Skip to main content

学習管理システムのコースをクラスルームに接続する

LTI 準拠の学習管理システム (LMS) コースを GitHub Classroom に接続するよう構成することで、クラスルームの名簿をインポートできます。

Who can use this feature

Organization owners who are admins for a classroom can connect learning management systems to GitHub Classroom. クラスルーム管理者の詳細については、「クラスルームの管理について」を参照してください。

クラスルームへの LMS の接続について

学習管理システム (LMS) を GitHub Classroom に接続し、LMS から学生の識別子の名簿をインポートできます。

前提条件

LMS をクラスルームに接続する前に、LMS インスタンスの管理者は LMS を GitHub Classroom に登録して OAuth ハンドシェイクを開始する必要があります。 管理者は、この登録プロセスを 1 回行うだけでよく、その後は、LMS インスタンスを使用するすべての教師が LMS コースをクラスルームに同期できます。 詳細については、「GitHub Classroom に学習管理システムを登録する」を参照してください。

注: Google Classroom では LTI プロトコルを使用しないため、名簿をインポートする前に GitHub Classroom に接続する必要はありません。 詳しくは、「Google Classroom から名簿をインポートする」をご覧ください。

LMSをGitHub Classroomに接続するよう構成するには、まずクラスルームを作成する必要があります。 詳細については、「Classroom の管理」を参照してください。

サポートするLMS

GitHub Classroomは、Learning Tools Interoperability (LTI) 標準を実装する LMS との接続をサポートしています。

  • LTI バージョン 1.3
  • LTI の利点

LTIは、情報の安全性と機密性を保つために役立ちます。 LTIは業界標準のプロトコルであり、GitHub ClassroomによるLTIの使用は、教育管理システム (IMS) グローバル・ラーニング・コンソーシアムにより認定されています。 詳細については、IMS Global Learning Consortium の Web サイトで、「学習ツールの相互運用性」と「IMS Global Learning Consortium について」を参照してください。

GitHub では、登録、接続、以下の LMS から GitHub Classroom への名簿のインポートのテストと確認を行っています。

  • キャンバス
  • Moodle
  • Sakai
  • Google Classroom

注: LTI 1.3 を実装する他の LMS は、GitHub Classroom でも動作する可能性がありますが、まだ検証されていません。 LMS 管理者は、プライバシーとボタンの配置に関するカスタム設定を構成する必要があり、LMS から GitHub Classroom を起動する方法に関するドキュメントを教師に提供する必要がある場合があります。

Google Classroom では LTI プロトコルを使用しないため、名簿をインポートする前に GitHub Classroom に接続する必要はありません。 詳しくは、「Google Classroom から名簿をインポートする」をご覧ください。

Canvas コースとクラスルームのリンク

Moodle コースは、GitHub Classroom のクラスルームとリンクできます。 Canvas の詳細については、Canvas の Web サイトを参照してください。

LMS コースをリンクするには、事前に管理者が LMS インスタンスをクラスルームに登録する必要があります。 詳しくは、「GitHub Classroom 用の Canvas の構成」を参照してください。

  1. Canvas にサインインします。
  2. GitHub Classroomと連携するCanvasのコースを選択します。
  3. 左側のサイドバーで [設定] をクリックしてから、[アプリ] タブをクリックします。
  4. [+ アプリ] ボタンをクリックします。
  5. [構成の種類] で、ドロップダウン メニューから [クライアント ID 別] を選びます。
  6. [クライアント ID] で、LMS インスタンスを GitHub Classroom に登録するときに LMS 管理者が作成したクライアント ID を入力します。
  7. [送信] をクリックしてから、 [インストール] をクリックします。
  8. ページを更新すると、コースの詳細ページの右側にあるコースのサブナビゲーション メニューに [GitHub Classroom] リンクが表示されるはずです。 LMS の登録時に LMS 管理者が別の名前を付けた場合は、名前が異なることがあることに注意してください。
  9. [GitHub Classroom] リンクをクリックすると、GitHub Classroom が起動し、LMS コースにリンクするクラスルームを選ぶことができます。

