Skip to main content

リポジトリを作成する

この記事では、次の項目が扱われます。

プロジェクトを GitHub に保存するには、それを保存するためのリポジトリを作成する必要があります。

リポジトリを作成する

オープンソース プロジェクトを含むさまざまなプロジェクトを GitHub リポジトリに保存できます。 オープンソース プロジェクトでは、コードを共有することで、より優れた信頼性の高いソフトウェアを作成できます。 リポジトリを使用すると、他のユーザーと共同作業を行い、作業を管理できます。 詳細については、リポジトリに関する説明を参照してください。 オープンソース プロジェクトについて詳しくは、OpenSource.org をご覧ください。

注:

  • オープンソース プロジェクトのパブリック リポジトリを作成できます。 パブリック リポジトリを作成するときは、プロジェクトを他のユーザーと共有する方法を決定するライセンス ファイルを必ず含めてください。 オープン ソースに関する詳しい情報、特にオープン ソース プロジェクトの立ち上げと成長させる方法について、「オープン ソース ガイド」を作成しました。これは、オープン ソース プロジェクトのためのリポジトリの作成と管理に関するベスト プラクティスを推奨することで、健全なオープン ソース コミュニティの育成を支援するものです。
  • オープン ソース コミュニティの維持に関する無料の GitHub Skills コースを受講することもできます。
  • また、リポジトリにコミュニティ正常性ファイルを追加し、投稿方法やリポジトリを守る方法などに関するガイドラインを設定できます。 詳細については、「既定のコミュニティ正常性ファイルの作成」を参照してください。
  1. ページの右上隅で、[] ドロップダウン メニューを使用して、 [新しいリポジトリ] を選択します。 新しいリポジトリを作成するオプションがあるドロップダウン
  2. 短くて覚えやすいリポジトリ名を入力します。 たとえば、"hello-world" といった名前です。 リポジトリ名を入力するフィールド
  3. 必要に応じて、リポジトリの説明を追加します。 たとえば、「GitHub Enterprise Cloud の最初のリポジトリ」などです。 リポジトリの説明を入力するためのフィールド 1. リポジトリの可視性を選択してください。 詳細については、リポジトリに関する説明を参照してください。 リポジトリの可視性を選択するラジオ ボタン 1. [Initialize this repository with a README] (このレポジトリを README で初期化する) を選択します。 [このリポジトリを README で初期化する] チェックボックス 1. [Create repository] (リポジトリの作成) をクリックします。 リポジトリを作成するボタン

おめでとうございます。 最初のリポジトリの作成に成功し、README ファイルで初期化しました。

GitHub CLI の詳細については、「GitHub CLI について」を参照してください。

  1. コマンド ラインで、新しいプロジェクトのローカル クローンを作成するディレクトリに移動します。
  2. プロジェクトのリポジトリを作成するには、gh repo create サブコマンドを使用します。 メッセージが表示されたら、 [GitHub に新しいリポジトリを最初から作成する] を選択し、新しいプロジェクトの名前を入力します。 プロジェクトが個人アカウントではなく Organization に属するようにしたい場合は、organization-name/project-name を使って Organization の名前とプロジェクト名を指定します。
  3. 対話型のプロンプトに従います。 リポジトリをローカルに複製するには、リモート プロジェクト ディレクトリを複製するかどうかを確認するメッセージが表示されたら [はい] を選択します。
  4. または、プロンプトをスキップするには、リポジトリ名と可視性フラグ (--public--private、または --internal) を指定します。 たとえば、gh repo create project-name --public のようにします。 リポジトリをローカルに複製するには、--clone フラグを渡します。 使用できる引数の詳細については、GitHub CLI のマニュアルを参照してください。

最初の変更をコミットする

" コミット " とは、特定の時点におけるプロジェクト内のすべてのファイルのスナップショットのようなものです。

新しいリポジトリを作成したので、README ファイルを使って初期化します。 README ファイルは、プロジェクトの詳細を説明し、プロジェクトのインストール方法や使い方などのドキュメントを追加するために適した場所です。 README ファイルの内容は、リポジトリのフロント ページに自動的に表示されます。

README ファイルに変更をコミットしてみましょう。

  1. リポジトリのファイルの一覧で、[README.md] をクリックします。 ファイル一覧にある README ファイル
  2. ファイルの内容の上にある をクリックします。
  3. [ファイルの編集] タブで自分に関する情報を入力します。 ファイルの新しい内容 1. 新しいコンテンツの上にある [変更のプレビュー] をクリックします。 [ファイル プレビュー] ボタン
  4. ファイルに加えた変更を確認します。 新しい内容は緑色で表示されます。 ファイルのプレビュー ビュー 1. ページの下部で、ファイルに対して行った変更を説明する短く分かりやすいコミットメッセージを入力してください。 コミットメッセージでは、複数の作者にコミットを関連づけることができます。 詳細については、「複数の共同作成者とのコミットの作成」を参照してください。 変更のコミット メッセージ 1. コミットメッセージフィールドの下で、コミットの追加先を現在のブランチか新しいブランチから選択してください。 現在のブランチがデフォルトブランチなら、コミット用に新しいブランチを作成してからPull Requestを作成すべきです。 詳細については、「新しい pull request の作成」を参照してください。 コミット ブランチのオプション 1. [ファイルの変更の提案] をクリックします。 [ファイルの変更の提案] ボタン

プロジェクトを作成したら、変更のコミットを開始できます。

README ファイルは、プロジェクトの詳細を説明し、プロジェクトのインストール方法や使い方などのドキュメントを追加するために適した場所です。 README ファイルの内容は、リポジトリのフロント ページに自動的に表示されます。 README ファイルを追加するには、次の手順に従います。

  1. コマンド ラインで新しいプロジェクトのルート ディレクトリに移動します。 (このディレクトリは、gh repo create コマンドを実行したときに作成されました。)

  2. プロジェクトに関する情報を含む README ファイルを作成します。

    echo "info about this project" >> README.md
  3. git status」と入力します。 追跡されていない README.md ファイルが表示されます。

    $ git status
    
    Untracked files:
      (use "git add ..." to include in what will be committed)
      README.md
    
    nothing added to commit but untracked files present (use "git add" to track)
  4. ファイルをステージングしてコミットします。

    git add README.md && git commit -m "Add README"
  5. ブランチに変更をプッシュします。

    git push --set-upstream origin HEAD

次の手順

README ファイルを含む新しいリポジトリを作成し、GitHub.com に最初のコミットを作成しました。

  • これで、GitHub リポジトリを複製して、コンピューター上にローカル コピーを作成できるようになりました。 ローカル リポジトリからコミットし、pull request を作成して上流リポジトリで変更を更新できます。 詳細については、「リポジトリをクローンする」と「Git のセットアップ」を参照してください。
  • GitHub で興味深いプロジェクトとリポジトリを見つけ、リポジトリのフォークを作成して変更を加えることができます。 リポジトリをフォークすると、元のリポジトリに影響を与えることなく、別のリポジトリに変更を加えることができるようになります。 詳細については、「リポジトリをフォークする」を参照してください。

  • GitHub の各リポジトリは、個人または組織が所有しています。 GitHub Enterprise Cloud に接続してフォローすることで、ユーザー、リポジトリ、および組織と対話できます。 詳細については、「交流する」を参照してください。

  • GitHub には素晴らしいサポート コミュニティがあり、助けを求め、世界中の人々と話すことができます。 GitHub Community で会話に参加してください。