすべてのデータを引き続き保持します。また、既存のパフォーマンスの問題を解決したら、将来的にはこの値を再び返す予定です。

  • pre-receive フックの処理に固有のリソース制限が、一部の pre-receive フックのエラーを引き起こす場合があります。

  • [Force Path Style](パス スタイルの強制) がオンになっていると、GitHub Actions のストレージ設定を検証して [Management Console] に保存することができず、代わりに ghe-actions-precheck コマンド ライン ユーティリティで構成する必要があります。

  • GitHub Enterprise Server 3.3 のインスタンスを Azure にインストールし、32 個以上の CPU コアでプロビジョニングすると、現在の Linux カーネルに存在するバグのため、起動しませんでした。 [更新日: 2022-04-08]

  • GitHub Advanced Security をご利用のお客様が GitHub Enterprise Server 3.5 以降にアップグレードした場合、Web UI と REST API でシークレット スキャンからのアラートが表示されなくなることがあります。 以前と同様にアラートが表示されるようにするには、以前のリリースから 3.5 以降にアップグレードするときに 3.4 をスキップしないでください。 修正プログラムは、3.5.5 および 3.6.1 パッチ リリースで入手できます。

    3.4 を介したアップグレードを計画する場合は、アップグレード アシスタントに関する記事を参照してください。 [更新日: 2022-09-01]

February 01, 2022

📣 これは、このリリース シリーズの最新パッチ リリースではなく、これは Enterprise Server の最新リリースではありません。 最新のセキュリティ、パフォーマンス、バグ修正に関しては、最新のリリースをお使いください。

    Security fixes

  • : シークレット スキャン API 呼び出しから、要求のスコープ外のリポジトリに対するアラートが返されることがありました。

  • パッケージは最新のセキュリティ バージョンに更新されました。

    Bug fixes

  • MySQL シークレットのローテーションから、nginx を手動で再起動するまで、ページを使用できなくなりました。

  • GitHub Actions が有効な場合、移行に失敗することがありました。

  • ISO 8601 の日付でメンテナンス スケジュールを設定すると、タイムゾーンが UTC に変換されないため、実際にスケジュールされる時刻が一致しませんでした。

  • cloud-config.service に関する誤ったエラー メッセージがコンソールに出力されました。

  • ghe-cluster-each を使ってホットパッチをインストールした後、バージョン番号が正しく更新されませんでした。

  • Webhook テーブル クリーンアップ ジョブが同時に実行でき、リソースの競合とジョブ実行時間の増加の原因になっていました。

  • プライマリからレプリカに対して ghe-repl-teardown を実行しても、MSSQL 可用性グループからそのレプリカが削除されませんでした。

  • 検証済みまたは承認済みドメインでのメール アドレスを持つユーザーへのメール ベースの通知を制限する機能が、正しく動作しませんでした。

  • CAS 認証の使用と [Reactivate suspended users](一時停止されているユーザーの再アクティブ化) オプションが有効になっていると、一時停止されているユーザーが自動的に再アクティブ化されませんでした。

  • セキュリティ アラート設定に関連するデータベース移行の実行時間が長くなると、アップグレードの完了が遅れることがありました。

    Changes

  • GitHub Connect データ接続レコードに、アクティブ ユーザーと休眠ユーザーの数と、構成済みの休眠期間が含まれるようになりました。

    Known issues

  • GitHub Enterprise Server 3.3 にアップグレードした後、GitHub Actions が自動的に開始しないことがあります。この問題を解決するには、SSH を使ってアプライアンスに接続し、ghe-actions-start コマンドを実行します。

  • GitHub Enterprise Server インスタンスを設定したばかりでユーザーがいない場合、攻撃者が最初の管理者ユーザーを作成できました。

  • カスタムのファイアウォール規則は、アップグレード プロセス中に削除されます。

  • Web インターフェイスからアップロードされた Git LFS 追跡ファイルが誤ってリポジトリに直接追加されます。

  • イシューに同じリポジトリ内の BLOB への固定リンクが含まれていて、その BLOB のファイル パスが 255 文字を超えている場合、そのイシューをクローズできません。

  • GitHub Connect で [Users can search GitHub.com](ユーザーが GitHub.com を検索できる) が有効になっている場合、プライベートと内部リポジトリのイシューが GitHub.com の検索結果に含まれません。

