Skip to main content

About networking for hosted compute products

You can manage private networking for GitHub-hosted products using network configurations.

About network configurations

Network configurations provide an overarching construct to manage private networking settings for GitHub-hosted compute products including GitHub-hosted runners.

By customizing network configurations for hosted compute products, you can securely access private resources, control outbound network access, and monitor network traffic. This allows you to control and manage network security for your development and CI/CD managed infrastructure within a single place.

Using GitHub-hosted runners with an Azure private network

注:

  • Azure VNET での GitHub でホストされたランナーの使用はベータ版であり、変更される可能性があります。
  • Azure VNET では、CPU Ubuntu および Windows ランナーは 4 から 64 個のみがサポートされています。 これらのランナーの種類の詳細については、「より大きなランナーの概要」を参照してください。
  • サポートされているリージョンは、East USEast US 2West US 2などです。 この一覧にないリージョンのサポートを要求するには、リージョン要求フォームに入力してください。
  • GitHub でホストされたランナーのプライベート ネットワークでは、larger runner の静的 IP アドレスはサポートされていません。 larger runner の既定の構成である動的 IP アドレスを使用する必要があります。 より大きなランナーのネットワークの詳細については、「より大きなランナーの概要」を参照してください。

Azure と GitHub Enterprise Cloud を使っている場合は、Azure VNET で GitHub ホステッド ランナーを作成できます。 これにより、ランナーのネットワーク ポリシーを完全に制御しながら、CI/CD の GitHub マネージド インフラストラクチャを利用することができます。 Azure VNET の詳細については、Azure ドキュメントの「Azure Virtual Network とは」を参照してください。

For more information about how Azure private networking with GitHub-hosted runners works, see "Azure Virtual Network での GitHub でホストされるランナーの使用について."

To use GitHub-hosted runners with Azure VNET, you will need to configure your Azure resources then create an Azure private network configuration in GitHub. For more information, see "GitHub でホストされるランナーのプライベート ネットワークの構成."