Skip to main content

Use the Git and GitHub starter assignment

You can use the Git & GitHub starter assignment to give students an overview of Git and GitHub fundamentals.

Organization owners who are admins for a classroom can use Git & GitHub starter assignments. For more information on classroom admins, see "About management of classrooms."

The Git & GitHub starter assignment is a pre-made course that summarizes the basics of Git and GitHub and links students to resources to learn more about specific topics.

必要な環境

課題を作成する前に、クラスルームを作成しなければなりません。 詳しい情報については、「クラスルームの管理」を参照してください。

Creating the starter assignment

クラスルームに既存の課題がない場合

  1. GitHub Classroomにサインインしてください。
  2. クラスルームにアクセスしてください。
  3. In the Assignments tab, click Use starter assignment.
最初の課題の作成

クラスルームに既存の課題がある場合

  1. GitHub Classroomにサインインしてください。
  2. クラスルームにアクセスしてください。
  3. In the Assignments tab, click the link on the blue banner.
'新しい課題'ボタン

課題の基本情報をセットアップする

Import the starter course into your organization, name your assignment, decide whether to assign a deadline, and choose the visibility of assignment repositories.

Importing the assignment

You first need to import the Git & GitHub starter assignment into your organization.

The `Import the assignment` button

Naming the assignment

個人課題では、GitHub Classroomはリポジトリのプレフィックスと学生のGitHubユーザ名から、リポジトリに名前を付けます。 デフォルトでは、リポジトリのプレフィックスが課題のタイトルとなります。 たとえば、課題に「assignment-1」と名付け、学生のGitHubユーザ名が「@octocat」である場合、「@octocat」の課題リポジトリ名は「assignment-1-octocat」となります。

課題のタイトルを入力してください。 あるいは、をクリックしてプレフィックスを編集してください。

課題のタイトルとプレフィックス

課題に期限を設定する

あるいは、課題に期限を割り当てることができます。 "Deadline (optional)(期限(オプション))"の下で、テキストフィールドをクリックし、日付のピッカーを使って期限を割り当ててください。

課題の期限のための日付ピッカー

課題リポジトリの可視性を選択する

課題のためのリポジトリは、パブリックにもプライベートにもできます。 If you use private repositories, only the student can see the feedback you provide. Under "Repository visibility," select a visibility.

When you're done, click Continue. GitHub Classroom will create the assignment and bring you to the assignment page.

'続ける'ボタン

学生を課題に招待する

デフォルトでは、GitHub Classroomは作成されたそれぞれの課題に対して招待URLを有効化します。 学生は、招待URLが有効になっている間に課題を受け付けて提出できます。 このURLはLMS、コースのホームページ、あるいはあなたが課題をポストできるところならどこででも、学生と共有できます。 学生は、クラスルームの課題をすでに受け付けているなら、GitHub Classroom上でその課題にアクセスすることもできます。

警告: 招待URLを共有する場所には注意してください。 Anyone with an invitation URL for an assignment can accept the invitation and associate a personal account on GitHub with an identifier in your roster.

課題の [All students] タブで、学生がクラスルームに参加して課題を受け入れたかや、サブミットしたかを表示できます。 To prevent acceptance or submission of an assignment by students, you can change the "Assignment Status" within the "Edit assignment" view. When an assignment is Active, students will be able to accept it using the invitation link. When it is Inactive, this link will no longer be valid.

個人課題

The Git & GitHub starter assignment is only available for individual students, not for groups. Once you create the assignment, students can start work on the assignment.

次のステップ

参考リンク