  • GitHub Packages npm レジストリが、メタデータ応答で時刻値を返さなくなります。これは、パフォーマンスの大幅な向上を見込んで行われました。メタデータ応答の一部として時刻値を返すために必要なすべてのデータを引き続き保持します。また、既存のパフォーマンスの問題を解決したら、将来的にはこの値を再び返す予定です。

  • pre-receive フックの処理に固有のリソース制限が、一部の pre-receive フックのエラーを引き起こす場合があります。

  • [Force Path Style](パス スタイルの強制) がオンになっていると、GitHub Actions のストレージ設定を検証して [Management Console] に保存することができず、代わりに ghe-actions-precheck コマンド ライン ユーティリティで構成する必要があります。

  • GitHub Enterprise Server 3.3 のインスタンスを Azure にインストールし、32 個以上の CPU コアでプロビジョニングすると、現在の Linux カーネルに存在するバグのため、起動しませんでした。[更新日: 2022-04-08]

  • GitHub Advanced Security をご利用のお客様が GitHub Enterprise Server 3.5 以降にアップグレードした場合、Web UI と REST API でシークレット スキャンからのアラートが表示されなくなることがあります。 以前と同様にアラートが表示されるようにするには、以前のリリースから 3.5 以降にアップグレードするときに 3.4 をスキップしないでください。 修正プログラムは、3.5.5 および 3.6.1 パッチ リリースで入手できます。

    3.4 を介したアップグレードを計画する場合は、アップグレード アシスタントに関する記事を参照してください。 [更新日: 2022-09-01]

January 18, 2022

📣 これは、このリリース シリーズの最新パッチ リリースではなく、これは Enterprise Server の最新リリースではありません。 最新のセキュリティ、パフォーマンス、バグ修正に関しては、最新のリリースをお使いください。

    Security fixes

  • パッケージは最新のセキュリティ バージョンに更新されました。これらの更新では、Log4j がバージョン 2.17.1 に更新されました。注: GitHub Enterprise Server のこれらのバージョンで CVE-2021-44228、CVE-2021-45046、CVE-2021-45105、CVE-2021-44832 の影響に対処するには、3.3.1、3.2.6、3.1.14、3.0.22 でリリースされた以前の軽減策で十分です。

  • 生成されたサポート バンドルでさらに多くのシークレットをサニタイズする

  • セキュリティ マネージャー ロールを持つ Teams のユーザーは、監視しているリポジトリのセキュリティ アラートに関する通知を受け取るようになります。

  • セキュリティ マネージャー コンポーネントは、チームの最大数に達した後は、控えめに警告を表示するようになります。

  • リポジトリからセキュリティ マネージャー チームを削除しようとすると、リポジトリのアクセス管理ページで 403 が返されます。

  • パッケージは最新のセキュリティ バージョンに更新されました。

    Bug fixes

  • 古い GHES のインストールからアップグレードした後、Actions のセルフホステッド ランナーは自己更新または新しいジョブの実行に失敗しました。

  • GitHub Packages 用の BLOB ストレージとして MinIO を構成すると、ストレージの設定を検証できませんでした。

  • [Force Path Style](パス スタイルの強制) がオンになっていると、GitHub Actions のストレージ設定を検証して管理コンソールに保存できませんでした。

  • メンテナンス モードに設定して更新を行った後、Actions が停止状態のままになりました。

  • "ghe-config-apply" の実行は、"/data/user/tmp/pages" でのアクセス許可の問題のために失敗することがありました。

  • 解像度の低いブラウザーでスクロールすると、管理コンソールの保存ボタンが表示されませんでした。

  • IOPS と Storage Traffic 監視グラフが、修正されたバージョンのアップグレードの後で更新されませんでした。

  • 一部の Webhook 関連のジョブで、大量のログが生成されることがありました。

  • サイト管理者ページに、[課金] ナビゲーション項目が表示されました。

  • 複数のドキュメント リンクで、404 Not Found エラーが発生しました。

    Known issues

  • GitHub Enterprise Server 3.3 にアップグレードした後、GitHub Actions が自動的に開始しないことがあります。この問題を解決するには、SSH を使ってアプライアンスに接続し、ghe-actions-start コマンドを実行します。