コースがリンクされたら、LMS コースからクラスルームに名簿をインポートできます。 詳しくは、「LMS から名簿をインポートする」を参照してください。

Moodle コースとクラスルームのリンク

Moodle コースは、GitHub Classroom のクラスルームとリンクできます。 Moodle の詳細については、Moodle の Web サイトを参照してください。

LMS コースをリンクするには、事前に管理者が LMS インスタンスをクラスルームに登録する必要があります。 詳しくは、「GitHub Classroom の Moodle の構成」を参照してください。

Moodleのバージョンは3.0以上である必要があります。

  1. Moodle にサインインします。
  2. GitHub Classroomと連携するMoodleのコースを選択します。
  3. [外部ツール] の [全般] に、"GitHub Classroom" という名前のボタンが表示されるはずです。 LMS の登録時に LMS 管理者が別の名前を付けた場合は、名前が異なることがあることに注意してください。
  4. [GitHub Classroom] ボタンをクリックすると、GitHub Classroom が起動し、LMS コースにリンクするクラスルームを選ぶことができます。

コースがリンクされたら、LMS コースからクラスルームに名簿をインポートできます。 詳しくは、「LMS から名簿をインポートする」を参照してください。

Sakai コースとクラスルームのリンク

Sakai コースは、GitHub Classroom のクラスルームとリンクできます。 Sakai について詳しくは、Sakai の Web サイトを参照してください。

LMS コースをリンクするには、事前に管理者が LMS インスタンスをクラスルームに登録する必要があります。 詳しくは、「GitHub Classroom の Moodle の構成」を参照してください。

  1. Sakai インスタンスにサインインします。
  2. GitHub Classroom と連携する Sakai のコースを選びます。
  3. [外部ツール] をクリックします。
  4. [ツール リンク] をクリックします。
  5. [GitHub Classroom] リンクをクリックすると、GitHub Classroom が起動し、LMS コースにリンクするクラスルームを選ぶことができます。

コースがリンクされたら、LMS コースからクラスルームに名簿をインポートできます。 詳しくは、「LMS から名簿をインポートする」を参照してください。

LMSから名簿をインポートする

LMS から名簿をインポートするには:

  1. GitHub Classroom でリンクされたクラスルームを開き、[学生] タブを選びます。

  2. LMS (Canvas、Sakai、Moodle) の名前が含まれている [... からインポート] ボタンをクリックします。

    [Canvas からインポート] ボタン

  3. 学生に対して使用する識別子を選び、 [名簿エントリのインポート] をクリックすると、名簿がインポートされます。

既存の名簿を更新するには:

  1. GitHub Classroom でリンクされたクラスルームを開き、[学生] タブを選びます。
  2. LMS (Canvas、Sakai、Moodle) の名前が含まれている [... から同期] ボタンをクリックします。

[Moodle から同期] ボタン

Google Classroom からの名簿のインポート

Google Classroom では LTI プロトコルを使用しないため、名簿をインポートする前に GitHub Classroom に接続する必要はありません。

  1. GitHub Classroomにサインインしてください。 1. クラスルームのリストで、表示したいクラスルームをクリックしてください。 Organization のクラスルームのリスト内のクラスルーム 1. クラスルーム名の下にある [Students](学生) をクリックします。 クラスルームの [Students](学生) タブ
  2. クラスルームに既に名簿がある場合は、その名簿を更新するか、その名簿を削除して新しい名簿を作成できます。
  3. LMS のリストで、 [Google Classroom] をクリックします。 [Google Classroom] ボタン
  4. Google にサインインして、リンク先の Classroom を選びます。

LMSを切断する

GitHub Classroom 設定でクラスルームを LMS から切断できます。

  1. GitHub Classroomにサインインしてください。 1. クラスルームのリストで、表示したいクラスルームをクリックしてください。 Organization のクラスルームのリスト内のクラスルーム 1. クラスルーム名の下で [設定] をクリックします。 クラスルーム用の [設定] タブ
  2. [学習管理システム (LMS) に接続する] で、 [接続の設定] をクリックします。 クラスルームの設定の [接続の設定] リンク
  3. [学習管理システムへの接続の削除] の下にある [学習管理システムから切断する] をクリックします。 クラスルームの接続設定にある [学習管理システムから切断する] ボタン