Skip to main content

Re-running workflows and jobs

You can re-run a workflow run, all failed jobs in a workflow run, or specific jobs in a workflow run up to 30 days after its initial run.

People with write permissions to a repository can re-run workflows in the repository.

About re-running workflows and jobs

Re-running a workflow or jobs in a workflow uses the same GITHUB_SHA (commit SHA) and GITHUB_REF (Git ref) of the original event that triggered the workflow run. The workflow will use the privileges of the actor who initially triggered the workflow, not the privileges of the actor who initiated the re-run. You can re-run a workflow or jobs in a workflow for up to 30 days after the initial run. You cannot re-run jobs in a workflow once its logs have passed their retention limits. For more information, see "Usage limits, billing, and administration." When you re-run a workflow or jobs in a workflow, you can enable debug logging for the re-run. This will enable runner diagnostic logging and step debug logging for the re-run. For more information about debug logging, see "Enabling debug logging."

Re-running all the jobs in a workflow

  1. GitHub.comで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。

  2. Under your repository name, click Actions. メインのリポジトリナビゲーション内のアクションタブ

  3. 左のサイドバーで、表示させたいワークフローをクリックしてください。 左サイドバーのワークフローのリスト

  4. From the list of workflow runs, click the name of the run to see the workflow run summary.

    ワークフローの実行の名前

  5. ワークフローの右上隅にある [Re-run jobs] ドロップダウンメニューを使用して、[Re-run all jobs] を選択します。

    If no jobs failed, you will not see the Re-run jobs drop-down menu. Instead, click Re-run all jobs. Rerun checks drop-down menu

  1. あるいは、ランナー診断ロギングと再実行のステップデバッグロギングを有効化するには、Enable debug logging(デバッグロギングの有効化)を選択してください。 デバッグロギングの有効化

GitHub CLIについてさらに学ぶには、「GitHub CLIについて」を参照してください。

失敗したワークフローの実行を再実行するには、run rerun サブコマンドを使用します。 run-id を、再実行する失敗した実行の ID に置き換えます。 run-id を指定しない場合、GitHub CLI は、最近失敗した実行を選択するためのインタラクティブメニューを返します。

gh run rerun run-id

ランナーの診断ロギングと再実行のステップデバッグロギングを有効化するには、--debugフラグを使ってください。

gh run rerun run-id --debug

ワークフロー実行の進行状況を表示するには、run watch サブコマンドを使用して、インタラクティブリストから実行を選択します。

gh run watch

Re-running failed jobs in a workflow

If any jobs in a workflow run failed, you can re-run just the jobs that failed. When you re-run failed jobs in a workflow, a new workflow run will start for all failed jobs and their dependents. Any outputs for any successful jobs in the previous workflow run will be used for the re-run. Any artifacts that were created in the initial run will be available in the re-run. Any environment protection rules that passed in the previous run will automatically pass in the re-run.

  1. GitHub.comで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。

  2. Under your repository name, click Actions. メインのリポジトリナビゲーション内のアクションタブ

  3. 左のサイドバーで、表示させたいワークフローをクリックしてください。 左サイドバーのワークフローのリスト

  4. From the list of workflow runs, click the name of the run to see the workflow run summary.

    ワークフローの実行の名前

  5. In the upper-right corner of the workflow, use the Re-run jobs drop-down menu, and select Re-run failed jobs. Re-run failed jobs drop-down menu

  6. あるいは、ランナー診断ロギングと再実行のステップデバッグロギングを有効化するには、Enable debug logging(デバッグロギングの有効化)を選択してください。 デバッグロギングの有効化

To re-run failed jobs in a workflow run, use the run rerun subcommand with the --failed flag. Replace run-id with the ID of the run for which you want to re-run failed jobs. run-id を指定しない場合、GitHub CLI は、最近失敗した実行を選択するためのインタラクティブメニューを返します。

gh run rerun run-id --failed

ランナーの診断ロギングと再実行のステップデバッグロギングを有効化するには、--debugフラグを使ってください。

gh run rerun run-id --failed --debug

Re-running a specific job in a workflow

When you re-run a specific job in a workflow, a new workflow run will start for the job and any dependents. Any outputs for any other jobs in the previous workflow run will be used for the re-run. Any artifacts that were created in the initial run will be available in the re-run. Any environment protection rules that passed in the previous run will automatically pass in the re-run.

  1. GitHub.comで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。

  2. Under your repository name, click Actions. メインのリポジトリナビゲーション内のアクションタブ

  3. 左のサイドバーで、表示させたいワークフローをクリックしてください。 左サイドバーのワークフローのリスト

  4. From the list of workflow runs, click the name of the run to see the workflow run summary.

    ワークフローの実行の名前

  5. Next to the job that you want to re-run, click . Re-run selected job

    Alternatively, click on a job to view the log. In the log, click . Re-run selected job

  6. あるいは、ランナー診断ロギングと再実行のステップデバッグロギングを有効化するには、Enable debug logging(デバッグロギングの有効化)を選択してください。 デバッグロギングの有効化

To re-run a specific job in a workflow run, use the run rerun subcommand with the --job flag. Replace job-id with the ID of the job that you want to re-run.

gh run rerun --job job-id

ランナーの診断ロギングと再実行のステップデバッグロギングを有効化するには、--debugフラグを使ってください。

gh run rerun --job job-id --debug

Re-running workflows and jobs with reusable workflows

パブリックリポジトリの再利用可能なワークフローは、SHA、リリースタグ、ブランチ名を使って参照できます。 詳しい情報については「再利用可能なワークフローの呼び出し」を参照してください。

再利用可能なワークフローを使い、その参照がSHAではないワークフローを再実行する場合、注意すべき動作が一部あります。

Reviewing previous workflow runs

You can view the results from your previous attempts at running a workflow. You can also view previous workflow runs using the API. For more information, see "Get a workflow run".

  1. GitHub.comで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。

  2. Under your repository name, click Actions. メインのリポジトリナビゲーション内のアクションタブ

  3. 左のサイドバーで、表示させたいワークフローをクリックしてください。 左サイドバーのワークフローのリスト

  4. From the list of workflow runs, click the name of the run to see the workflow run summary.

    ワークフローの実行の名前

  5. Any previous run attempts are shown in the Latest drop-down menu. Previous run attempts

  6. Click an entry to view its results.