GitHub ClassroomでMakeCode Arcadeを使用する

MakeCode Arcadeを、GitHub Classroomの課題のためのオンラインIDEとして設定できます。

MakeCode Arcadeについて

MakeCode Arcadeとは、ドラッグアンドドロップのブロックプログラミングとJavaScriptを使用してレトロなアーケードゲームを開発するためのオンライン統合開発環境 (IDE) です。 学生はMakeCode Arcadeを使ってブラウザでコードを記述、編集、実行、テスト、デバッグできます。 オンラインIDEおよびGitHub Classroomに関する詳しい情報については、「GitHub ClassroomとオンラインIDEの統合」を参照してください。

学生がオンラインiDEを使う課題を受け入れると、課題のリポジトリには先頭に特別なボタンを持つREADME.mdファイルが含まれます。 このボタンは、学生を直接オンラインIDEのワークスペースにリンクさせます。

学生がボタンをクリックして、初めてMakeCode Arcadeにアクセスする際は、GitHub認証情報でMakeCode Arcadeにサインインする必要があります。 サインインすると、学生はMakeCode Arcadeで完全に構成された、課題リポジトリのコードが含まれる開発環境にアクセスできます。

MakeCode Arcadeにおける作業についての詳細は、MakeCode Arcade TourおよびMakeCode Arcadeウェブサイトのドキュメントを参照してください。

MakeCode Arcadeは、グループ課題のための複数人による編集をサポートしていません。 その代わり、学生はブランチやプルリクエストのようなGitおよびGitHubの機能でコラボレートできます。

MakeCode Arcadeによる課題の提出について

デフォルトでは、MakeCode ArcadeはGitHubの課題リポジトリにプッシュするよう設定されています。 MakeCode Arcadeで課題を進めた後、学生は画面下部にあるボタンで、変更をGitHubにプッシュする必要があります。

MakeCode Arcadeのバージョン管理機能

参考リンク

このドキュメントは役立ちましたか?プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問するサポートへの連絡