  • GitHub Enterprise Server インスタンスを設定したばかりでユーザーがいない場合、攻撃者が最初の管理者ユーザーを作成できました。

  • カスタムのファイアウォール規則は、アップグレード プロセス中に削除されます。

  • Web インターフェイスからアップロードされた Git LFS 追跡ファイルが誤ってリポジトリに直接追加されます。

  • 同じリポジトリ内の BLOB への固定リンクが含まれ、その BLOB のファイル パスが 255 文字を超える場合、issue はクローズできません。

  • GitHub Connect で [Users can search GitHub.com](ユーザーが GitHub.com を検索できる) が有効になっている場合、プライベートおよび内部リポジトリの issue は GitHub.com の検索結果に含まれません。

  • GitHub Packages npm レジストリが、メタデータ応答で時刻値を返さなくなります。これは、パフォーマンスの大幅な向上を見込んで行われました。メタデータ応答の一部として時刻値を返すために必要なすべてのデータを引き続き保持します。また、既存のパフォーマンスの問題を解決したら、将来的にはこの値を再び返す予定です。

  • pre-receive フックの処理に固有のリソース制限が、一部の pre-receive フックのエラーを引き起こす場合があります。

  • [Force Path Style](パス スタイルの強制) がオンになっていると、GitHub Actions のストレージ設定を検証して [Management Console] に保存することができず、代わりに ghe-actions-precheck コマンド ライン ユーティリティで構成する必要があります。

  • GitHub Enterprise Server 3.3 のインスタンスを Azure にインストールし、32 個以上の CPU コアでプロビジョニングすると、現在の Linux カーネルに存在するバグのため、起動しませんでした。 [更新日: 2022-04-08]

  • GitHub Advanced Security をご利用のお客様が GitHub Enterprise Server 3.5 以降にアップグレードした場合、Web UI と REST API でシークレット スキャンからのアラートが表示されなくなることがあります。 以前と同様にアラートが表示されるようにするには、以前のリリースから 3.5 以降にアップグレードするときに 3.4 をスキップしないでください。 修正プログラムは、3.5.5 および 3.6.1 パッチ リリースで入手できます。

    3.4 を介したアップグレードを計画する場合は、アップグレード アシスタントに関する記事を参照してください。 [更新日: 2022-09-01]

December 13, 2021

📣 これは、このリリース シリーズの最新パッチ リリースではなく、これは Enterprise Server の最新リリースではありません。 最新のセキュリティ、パフォーマンス、バグ修正に関しては、最新のリリースをお使いください。

    Security fixes

  • 重大: Log4j ライブラリでのリモート コード実行の脆弱性 (CVE-2021-44228) により、3.3.1 より前の GitHub Enterprise Server のすべてのバージョンが影響を受けました。Log4j ライブラリは、GitHub Enterprise Server インスタンスで実行されるオープンソース サービスで使われます。この脆弱性は、GitHub Enterprise Server バージョン 3.0.22、3.1.14、3.2.6、3.3.1 で修正されました。 詳細については、GitHub ブログのこちらの投稿を参照してください。

  • 2021 年 12 月 17 の更新: このリリースで行われた修正により、このリリースの後で公開された CVE-2021-45046 も軽減されます。CVE-2021-44228 と CVE-2021-45046 の両方を軽減するため、GitHub Enterprise Server の追加のアップグレードは必要ありません。

    Known issues

  • GitHub Enterprise Server 3.3 にアップグレードした後、GitHub Actions が自動的に開始しないことがあります。この問題を解決するには、SSH を使ってアプライアンスに接続し、ghe-actions-start コマンドを実行します。

  • GitHub Enterprise Server インスタンスをセットアップしたばかりでユーザーがいない場合、攻撃者が最初の管理者ユーザーを作成できました。

  • カスタムのファイアウォール規則は、アップグレード プロセス中に削除されます。

  • Web インターフェイスからアップロードされた Git LFS 追跡ファイルが誤ってリポジトリに直接追加されます。

  • issue に同じリポジトリ内の BLOB への固定リンクが含まれ、その BLOB のファイル パスが 255 文字を超える場合、その issue をクローズできません。

  • GitHub Connect で [Users can search GitHub.com](ユーザーが GitHub.com を検索できる) が有効になっている場合、プライベートと内部リポジトリの issue は GitHub.com の検索結果に含まれません。

