ワークフローの成果物を削除する

GitHub Enterprise Server で期限切れになる前に成果物を削除することで、使用済みの GitHub Actions ストレージを再利用できます。

GitHub ActionsはGitHub Free、GitHub Pro、GitHub FreeのOrganization、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub AEで利用できます。 GitHub Actionsは、レガシーのリポジトリごとのプランを使っているアカウントが所有しているプライベートリポジトリでは利用できません。

ノート: GitHubホストランナーは、現在GitHub Enterprise Serverでサポートされていません。 GitHubパブリックロードマップで、計画されている将来のサポートに関する詳しい情報を見ることができます。

成果物を削除する

警告: いったん削除された成果物をリストアすることはできません。

これらのステップを実行するには、リポジトリへの書き込みアクセスが必要です。

デフォルトでは、GitHub Enterprise Server はビルドログと成果物を 90 日間保存します。この保持期間はカスタマイズできます。 詳しい情報については、「使用制限、支払い、および管理」を参照してください。

  1. GitHub Enterprise Serverで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下でActions(アクション)をクリックしてください。 メインのリポジトリナビゲーション内のアクションタブ
  3. 左のサイドバーで、表示させたいワークフローをクリックしてください。 左サイドバーのワークフローのリスト
  4. ワークフローの実行リストから、表示させたい実行の名前をクリックしてください。 ワークフローの実行の名前
  5. Artifacts(成果物)の下で、 削除したい成果物の隣のをクリックしてください。 成果物の削除のドロップダウンメニュー

成果物の保持期間を設定する

成果物とログの保持期間は、リポジトリ、Organization、および Enterprise レベルで設定できます。 詳しい情報については、「使用制限、支払い、および管理」を参照してください。

ワークフローの actions/upload-artifact アクションを使用して、個々の成果物にカスタムの保持期間を定義することもできます。 詳しい情報については、「ワークフローデータを成果物として保存する」を参照してください。

成果物の有効期限を探す

API を使用して、成果物の削除がスケジュールされている日付を確認できます。 詳しい情報については、「リポジトリの成果物の一覧表示」によって返される expires_at 値を参照してください。

このドキュメントは役立ちましたか?プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問するサポートへの連絡