Skip to main content
ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: 2022-06-03. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

Using environments for jobs

Specify an environment for a job.

ノート: GitHubホストランナーは、現在GitHub Enterprise Serverでサポートされていません。 GitHubパブリックロードマップで、計画されている将来のサポートに関する詳しい情報を見ることができます。

概要

Use jobs.<job_id>.environment to define the environment that the job references. 環境を参照するジョブがランナーに送られる前に、その環境のすべて保護ルールはパスしなければなりません。 For more information, see "Using environments for deployment."

環境は、環境のnameだけで、あるいはname and urlを持つenvironmentオブジェクトとして渡すことができます。 デプロイメントAPIでは、このURLはenvironment_urlにマップされます。 デプロイメントAPIに関する詳しい情報については「デプロイメント」を参照してください。

Example: Using a single environment name

environment: staging_environment

Example: Using environment name and URL

environment:
  name: production_environment
  url: https://github.com

The URL can be an expression and can use any context except for the secrets context. For more information about expressions, see "Expressions."

Example: Using output as URL

environment:
  name: production_environment
  url: ${{ steps.step_id.outputs.url_output }}