  • GitHub Packages npm レジストリが、メタデータ応答で時刻値を返さなくなります。これは、パフォーマンスの大幅な向上を可能にするために行われました。メタデータ応答の一部として時刻値を返すために必要なすべてのデータを保持し続け、既存のパフォーマンスの問題を解決したら、将来的にこの値を返すことを再開します。

  • pre-receive フックの処理に固有のリソース制限により、一部の pre-receive フックが失敗する場合があります。

  • [Force Path Style](パス スタイルの強制) がオンになっていると、GitHub Actions のストレージ設定を検証して [Management Console] に保存することができず、代わりに ghe-actions-precheck コマンド ライン ユーティリティで構成する必要があります。

  • GitHub Enterprise Server 3.3 のインスタンスを Azure にインストールし、32 個以上の CPU コアでプロビジョニングすると、現在の Linux カーネルに存在するバグのため、起動しませんでした。 [更新日: 2022-04-08]

  • GitHub Advanced Security をご利用のお客様が GitHub Enterprise Server 3.5 以降にアップグレードした場合、Web UI と REST API でシークレット スキャンからのアラートが表示されなくなることがあります。 以前と同様にアラートが表示されるようにするには、以前のリリースから 3.5 以降にアップグレードするときに 3.4 をスキップしないでください。 修正プログラムは、3.5.5 および 3.6.1 パッチ リリースで入手できます。

    3.4 を介したアップグレードを計画する場合は、アップグレード アシスタントに関する記事を参照してください。 [更新日: 2022-09-01]

December 07, 2021

📣 これは、このリリース シリーズの最新パッチ リリースではなく、これは Enterprise Server の最新リリースではありません。 最新のセキュリティ、パフォーマンス、バグ修正に関しては、最新のリリースをお使いください。

For upgrade instructions, see "Upgrading GitHub Enterprise Server."

Note: We are aware of an issue where GitHub Actions may fail to start automatically following the upgrade to GitHub Enterprise Server 3.3. To resolve, connect to the appliance via SSH and run the ghe-actions-start command.

    Features

    Security Manager role

  • Organization owners can now grant teams the access to manage security alerts and settings on their repositories. The "security manager" role can be applied to any team and grants the team's members the following access:

    • Read access on all repositories in the organization.
    • Write access on all security alerts in the organization.
    • Access to the organization-level security tab.
    • Write access on security settings at the organization level.
    • Write access on security settings at the repository level.

    The security manager role is available as a public beta and subject to change. For more information, see "Managing security managers in your organization." [Updated 2022-07-29]

  • Ephemeral self-hosted runners for GitHub Actions & new webhooks for auto-scaling

  • GitHub Actions now supports ephemeral (single job) self-hosted runners and a new workflow_job webhook to make autoscaling runners easier.

    Ephemeral runners are good for self-managed environments where each job is required to run on a clean image. After a job is run, ephemeral runners are automatically unregistered from your GitHub Enterprise Server instance, allowing you to perform any post-job management.

    You can combine ephemeral runners with the new workflow_job webhook to automatically scale self-hosted runners in response to GitHub Actions job requests.

    For more information, see "Autoscaling with self-hosted runners" and "Webhook events and payloads."

  • Dark high contrast theme

  • A dark high contrast theme, with greater contrast between foreground and background elements, is now available on GitHub Enterprise Server 3.3. This release also includes improvements to the color system across all GitHub themes.

    Animated image of switching between dark default theme and dark high contrast on the appearance settings page

    For more information about changing your theme, see "Managing your theme settings."

    Changes

    Administration Changes

  • GitHub Enterprise Server 3.3 includes improvements to the maintenance of repositories, especially for repositories that contain many unreachable objects. Note that the first maintenance cycle after upgrading to GitHub Enterprise Server 3.3 may take longer than usual to complete.

  • GitHub Enterprise Server 3.3 includes the public beta of a repository cache for geographically-distributed teams and CI infrastructure. The repository cache keeps a read-only copy of your repositories available in additional geographies, which prevents clients from downloading duplicate Git content from your primary instance. For more information, see "About repository caching."

  • GitHub Enterprise Server 3.3 includes improvements to the user impersonation process. An impersonation session now requires a justification for the impersonation, actions are recorded in the audit log as being performed as an impersonated user, and the user who is impersonated will receive an email notification that they have been impersonated by an enterprise administrator. For more information, see "Impersonating a user."

  • A new stream processing service has been added to facilitate the growing set of events that are published to the audit log, including events associated with Git and GitHub Actions activity.

