ワークフロー実行をスキップする

You can skip workflow runs triggered by the push and pull_request events by including a command in your commit message.

ノート: GitHubホストランナーは、現在GitHub Enterprise Serverでサポートされていません。 GitHubパブリックロードマップで、計画されている将来のサポートに関する詳しい情報を見ることができます。

Workflows that would otherwise be triggered using on: push or on: pull_request won't be triggered if you add any of the following strings to the commit message in a push, or the HEAD commit of a pull request:

  • [skip ci]
  • [ci skip]
  • [no ci]
  • [skip actions]
  • [actions skip]

または、コミットメッセージを 2 行の空行で終了し、その後に skip-checks: true または skip-checks:true のいずれかを続けることもできます。

最初にリポジトリがパスするための特定のチェックを受けるように設定されている場合、プルリクエストをマージすることはできません。 プルリクエストをマージできるようにするには、コミットメッセージのスキップ命令なしでプルリクエストに新しいコミットをプッシュできます。

注釈: スキップ命令は、push および pull_request イベントにのみ適用されます。 たとえば、コミットメッセージに [skip ci] を追加しても、on: pull_request_target でトリガーされたワークフロー実行は停止されません。

Skip instructions only apply to the workflow run(s) that would be triggered by the commit that contains the skip instructions. You can also disable a workflow from running. 詳しい情報については、「ワークフローの無効化と有効化」を参照してください。

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?