Skip to main content
ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: 2022-06-03. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

ワークフローステータスバッジを追加する

リポジトリにステータスバッジを表示して、ワークフローのステータスを示すことができます。

ノート: GitHubホストランナーは、現在GitHub Enterprise Serverでサポートされていません。 GitHubパブリックロードマップで、計画されている将来のサポートに関する詳しい情報を見ることができます。

ステータスバッジは、ワークフローが現在失敗しているかパスしているかを示します。 ステータスバッジを追加する一般的な場所は、リポジトリのREADME.mdファイル中ですが、任意の好きなWebページに追加できます。 デフォルトでは、バッジはデフォルトブランチのステータスを示します。 特定のブランチやイベントに対するワークフローの実行のステータスを、URL中のbranch及びeventクエリパラメータを使って表示することもできます。

ステータスバッジの例

ワークフローファイルの名前でワークフローを参照します。

![example workflow](<HOSTNAME>/<OWNER>/<REPOSITORY>/actions/workflows/<WORKFLOW_FILE>/badge.svg)

ワークフローファイル名を使用する

この Markdown の例では、.github/workflow/main.ymlというファイル パスのワークフローにステータス バッジを追加します 。 リポジトリの OWNERgithub Organization で、REPOSITORY 名は docs です。

![example workflow](https://github.com/github/docs/actions/workflows/main.yml/badge.svg)

branch パラメータを使用する

この Markdown の例では、feature-1という名前のブランチにステータス バッジを追加します。

![example branch parameter](https://github.com/github/docs/actions/workflows/main.yml/badge.svg?branch=feature-1)

event パラメータを使用する

This Markdown example adds a badge that displays the status of workflow runs triggered by the push event, which will show the status of the build for the current state of that branch.

![example event parameter](https://github.com/github/docs/actions/workflows/main.yml/badge.svg?event=push)