  • The GitHub Connect data connection record now includes a list of enabled GitHub Connect features. [Updated 2021-12-09]

  • Token Changes

  • An expiration date can now be set for new and existing personal access tokens. Setting an expiration date on personal access tokens is highly recommended to prevent older tokens from leaking and compromising security. Token owners will receive an email when it's time to renew a token that's about to expire. Tokens that have expired can be regenerated, giving users a duplicate token with the same properties as the original.

    When using a personal access token with the GitHub API, a new GitHub-Authentication-Token-Expiration header is included in the response, which indicates the token's expiration date. For more information, see "Creating a personal access token."

  • Notifications changes

  • Notification emails from discussions now include (Discussion #xx) in the subject, so you can recognize and filter emails that reference discussions.

  • Repositories changes

  • Public repositories now have a Public label next to their names like private and internal repositories. This change makes it easier to identify public repositories and avoid accidentally committing private code.

  • If you specify the exact name of a branch when using the branch selector menu, the result now appears at the top of the list of matching branches. Previously, exact branch name matches could appear at the bottom of the list.

  • When viewing a branch that has a corresponding open pull request, GitHub Enterprise Server now links directly to the pull request. Previously, there would be a prompt to contribute using branch comparison or to open a new pull request.

  • You can now click a button to copy the full raw contents of a file to the clipboard. Previously, you would need to open the raw file, select all, and then copy. To copy the contents of a file, navigate to the file and click in the toolbar. Note that this feature is currently only available in some browsers.

  • When creating a new release, you can now select or create the tag using a dropdown selector, rather than specifying the tag in a text field. For more information, see "Managing releases in a repository."

  • A warning is now displayed when viewing a file that contains bidirectional Unicode text. Bidirectional Unicode text can be interpreted or compiled differently than it appears in a user interface. For example, hidden bidirectional Unicode characters can be used to swap segments of text in a file. For more information about replacing these characters, see the GitHub changelog.

  • You can now use CITATION.cff files to let others know how you would like them to cite your work. CITATION.cff files are plain text files with human- and machine-readable citation information. GitHub Enterprise Server parses this information into common citation formats such as APA and BibTeX. For more information, see "About CITATION files."

  • Markdown changes

  • You can use new keyboard shortcuts for quotes and lists in Markdown files, issues, pull requests, and comments.

    • To add quotes, use cmd shift . on Mac, or ctrl shift . on Windows and Linux.
    • To add an ordered list, use cmd shift 7 on Mac, or ctrl shift 7 on Windows and Linux.
    • To add an unordered list, use cmd shift 8 on Mac, or ctrl shift 8 on Windows and Linux.

    See "Keyboard shortcuts" for a full list of available shortcuts.

  • You can now use footnote syntax in any Markdown field. Footnotes are displayed as superscript links that you can click to jump to the referenced information, which is displayed in a new section at the bottom of the document. For more information about the syntax, see "Basic writing and formatting syntax."

  • When viewing Markdown files, you can now click in the toolbar to view the source of a Markdown file. Previously, you needed to use the blame view to link to specific line numbers in the source of a Markdown file.

  • You can now add images and videos to Markdown files in gists by pasting them into the Markdown body or selecting them from the dialog at the bottom of the Markdown file. For information about supported file types, see "Attaching files."

  • GitHub Enterprise Server now automatically generates a table of contents for Wikis, based on headings.

  • When dragging and dropping files into a Markdown editor, such as images and videos, GitHub Enterprise Server now uses the mouse pointer location instead of the cursor location when placing the file.

  • Issues and pull requests changes

  • You can now search issues by label using a logical OR operator. To filter issues using logical OR, use the comma syntax. For example, label:"good first issue","bug" will list all issues with a label of good first issue or bug. For more information, see "Filtering and searching issues and pull requests."

  • Improvements have been made to help teams manage code review assignments. You can now:

    • Limit assignment to only direct members of the team.
    • Continue with automatic assignment even if one or more members of the team are already requested.
    • Keep a team assigned to review even if one or more members is newly assigned.

    The timeline and reviewers sidebar on the pull request page now indicate if a review request was automatically assigned to one or more team members.

    For more information, see the GitHub changelog.

  • You can now filter pull request searches to only include pull requests you are directly requested to review.

