Skip to main content
ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

About monitoring and troubleshooting

You can use the tools in GitHub Actions to monitor and debug your workflows.

Monitoring your workflows

Monitoring your current jobs in your organization or enterprise

To identify any constraints with concurrency or queuing, you can check how many jobs are currently being processed on the GitHub-hosted runners in your organization or enterprise.

Screenshot of a list of active jobs

For more information, see "Monitoring your current jobs."

視覚化グラフの利用

すべてのワークフローの実行は、実行の進行を示すリアルタイムのグラフを生成します。 このグラフを使って、ワークフローをモニタリング及びデバッグできます。 例:

ワークフローグラフ

For more information, see "Using the visualization graph."

ワークフローステータスバッジを追加する

ステータスバッジは、ワークフローが現在失敗しているかパスしているかを示します。 ステータスバッジを追加する一般的な場所は、リポジトリのREADME.mdファイル中ですが、任意の好きなWebページに追加できます。 デフォルトでは、バッジはデフォルトブランチのステータスを示します。 特定のブランチやイベントに対するワークフローの実行のステータスを、URL中のbranch及びeventクエリパラメータを使って表示することもできます。

ステータスバッジの例

For more information, see "Adding a workflow status badge."

ジョブの実行時間を表示する

To identify how long a job took to run, you can view its execution time. 例:

実行および支払請求可能な時間の詳細リンク

詳しい情報については、「ジョブの実行時間を表示する」を参照してください。

ワークフロー実行の履歴を表示する

You can view the status of each job and step in a workflow. 例:

ワークフローの実行の名前

詳しい情報については、「ワークフロー実行の履歴を表示する」を参照してください。

Troubleshooting your workflows

ワークフロー実行ログを使用する

Each workflow run generates activity logs that you can view, search, and download. 例:

Super linterワークフローの結果

詳しい情報については、「ワークフロー実行ログを使用する」を参照してください。

デバッグロギングの有効化

ワークフロージョブあるいはステップが期待どおりに動作しない理由を診断する上で、十分な詳細がワークフローのログになかった場合、追加のデバッグロギングを有効化できます。 詳しい情報については、「デバッグログの有効化」を参照してください。

セルフホストランナーのモニタリングとトラブルシューティング

If you use self-hosted runners, you can view their activity and diagnose common issues.

詳しい情報については「セルフホストランナーのモニタリングとトラブルシューティング」を参照してください。