ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

Azure Blob ストレージで GitHub Actions を有効化する

GitHub Enterprise Server で GitHub Actions を有効化し、Azure Blob ストレージを使用して、ワークフローの実行によって生成されたアーティファクトを格納できます。

Site administrators can enable GitHub Actions and configure enterprise settings.

ここには以下の内容があります:

必要な環境

GitHub Actions を有効化する前に、次のステップを完了していることを確認してください。

  • ワークフローアーティファクトを保存するための Azure ストレージアカウントを作成します。 GitHub Actions はデータをブロック Blob として保存し、次の 2 つのストレージアカウントタイプがサポートされています。

    • 標準のパフォーマンス層を使用する general-purpose ストレージアカウント (general-purpose v1 または general-purpose v2 としても知られる)。

      Warning: general-purpose ストレージアカウントでのプレミアムパフォーマンス層の使用はサポートされていません。 ストレージアカウントを作成するときに標準のパフォーマンス層を選択する必要があり、後で変更することはできません。

    • プレミアムパフォーマンス層を使用する BlockBlobStorage ストレージアカウント。

    Azure ストレージアカウントの種類とパフォーマンス層の詳細については、Azure のドキュメントを参照してください。

  • GitHub Actionsのためのハードウェア要件をレビューしてください。 詳しい情報については「GitHub Enterprise ServerのためのGitHub Actionsの利用開始」を参照してください。

  • your GitHub Enterprise Server instanceのドメインに合わせてTLSを設定しなければなりません。 詳しい情報については「TLSの設定」を参照してください。

    ノート: 信頼された認証局によって署名された証明書でGitHub Enterprise Server上のTLSを設定することを強くおすすめします。 自己署名証明書でも動作はしますが、セルフホストランナーに追加の設定が必要になり、プロダクションの環境では推奨されません。

  • your GitHub Enterprise Server instanceでHTTPプロキシサーバーを設定してイルなら、HTTPプロキシの除外リストにlocalhost127.0.0.1を追加しなければなりません。 プロキシの設定変更に関する詳しい情報については「アウトバウンドのWebプロキシサーバーの設定」を参照してください。

Azure Blob ストレージで GitHub Actions を有効化する

  1. GitHub Enterprise Serverの管理アカウントから、任意のページの右上にあるをクリックしてください。 サイトアドミン設定にアクセスするための宇宙船のアイコン
  2. 左のサイドバーでManagement Consoleをクリックしてください。 左のサイドバーのManagement Consoleタブ
  3. サイドバーでActions(アクション)をクリックしてください。 設定サイドバーのActionsタブ
  4. Enable GitHub Actions(GitHub Actionsの有効化)を選択してください。 GitHub Actionsを有効化するチェックボックス
  5. [Artifact & Log Storage] で、[Azure Blob Storage] を選択し、Azure ストレージアカウントの接続文字列型を入力します。 ストレージアカウントの接続文字列型を取得する方法について詳しくは、Azure のドキュメントを参照してください。 [Azure Blob Storage] と [Connection string] フィールドを選択するためのラジオボタン
  6. 左のサイドバーの下でSave settings(設定の保存)をクリックしてください。 Management Console での [Save settings] ボタン
  7. 設定が完了するのを待ってください。

次のステップ

設定の実行が正常に完了すると、GitHub Actionsはyour GitHub Enterprise Server instance上で有効になります。 GitHub Actionsのアクセス権限の管理やセルフホストランナーの追加といった次のステップについては、「GitHub Enterprise ServerのためのGitHub Actionsの利用開始」を参照してください。

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.