  • Filtered files in pull requests are now completely hidden from view, and are no longer shown as collapsed in the "Files Changed" tab. The "File Filter" menu has also been simplified. For more information, see "Filtering files in a pull request."

  • GitHub Actions changes

  • You can now create "composite actions" which combine multiple workflow steps into one action, and includes the ability to reference other actions. This makes it easier to reduce duplication in workflows. Previously, an action could only use scripts in its YAML definition. For more information, see "Creating a composite action."

  • Managing self-hosted runners at the enterprise level no longer requires using personal access tokens with the admin:enterprise scope. You can instead use the new manage_runners:enterprise scope to restrict the permissions on your tokens. Tokens with this scope can authenticate to many REST API endpoints to manage your enterprise's self-hosted runners.

  • The audit log now includes additional events for GitHub Actions. Audit log entries are now recorded for the following events:

    • A self-hosted runner is registered or removed.
    • A self-hosted runner is added to a runner group, or removed from a runner group.
    • A runner group is created or removed.
    • A workflow run is created or completed.
    • A workflow job is prepared. Importantly, this log includes the list of secrets that were provided to the runner.

    For more information, see "Security hardening for GitHub Actions."

  • GitHub Enterprise Server 3.3 contains performance improvements for job concurrency with GitHub Actions. For more information about the new performance targets for a range of CPU and memory configurations, see "Getting started with GitHub Actions for GitHub Enterprise Server."

  • To mitigate insider man in the middle attacks when using actions resolved through GitHub Connect to GitHub.com from GitHub Enterprise Server, the actions namespace (owner/name) is retired on use. Retiring the namespace prevents that namespace from being created on your GitHub Enterprise Server instance, and ensures all workflows referencing the action will download it from GitHub.com.

  • GitHub Packages changes

  • When a repository is deleted, any associated package files are now immediately deleted from your GitHub Packages external storage.

  • Dependabot and Dependency graph changes

  • Dependency review is out of beta and is now generally available for GitHub Advanced Security customers. Dependency review provides an easy-to-understand view of dependency changes and their security impact in the "Files changed" tab of pull requests. It informs you of which dependencies were added, removed, or updated, along with vulnerability information. For more information, see "Reviewing dependency changes in a pull request."

  • Dependabot is now available as a private beta, offering both version updates and security updates for several popular ecosystems. Dependabot on GitHub Enterprise Server requires GitHub Actions and a pool of self-hosted runners configured for Dependabot use. Dependabot on GitHub Enterprise Server also requires GitHub Connect to be enabled. To learn more and sign up for the beta, contact the GitHub Sales team.

  • Code scanning and secret scanning changes

  • The depth of CodeQL's analysis has been improved by adding support for more libraries and frameworks and increasing the coverage of our existing library and framework models. JavaScript analysis now supports most common templating languages, and Java now covers more than three times the endpoints of previous CodeQL versions. As a result, CodeQL can now detect even more potential sources of untrusted user data, steps through which that data flows, and potentially dangerous sinks where the data could end up. This results in an overall improvement of the quality of code scanning alerts.

  • CodeQL now supports scanning standard language features in Java 16, such as records and pattern matching. CodeQL is able to analyze code written in Java version 7 through 16. For more information about supported languages and frameworks, see the CodeQL documentation.

  • Improvements have been made to the code scanning on:push trigger when code is pushed to a pull request. If an on:push scan returns results that are associated with a pull request, code scanning will now show these alerts on the pull request.

    Some other CI/CD systems can be exclusively configured to trigger a pipeline when code is pushed to a branch, or even exclusively for every commit. Whenever such an analysis pipeline is triggered and results are uploaded to the SARIF API, code scanning will also try to match the analysis results to an open pull request. If an open pull request is found, the results will be published as described above. For more information, see the GitHub changelog.

  • You can now use the new pull request filter on the code scanning alerts page to find all the code scanning alerts associated with a pull request. A new "View all branch alerts" link on the pull request "Checks" tab allows you to directly view code scanning alerts with the specific pull request filter already applied. For more information, see the GitHub changelog.

  • User defined patterns for secret scanning is out of beta and is now generally available for GitHub Advanced Security customers. Also new in this release is the ability to edit custom patterns defined at the repository, organization, and enterprise levels. After editing and saving a pattern, secret scanning searches for matches both in a repository's entire Git history and in any new commits. Editing a pattern will close alerts previously associated with the pattern if they no longer match the updated version. Other improvements, such as dry-runs, are planned in future releases. For more information, see "Defining custom patterns for secret scanning."

