ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

GitHub Actions を有効化して GitHub Enterprise Server をバックアップおよび復元する

外部ストレージプロバイダの GitHub Actions データは、通常の GitHub Enterprise Server バックアップに含まれていないため、個別にバックアップする必要があります。

GitHub Actionsは、ワークフローの成果物とログを保存するのに外部ストレージを使用します。 このデータは、Azure blob storage、Amazon S3、MinIOなどの外部プロバイダに保存されます。 その結果、GitHub Enterprise ServerのバップアップとGitHub Enterprise ServerのHigh Availability構成は、この外部ストレージに保存されたデータに対する保護を提供せず、そのかわりにAzureやAWSといった外部ストレージのプロバイダが提供するデータ保護及びレプリケーションに依存します。

GitHub Enterprise Serverバックアップユーティリティ を使用して your GitHub Enterprise Server instance をバックアップする場合、外部ストレージプロバイダに保存されている GitHub Actions データはバックアップに含まれないことにご注意ください。

以下は、your GitHub Enterprise Server instance と GitHub Actions を新しいアプライアンスに復元するために必要なステップの概要です。

  1. 元のアプライアンスがオフラインであることを確認します。
  2. 交換用の GitHub Enterprise Server アプライアンスでネットワーク設定を手動設定します。 ネットワーク設定はバックアップスナップショットから除外され、ghe-restore で上書きされません。
  3. 元のアプライアンスと同じ GitHub Actions 外部ストレージ設定を使用するように交換用アプライアンスを設定します。
  4. 交換用アプライアンスで GitHub Actions を有効化します。 これにより、交換用アプライアンスが GitHub Actions の同じ外部ストレージに接続されます。
  5. GitHub Actions を外部ストレージプロバイダで設定したら、ghe-restore コマンドを使用して、バックアップから残りのデータを復元します。 詳しい情報については、「バックアップを復元する」を参照してください。
  6. セルフホストランナーを交換用アプライアンスに再登録します。 詳しい情報については、「セルフホストランナーを追加する」を参照してください。

GitHub Enterprise Server のバックアップと復元の詳細については、「アプライアンスでバックアップを設定する」を参照してください。

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.