  • API and webhook changes

  • Most REST API previews have graduated and are now an official part of the API. Preview headers are no longer required for most REST API endpoints, but will still function as expected if you specify a graduated preview in the Accept header of a request. For previews that still require specifying the preview in the Accept header of a request, see "API previews."

  • You can now use the REST API to configure custom autolinks to external resources. The REST API now provides beta GET/POST/DELETE endpoints which you can use to view, add, or delete custom autolinks associated with a repository. For more information, see "Autolinks."

  • You can now use the REST API to sync a forked repository with its upstream repository. For more information, see "Branches" in the REST API documentation.

  • Enterprise administrators on GitHub Enterprise Server can now use the REST API to enable or disable Git LFS for a repository. For more information, see "Repositories."

  • You can now use the REST API to query the audit log for an enterprise. While audit log forwarding provides the ability to retain and analyze data with your own toolkit and determine patterns over time, the new endpoint can help you perform limited analysis on recent events. For more information, see "GitHub Enterprise administration" in the REST API documentation.

  • GitHub App user-to-server API requests can now read public resources using the REST API. This includes, for example, the ability to list a public repository's issues and pull requests, and to access a public repository's comments and content.

  • When creating or updating a repository, you can now configure whether forking is allowed using the REST and GraphQL APIs. Previously, APIs for creating and updating repositories didn't include the fields allow_forking (REST) or forkingAllowed (GraphQL). For more information, see "Repositories" in the REST API documentation and "Repositories" in the GraphQL API documentation.

  • A new GraphQL mutation createCommitOnBranch makes it easier to add, update, and delete files in a branch of a repository. Compared to the REST API, you do not need to manually create blobs and trees before creating the commit. This allows you to add, update, or delete multiple files in a single API call.

    Commits authored using the new API are automatically GPG signed and are marked as verified in the GitHub Enterprise Server UI. GitHub Apps can use the mutation to author commits directly or on behalf of users.

  • When a new tag is created, the push webhook payload now always includes a head_commit object that contains the data of the commit that the new tag points to. As a result, the head_commit object will always contain the commit data of the payload's after commit.

  • Performance Changes

  • Page loads and jobs are now significantly faster for repositories with many Git refs.

    Known issues

  • After upgrading to GitHub Enterprise Server 3.3, GitHub Actions may fail to start automatically. To resolve this issue, connect to the appliance via SSH and run the ghe-actions-start command.

  • On a freshly set up GitHub Enterprise Server instance without any users, an attacker could create the first admin user.

  • Custom firewall rules are removed during the upgrade process.

  • Git LFS tracked files uploaded through the web interface are incorrectly added directly to the repository.

  • Issues cannot be closed if they contain a permalink to a blob in the same repository, where the blob's file path is longer than 255 characters.

  • When "Users can search GitHub.com" is enabled with GitHub Connect, issues in private and internal repositories are not included in GitHub.com search results.

  • The GitHub Packages npm registry no longer returns a time value in metadata responses. This was done to allow for substantial performance improvements. We continue to have all the data necessary to return a time value as part of the metadata response and will resume returning this value in the future once we have solved the existing performance issues.

  • Resource limits that are specific to processing pre-receive hooks may cause some pre-receive hooks to fail.

  • GitHub Actions storage settings cannot be validated and saved in the [Management Console] when "Force Path Style" is selected, and must instead be configured with the ghe-actions-precheck command line utility.

  • GitHub Enterprise Server 3.3 instances installed on Azure and provisioned with 32+ CPU cores would fail to launch, due to a bug present in the current Linux kernel. [Updated: 2022-04-08]

  • GitHub Advanced Security をご利用のお客様が GitHub Enterprise Server 3.5 以降にアップグレードした場合、Web UI と REST API でシークレット スキャンからのアラートが表示されなくなることがあります。 以前と同様にアラートが表示されるようにするには、以前のリリースから 3.5 以降にアップグレードするときに 3.4 をスキップしないでください。 修正プログラムは、3.5.5 および 3.6.1 パッチ リリースで入手できます。

    3.4 を介したアップグレードを計画する場合は、アップグレード アシスタントに関する記事を参照してください。 [更新日: 2022-09-01]